JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










全国教員サッカー選手権大会

試合スケジュール/結果

組合せおよび結果

大会概要

主 旨 全国の教員(指導者)のサッカー技術の向上とその普及を目的とし、併せて相互の親睦を図ることを目的とする。
名 称 第28回全国教員サッカー選手権大会
主 催 財団法人日本サッカー協会、財団法人兵庫県体育協会
後 援 文部科学省、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会
主 管 社団法人兵庫県サッカー協会
期 間 2007年8月2日(木)〜8月6日(月)
競技会場 1次ラウンド:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場補助グランド、しあわせの村運動広場、いぶきの森球技場
決勝トーナメント:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(兵庫県神戸市須磨区緑台)
参加資格
(1) 学校教育法第1条に規定されている学校の内、小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校、養護学校及び幼稚園の教員(非常勤を認める)であること。
(2) 財団法人日本サッカー協会登録選手であること。
(3) 参加全選手は勤務先学校長による「在勤証明書」を大会申込書送付時に提出のこと。
参加チーム及びその数 参加チームは、次の(1)(2)(3)により選出された12チームとする。
(1) 地域サッカー協会より推薦または選出された都道府県代表:10チーム(関東は2)
(2) 開催都道府県代表:1チーム(兵庫県)
(3) 前年度優勝チームの所属する地域:1チーム (東海)
参加数 北海道:1、東 北:1、関 東:2、北信越:1、東 海:1
関 西:1、中 国:1、四 国:1、九 州:1
前年優勝地域:1
開催地:1
合 計:12
競技形式 1次ラウンド:12チームを3グループに分け、1グループ4チームでリーグ戦(変則リーグ・各チーム2試合)を行い、上位1チームと各グループ2位で最上位の1チームが進出する。

※順位決定:
勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。
勝点は、試合時間内の勝者3点、PK方式による勝者2点、PK方式による敗者1点、試合時間内の敗者0点とする。
但し、勝点が同じ場合は、得失点差・総得点数・当該チーム間の対戦結果・抽選の順序により順位を決定する。

決勝トーナメント:
上位4チームにより勝ち抜き戦を行う。(3位決定戦は行わない。)

○競技者が7人未満となり試合が中止となった場合、7人未満となったチームのグループにおける順位決定方法は、そのチームとの対戦成績を除外して勝点・得失点差・総得点を算出し順位を決定する。
○各グループ2位の最上位チームを決める場合は、各グループ2位チームの算出された勝点・得失点差・総得点を試合数で割った数値(平均値)で決定する。
競技会規定 大会実施年度の財団法人日本サッカー協会競技規則による。
但し、以下の項目については特に本大会用として大会規定を定める。
(1) プレー時間:70分(前・後半35分)
(2) ハーフタイムのインターバル:10分(前半終了から後半開始まで)
(3) 試合の勝者を決定する方法(70分で勝敗が決しない場合)
1次ラウンド:PK方式
決勝トーナメント:20分間(前・後半10分)の延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式により決定する。
PK方式に入る前のインターバル:1分
延長戦に入る前のインターバル:5分
(4) 交代できる数:5名
(5) 交代要員の数:7名
(6) テクニカルエリア:設置する
(7) ベンチに入ることの出来る人数:11名(交代要員7名/役員4名)
(8) 第4の審判員:任命する。
(9) ロスタイム表示:実施する。
(10) 負傷した競技者の程度を確かめるために入場を許可される役員の数:2名
(11) 退場を命じられた選手は、次の1試合に出場することができず、以降の処置については本大会規律・フェアプレイ委員会で決定する。
(12) 大会期間中、警告が2回になった選手は次の1試合の出場を停止する。
(13) 装身具:一切の装身具の着用を禁止し、装身具を覆うテープの使用も不可とする。
ユニフォーム 大会実施年度の(財)日本サッカー協会ユニフォーム規程による。
但し、以下の項目については特に本大会用として規定を定める。
(1) ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ストッキング)については、正の他に副として、正と色彩(濃淡)が異なり判別しやすいユニフォーム色彩を参加申込書に記載し、各試合に必ず携行すること(FP・GK用共)。シャツの色彩は審判員が通常着用する黒色と明確に判別し得るものでなければならない。
(2) 選手番号は参加申込書に登録した選手番号を付けること。ユニフォームのシャツが縞(縦縞も横縞も)の場合は、台地(白布地等)(縦30cm×横30cm位)に背番号を付け、判りやすくする事。
(3) ユニフォームの色彩、選手番号の参加申込締切日以後の変更は認めない。
(4) ユニフォームへの広告表示については本協会「ユニフォーム規程」に基づき承認された場合のみこれを認める。尚、会場によって広告掲出料が発生する場合は、チーム負担とする。
(5) ユニフォームに他のチーム(各国代表・プロクラブチーム等)のエンブレム等が付いているものは着用できない。
表 彰
(1) 優勝以下3位まで表彰状を授与し、優勝・準優勝チームにメダルを授与する。
(2) 優勝チームには文部科学大臣杯を授与(持ち回り)する。
(3) フェアプレー賞:フェアプレー精神の育成、向上のため(財)日本サッカー協会のフェアプレー賞選考基準に従い選考し、トロフィーを授与する。
(フェアプレー賞はチーム単位とし、ベスト4に進出したチームの中から選考される。)