JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










【キリンチャレンジカップ2008 〜 ALL FOR 2010!〜】U-23日本代表 対 U-23アルゼンチン代表 雷雨により84分に試合終了および試合成立(08.07.29)
【キリンチャレンジカップ2008 〜 ALL FOR 2010!〜】U-23日本代表 対 U-23アルゼンチン代表 雷雨により84分に試合終了および試合成立

 日本サッカー協会(JFA)は、本日(7月29日)のU-23日本代表対U-23アルゼンチン代表戦が激しい雷雨で試合が終了した件につき、「試合成立」とすることを決定しました。
今回の決定の経緯については、以下の通りです。
また、この決定につき、田嶋幸三JFA専務理事は下記のコメントを出しています。

【決定の経緯】
[1]マッチコミッショナーのアドバイスのもと、主審が84分で試合を中断。
[2]マッチコミッショナーが、日本サッカー協会とアルゼンチンサッカー協会に
   「試合終了」とすることの合意を得る。
[3]マッチコミッショナーと主審が協議し、主審が試合終了及び「試合成立」とすることを決定。


【田嶋幸三JFA専務理事のコメント】
「この決定については、観客・選手・審判員の安全、オリンピックでの選手のコンディション、ま
た、交通機関の状況などあらゆることを考慮して決めたもので、今回の決定は、日本中で行われるサ
ッカーの試合運営にとっても指針となる、勇気ある決断だったと考えている」


※U-23日本代表 対 U-23アルゼンチン代表の試合結果詳細は、こちら
Copyright 2008 Japan Football Association