JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










【JFAこころのプロジェクト】U-23日本代表・反町康治監督が「夢の教室」を実施(08.02.07)
【JFAこころのプロジェクト】U-23日本代表・反町康治監督が「夢の教室」を実施

 U-23日本代表・反町康治監督が7日、渋谷区立西原小学校でJFAこころのプロジェクト「夢の教室」を実施しました。
8月に北京オリンピックを控えるU-23日本代表・反町康治監督が7日、渋谷区立西原小学校でJFAこころ
のプロジェクト「夢の教室」を実施しました。「夢先生」を務めた反町監督は、前半の授業では児童
たちとビブスを使った鬼ごっこや、手をつないだままかけ声と反対の方向にジャンプをするゲームを
行い、「仲間同士で協力することはゲームでもサッカーでも一緒だよ」と呼びかけました。教室に移
動してからの後半の授業では、自らの体験談に加えて日本代表選手からのメッセージや映画を用いて
「夢を持ち続けることがその夢の実現につながる」と語り、夢に向かって努力することの大切さを伝
えました。


【U-23日本代表・反町康治監督授業後のコメント】
「(レクリエーションをすれば)自然と体も動いて笑顔も出るし、子供たちが素直で楽しくできた。
僕が小学校5年生の時よりも具体的な夢を描いていて、そのために何をしたら良いのかしっかりと考え
ていることに非常に驚いた。自分をさらけ出すことが大事だと思い、そうすることで心を開いてくれ
ると思っていたが、子供たちが積極的に質問・発言してくれて嬉しかった。同じ目線に立つことや、
飽きさせない様に授業をすることは大変だったが、非常にやりがいがあった。楽しかったし、子ども
たちからパワーをもらったので、その力で自分の仕事に精進していきたい」


JFA こころのプロジェクトの詳細はこちら
Copyright 2008 Japan Football Association