JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










バーモントカップ全日本少年フットサル大会

名称
バーモントカップ第14回全日本少年フットサル大会
主 催 財団法人日本サッカー協会
主 管
日本フットサル連盟、財団法人東京都サッカー協会
協 賛
文部科学省、朝日新聞社
特別協賛
ハウス食品株式会社
協 力
未 定
期 日
平成17年1月4日(火)〜1月6日(木)
会 場
東京都/駒沢体育館、屋内球技場
表 彰
優勝、準優勝、第3位(2チーム)のチームに表彰状を授与する。 
参加資格
(1) 平成16年度財団法人日本サッカー協会のフットサル個人登録及びフットサル大会登録を行った、12才未満(但し小学校在学中の選手にはこの年齢制限を適用しない。)の選手により構成されたチームであること。
(2) 1項のチームに登録された選手であること。
(3) 第1項の定めるチームには、1チームあたり4名までの外国人選手の登録を認める。但し、同時にピッチ上にいる選手が2名を超えてはならない。
(4) 女子の登録(出場)を認める。
(5) 本協会発行のフットサル大会登録票及び選手変更届を持参していること。
(6) 本協会発行のフットサル選手証(写真付)を持参していること。
(7) 引率者は当該チームを指導掌握し、責任を負うことのできる者であること。
(8) 選手は保護者の同意のあるものに限る。
(9) チームの責任において、傷害保険に加入していること。
参加チーム
以下により選出された48チームとする。
  (1)都道府県出場枠:47(47都道府県より各1チーム)
 (2)前年度優勝枠:1(埼玉県より1チーム)
大会形式
(1) 1次リーグ(48チームを16グループに分け、1グループ3チームのリーグ戦を行い1位チームが決勝トーナメントに進出する。
各グループ2位チームはフェニックストーナメント、3位チームはフレンドリートーナメントにそれぞれ進出)
※順位決定:勝点の合計の多いチームを上位とし順位を決定する。
勝点は、勝ち:3点、引分け:1点、負け:0点とする。
但し、勝点が同じ場合は、得失点差・総得点・当該チーム間の対戦結果・抽選の順序により順位を決定する。
(2) 決勝トーナメント(各グループ1位16チームによるトーナメント戦を行う、3位決定戦は実施しない。)
(3) フェニックストーナメント(各グループ2位16チームによるトーナメント戦を行う)
(4) フレンドリートーナメント(各グループ3位16チームによるトーナメント戦を行う)
競技会規定
大会実施年度の財団法人日本サッカー協会フットサル競技規則による。(平成15年7月15日付「第3種以下の競技会におけるフットサル競技規則の適用について」含む)
但 し、以下の項目については特に本大会用として大会規定を定める。
(1) プレーの時間:20分(前・後半10分)(プレーイングタイム)
(2) ハーフタイムのインターバル:5分(前半終了から後半開始まで)
(3) 試合の勝者を決定する方法(プレーの時間内で勝敗が決しない場合)
1次リーグ:引分け 
 各トーナメント(決勝戦を除く):
   PK方式により勝敗を決定する。
 決勝戦:
   6分間の延長戦を行い、
   決しない場合はPK方式により勝敗を決定する。
 延長戦に入る前のインターバル:5分
 PK方式に入る前のインターバル:1分
(4) 交代要員の数:7名
(5) ベンチに入ることができる人数:11名(交代要員7名、役員4名)
(6) 本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できずそれ以降の処置については大会の規律・フェアプレー委員会で決定する。
(7) 本大会期間中に警告を2回受けた者は、次の1試合に出場できない。
(8) ピッチサイズ:原則として32m×18m
(9) 使用球:フットサル用ボール
(10) シューズ:スパイクシューズ及び靴底が着色されたものは使用できない。
(靴底は原則として接地面が飴色もしくは白色のもののみ使用可能)
(11) すね当て:必ず着用すること。
(12) 参加資格に違反し、そのほか不都合な行為のあったときには、そのチームの出場を停止する。
(13) 試合において、出場するチームは本大会登録票(チーム控え)及びフットサル選手称証(写真付)を持参すること。
不携帯のチーム及び選手は当該試合への出場を認めない。

試合結果

PDFファイルをご覧ください