JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










年を選択してください。

  月を選択してください。

AFC U-17選手権シンガポール2006の決勝が17日シンガポールで行われ、U-16日本代表はU-16朝鮮民主主義人民共和国代表(以下、DPR KOREA)と対戦。日本は、前半DPR KOREAに2点の先行を許したものの、後半に入り柿谷曜一朗(セレッソ大阪)と端戸仁(横浜F・マリノスユース)のゴールで追いつき、延長戦では途中交代の河野広貴(ヴェルディユース)が2ゴールを挙げ、4-2でDPR KOREAに勝ち、1994年カタール大会以来12年ぶり、2度目のアジア王者につきました。

  2006年9月のニュース
06.09.18 【AFC U-17選手権シンガポール2006】U-16日本代表、6大会ぶりにアジア制覇!
06.09.15 【AFC U-17選手権シンガポール2006】U-16日本代表、アジア制覇へ王手!
06.09.11 【AFC U-17選手権シンガポール2006】U-16日本代表、世界大会出場権獲得!
06.09.08 【AFC U-17選手権シンガポール2006】U-16日本代表、グループリーグを1位で突破
06.09.05 【AFC U-17選手権シンガポール2006】U-16日本代表、初戦は圧勝、2戦目は悔しいドロー