JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










国際親善試合

08.07.24 19:00 キックオフ
兵庫・ホームズスタジアム神戸
国際親善試合
U-23日本代表 対 U-23オーストラリア代表

U-23日本代表 2
1-1

1-0
1 U-23オーストラリア代表

41分 香川 真司
89分 岡崎 慎司
34分 アーチー・トンプソン

反町康治監督率いるU-23日本代表は24日、北京オリンピック本大会を2週間後に控え、兵庫・ホームズスタジアム神戸でU-23オーストラリア代表と対戦した。
試合序盤から攻勢に出たのはホームの日本であった。森本、李、香川らが高い位置からオーストラリアにプレスをすることでリズムを掴んでいく。そしてボールを奪えばサイドに散らし、長友、内田の両サイドバックが果敢に仕掛けることで相手DF陣を翻弄した。しかし、先制点を奪ったのはオーストラリア。 34分、左前方にドリブルして日本のマーカー3人を引き付けたニキタ・ルカビチャが中央に折り返すと、走り込んだアーチー・トンプソンが右足で蹴り込み日本のゴールをこじ開けた。しかし、日本も失点直後には李がミドルシュートでオーストラリアゴールを脅かすなど、すぐさま反撃に転じる。そして41分、日本に同点ゴールが生まれた。内田からのパスを李がヒールで合わせるようにスルー。そのボールを受けた森本がDFを背負いながらフリーの香川にパスを送ると、これを冷静に流し込んだ。
スコアをタイに戻して試合を折り返した日本は、後半に入ってもボールを支配する。谷口、豊田、岡崎らをピッチへと送り出し前線を活性化させると、そこに右サイドの内田が絡みクロスボールからチャンスを作り出していく。そして試合終了間際の89分、最後まで攻撃を貫いた日本に逆転ゴールが生まれた。「相手の大きなDFに対しては、低いクロスだと言ってきた」という反町監督の言葉通りの速いクロスボールに岡崎がヘディングで合わせて、日本が勝ち越しに成功。その後間もなく試合終了のホイッスルが鳴り響き、日本がオーストラリアを相手に2-1で勝利した。
チーム立ち上げ以来初の逆転勝利で弾みをつけた日本は、 29日のU-23アルゼンチン代表との一戦を経て、いよいよ北京オリンピックに臨む。

反町 康治 監督(日本) 「非常に良いゲームだったと思っている。オリンピックに出てくるチームは、これくらい、あるいはこれ以上のレベルだと思っている。そのようなチームを相手に、拮抗した展開で勝つことができたのは大きな自信になると思う。1点目は内田がルックアップした時点で複数人が一斉に動き出した結果生まれたものであり、チームの立ち上げからトレーニングで行ってきたことが出せた得点だと思う。最近は引き分けの試合が多かったので、この勝利を素直に喜びたい。逆転で勝利したことは良いことだとは思うし、チームに勢いも出ると思う。ただ、できることなら先制点を奪って、追加点を重ねていくような試合をしていきたい」
内田 篤人 選手(日本) 「あまりこのチームに長くいなかったし、リズムを先につかみたかったので仕掛けていった。(得点シーンは)FWが二人でうまく崩してくれたし、そこに真司(香川)が絡んできてシュートまでいってくれたので良かった。失点してしまったことはミスなので仕方ない。自分たちのゲームをしてチームとして逆転して勝てたことはかなり良かった」
吉田 麻也 選手(日本) 「これから高いレベルでやっていくうえで、失点した時のようなミスは絶対にしてはいけない。一つのミスが失点に繋がるし、もっと集中しなければいけない。ただ、ミーティングでもミスした後の姿勢や切り替えについて言われていたので、そこは意識してプレーした。それがうまくできたことはポジティブに考えて一つ成長できた部分だと思う。今後は積極的にプレーする中で、もっと責任感を持ったプレーをしたい」
香川 慎司 選手(日本) 「普段はやらないポジション(左サイド)だったが、相手の中の選手は堅いので、基点となって外から仕掛けられればと思っていた。右の本田には動き出しをはっきりしてくれと言われていたので、そういう意味で動き出しは意識した。向こうも普段は左をやっているのにきょうは右に入って、ちょっと違和感があったと思うが、お互いを意識し合いながらポジションチェンジなどを自動的にできるようになると良いと思う。ゴールは良い形で入ったので決めるだけだった。結果を残すことはできたが、次のアルゼンチン戦でできるかできないかが勝負だと思う」
李 忠成 選手(日本) 「森本とはトゥーロンからやっているが、試合で組んだ日は浅いし、それを今日経験できたことはプラスになる。(同点のシーンは)パスに触れてなかったけど、それが逆に良かったかもしれない(笑)。ドリブルやミドルシュートはまだまだ自分には足りないところだし、そこをもっと伸ばせば自分のプレーの幅も広がってくる。ピッチの中でも外でも話すようになったし、オリンピックが近づいてきてチームとして良い感じになってきている」
岡崎 慎司 選手(日本) 「(逆転のヘディングは)打った瞬間は微妙だと思った。けれど、自分にとっては初めての代表でのゴールだし、知り合いも来て応援してくれているなかでのゴールなので入って良かった。先発ではなかったけれど、それでモチベーションが下がるわけではないし、これからはチーム一丸となって戦うことが必要だと思う。今後も途中出場はあると思うし、チャレンジするという気持ちを持って試合に入れたのは良かった」

ページの先頭へ戻る

-- スタメン [日本] GK:山本 海人、DF:水本 裕貴(Cap.)、長友 佑都、内田 篤人、吉田 麻也、MF:本田 拓也、 細貝 萌、本田 圭佑、香川 真司、FW:李 忠成、森本 貴幸
-- スタメン [オーストラリア] GK:アダム・フェデリチ、DF:トレント・マクレナハン、マーク・ミリガン(Cap.)、マシュー・スピラノビッチ、ニコライ・トポー・スタンリー、ジェイド・ノース、 MF:ビリー・セレスキー、スチュアート・ムシャリク、クリスティアン・サーキーズ、FW:ニキタ・ルカビチャ、アーチー・トンプソン
13分 イエロー マーク・ミリガン(オーストラリア)
17分 イエロー 本田 圭佑(日本)
34分 ゴール アーチー・トンプソン(オーストラリア)
41分 ゴール 香川 真司(日本)
HT インアウト IN:谷口 博之 / OUT:李 忠成 (日本)
53分 インアウト IN:梶山 陽平 / OUT:細貝 萌 (日本)
57分 イエロー 谷口 博之(日本)
62分 インアウト IN:ジェイムズ・トロイージ / OUT:クリスティアン・サーキーズ (オーストラリア)
64分 インアウト IN:豊田 陽平 / OUT:森本 貴幸 (日本)
68分 インアウト IN:ニール・キルケニー / OUT:スチュアート・ムシャリク (オーストラリア)
72分 インアウト IN:エイドリアン・レイヤー / OUT:ジェイド・ノース (オーストラリア)
74分 インアウト IN:岡崎 慎司 / OUT:本田 圭佑 (日本)
80分 インアウト IN:ルベン・ザドコビッチ / OUT:ビリー・セレスキー (オーストラリア)
80分 インアウト IN:マーク・ブリッジ / OUT:アーチー・トンプソン (オーストラリア)
83分 インアウト IN:安田 理大 / OUT:内田 篤人 (日本)
89分 ゴール 岡崎 慎司(日本)

ページの先頭へ戻る