JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










ウルグアイ位置情報

■ ウルグアイ代表情報

独立100周年記念の一環として招致に成功した第1回大会を含め、2度のFIFAワールドカップ優勝、2度のオリンピック優勝(1924年、1928年)、14度の南米選手権優勝(アルゼンチンと並び最多タイ)など、輝かしい歴史を誇る古豪。ユニフォームカラーの空色を表す「セレステ」の愛称を持つ。人口350万人ほどの国だが、かつてはMFエンソ・フランチェスコリ、DFウーゴ・デレオン、近年はMFアルバロ・レコバ、FWディエゴ・フォルランなど、日本にもよく知られる数々の名選手を輩出し、彼らの後継者も続々と育つなどタレントの宝庫といえる。各選手が高い技術を持つだけでなく、旺盛な敢闘精神を発揮してブラジルやアルゼンチンといった隣接するサッカー大国と覇を競ってきた。 1995年の南米選手権優勝を最後に栄冠から遠ざかっており、2010FIFAワールドカップ 南アフリカTMの出場権獲得を目指し、強化に本腰を入れている。前回のドイツ大会出場を逃した後、2006年3月に切り札ともいうべきオスカル・タバレス監督に代表チームの指揮を委ねたことも、予選突破への強い意志の表れ。初めて代表を率いてイタリア大会出場に導いた実績があり、ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)、ACミラン(イタリア)の監督経験もある名将だ。彼の下で戦う南アフリカ大会予選はちょうど3分の1となる6試合を終え、2勝2分2敗と10チーム中の6位。だが、5位のブラジルとは勝点1差、自動的に出場権獲得となる4位(現在はチリ)にも勝点2差と、好位置につけている。

メンバー発表後、更新されます。しばらくお待ち下さい。

開催日 大会名 スコア 会場 詳細
2003.03.28 国際親善試合 日本代表 2-2 ウルグアイ代表 国立競技場
1996.08.25 国際親善試合 日本代表 5-3 ウルグアイ代表 大阪長居スタジアム
1985.05.25 キリンカップサッカー'85 日本代表 1-4 ウルグアイ代表 国立競技場

関連リンク