JFA DREAM 夢があるから強くなる










選手に求めてきたことは強いマインドを持てということ。ゲームを左右する譲れない部分です。 反町康治 U-23日本代表監督

反町 康治 U-23日本代表監督 北京オリンピック直前特別インタビュー

2008年7月14日
取材・文:木ノ原 句望

──このチームを見ながら日本代表のコーチも務めて、プラスになった部分はありますか?

 日本代表との時はほとんどオシムさんの下だったんですけど、サッカーに対する姿勢とか、攻撃のアイディアとかトレーニングメソッドとか、そういうのは勉強させてもらいました。チームが勝つために一生懸命努力をしていただけだったけど、今振り返ると、いろんなものが見えてきたなと思います。トレーニングが全てだというのは再認識しました。トレーニングはウソをつかないというけれど、次の対戦相手や自分たちのやりたいものとかをいかに1つの短い期間でのトレーニングに落とし込んでいくか。
 自分のトレーニングは全てオリジナリティを持ってやっているけど、練習の回数も少ないから1つの練習で、トランジションやボールポゼッション、ダイレクトプレー、フィニッシュなど、いろんなことが全部混ざっているのがあればそれに越したことはないわけです。だからそれは毎日考えています。寝るときも考えていて、必ずメモ帳を枕元に置いておいて、思いついたら書き留めておく。「あ、この練習はいろんなことをやらせるのにいいんじゃないかなー」というように。
 サッカーは違うトレーニングをしていればいいというものでもなくて、同じトレーニングをやることで、選手の意識が高まってくると効果があるというのは分かっていることです。だから、もっといいトレーニングがあればそれを少しずつ加えていくようにしています。
 僕は、練習では選手と共にいいものを作り出して行きたいので、いつも練習の最初に練習の内容を説明して、「この前こういう問題があったから、こういう練習をするんだよ」と説明している。そうして身体で覚えさせることが大事なんです。それは(代表チームで)練習の回数や日にちが少ないということもあるんですが。

──このチームの良さはどこにあると?

 全員が攻守にわたって連動性をもってやれるところですね。ハードワーカーを揃えたとも言えるかもしれないけど、みんながハードワークして、連動してやっていける。

──守備については改めて大会へ向けて取り組むようですが?

 そうですね。その部分はもうちょっと、いままで目を瞑ってきた部分があるので、そこはまだ戻してやっていかないといけないと思っています。今回時間がたくさんあるわけではないけど、少しはあるので、ちょっとずつそうしたビデオを見せつつ、トレーニングをやっていくというふうには考えています。

──約1週間で3試合という大会の日程はかなり厳しいと思いますが?

 しかも暑い中の3試合で選手枠は18人でしょう。かなり大変かもしれません。

──勝ち抜くためにはなにが重要になると考えますか?

 全員が同じような意識付けを持って、誰が入っても同じようなプレーができること。ただ、トゥーロンでもずっとそうやってきたので、その点はあまり問題ないと思っています。

──OA招集に関しては誤算でしたか?

 採用すると言ったので、それは誤算としか言いようがないけれども、災い転じて福となすとなればと思っています。