JFA DREAM 夢があるから強くなる










選手に求めてきたことは強いマインドを持てということ。ゲームを左右する譲れない部分です。 反町康治 U-23日本代表監督

反町 康治 U-23日本代表監督 北京オリンピック直前特別インタビュー

2008年7月14日
取材・文:木ノ原 句望

──オリンピックは本来U-23という年代の大会ですが、トップチームにあるような選手招集のためのFIFAの規定はありません。その点で難しいカテゴリーとも言えるかと?

 FIFAとしてはOAの枠を作っておきながら、拘束力はないという言い方をしています。欧州ではクラブの拘束力が強いというのがあって、それは日本ではないかなと思っていたんですが、それも日本で出てきた。ある意味、日本もサッカーが発展してきていると言えるかもしれません。
 もともと僕は最初から、OA枠ルールを作ったのがよくないとずっと言っていました。OA抜きの方がこの年代の現在地もよくわかるし、課題もよく見えてくる。OAを入れることでチームが大きく変わってしまうのはよくないなとずっと思っていました。だから、OAとして選んだ選手はチームに入ってもそんなに大きくチームが変わるというのではないというのも、大前提で考えていましたが。

──OA不在でこの世代の力をフルに試すことができるという見方もできますが?

 ツイていないと人には言われますが、OA選手がもたらす国際経験という経験値は低くなったかもしれないけれど、ずっとやってきたチームの蓄積値は上がったと思っています。1を言えば10を知るような選手がたくさんいる。それは短い期間では逆にプラスになる可能性が高いと捉えています。

──本大会で対戦する米国、ナイジェリア、オランダについての印象は?

 まだどこも不透明で、どういうチームかという全体像はあるにしても、具体的なところは感じ得ていないですね。これから感じてやっていくことになると思います。

──かなりタフな相手では?

 タフな相手の方がいいじゃないですか。いままでやっている相手は、アジアでは勝って当然という流れだったでしょう。そういう相手とやる方がやりにくい。でも本大会の相手は、向こうもかなりプレッシャー強くやってくると思うので、日本のサッカーを出しやすいと思っています。ウェルカムですよ。早く対戦したいと楽しみにしています。

──開催地は中国ですが、日本にとって地の利はありますか?

 もちろん、アドバンテージはあります。同じ気候、時差が1時間でほとんど変わらない。食もそうかもしれない。FIFAから選定されたものを出すでしょうから、それほど中国料理のみというのではないかもしれないが、我々は中国料理には慣れています。でも他の国にしたら、全く油が合わないこともあり得ます。我々は何回も中国行っていますし、そういう意味ではいろいろなものに対してコンプレックスがあるわけでもないですしね。
 移動もそんなに早く行く必要ないので、日本の環境で十分適応できると思っています。 例えば、向こうに行ってお腹を壊したりということがないように、いろいろなリスクを回避して直前にいくことができる。それは大きいでしょう。そのアドバンテージをどう上手く生かすか。それに、1週間で3試合をこなせるのは韓国と日本ぐらいじゃないかと思っています。