JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










サニックス杯国際ユースサッカー大会

サニックス杯国際ユースサッカー大会

名 称 2008サニックス杯国際ユースサッカー大会
主 催 九州サッカー協会・財団法人サニックススポーツ振興財団
共 催 財団法人日本サッカー協会
主 管 社団法人福岡県サッカー協会(高校部会)・宗像市サッカー協会・サニックス杯国際ユースサッカー大会実行委員会
後 援 福岡県・福岡県教育委員会・財団法人福岡県体育協会・宗像市、宗像市教育委員会・宗像市体育協会・青少年アンビシャス運動推進本部・駐福岡中華人民共和国総領事館・駐福岡大韓民国総領事館・西日本新聞社
協 賛 株式会社モルテン、コカ・コーラウエストホルディングス株式会社、コカ・コーラウエストジャパン株式会社
特別協賛 株式会社サニックス・株式会社グローバルアリーナ
期 日 2008年3月20日(木)〜 3月23日(日)(4日間)
会 場 グローバルアリーナ
参加資格
A. 2007年度日本サッカー協会の第2種に登録されたチームであること。
B. 1990年1月1日以降に生まれた選手とする。
C. 招請するチームは16チームとする。
D. 海外より招請する。(中国代表ユース・韓国代表ユース)
E. (1) 日本代表ユースを招請する。
(2) 2007年度第2種大会上位チームより推薦するチームとする。
(3) 2008年度活躍を期待されるユースチームとする。
(4) 大会実行委員会より推薦されたチームとする。
(5) 福岡県新人戦優勝チームを選出する。
(6) 九州新人戦優勝チームを選出する。
試合方法
A. 本年度、日本サッカー協会制定の「サッカー競技規則」による。
B. 予選リーグ(4チーム4パート)・8チームによる決勝トーナメント方式で サニックス杯(各グループ1・2位トーナメント)、グローバルアリーナ杯(各グループ3・4位トーナメント)を行い、順位を決定する。
C. 試合時間は、予選リーグ70分、決勝トーナメント80分とする。ハーフタイムのインターバルは、10分とする。
ただし雨天の場合、試合時間を短縮する事もある。
D. 予選リーグ、決勝トーナメントともに延長は行わない。勝敗が決しないときは、PK方式により勝点を決定し、次回戦進出チームを決定する。決勝戦においては20分を限度として延長を行い、なお決しない時にはPK方式により優勝を決定する。
E. 予選リーグにおける順位決定は下記の通りとする。
(1) 勝点方式(勝4点・PK勝2.5点・PK敗1.5点・敗0点)
(2) 得失点差
(3) 総得点数
(4) 対戦
(5) 抽選
F. 選手の交代は5名以内とする。
G. 警告の累積を行い、2回警告を受けた選手は次の一試合の出場を停止する。 また退場を受けた選手は次の一試合の出場を停止し、その後の処置について は大会規律委員会の決定に従うものとする。
H. 予選リーグで1回の警告を受けた場合、決勝トーナメントには累積されないが、2回警告を受けたときは、Gの記載事項に準ずる。
表 彰 サニックス杯優勝・準優勝チーム・3位チーム、グローバルアリーナ杯優勝チーム、 グッドマナー賞