JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










07.09.14 17:00キックオフ ※現地時間
中国・上海
FIFA女子ワールドカップ中国2007 グループA
なでしこジャパン(日本女子代表) 対 アルゼンチン女子代表

なでしこジャパン
(日本女子代表)
1
0-0

1-0
0 アルゼンチン女子代表

91+分 永里 優季

FIFA女子ワールドカップ中国2007 グループA なでしこジャパン(日本女子代表) 対 アルゼンチン女子代表
なでしこジャパンは14日、FIFA女子ワールドカップ中国2007のグループステージ第2戦で南米代表のアルゼンチン代表と対戦した。試合は序盤から、日本がイニシアチブを握る展開となる。開始直後から立て続けにCKを得た日本は、得意のセットプレーでアルゼンチンゴールを攻め立てた。第1戦での鬱憤を晴らすかのように、両サイドとコンビネーションプレーを使って次々にチャンスを作る日本だったが、前半の内にゴールを割ることはできなかった。
後半に入り、57分に大橋監督は前日までケガで別メニューで調整していた荒川をピッチに送り出す。荒川は持ち前のパワー溢れるプレーでアルゼンチンDF陣を引きつけ始めたが、それでもなかなか得点を決められずにいた。さらに日本は79分、右サイドを崩していた安藤に代えて近賀を投入。何とか突破口を見出したい日本だが時間は無情にも過ぎていった。しかし、このままドローで終わるかと思われたロスタイム、近賀が右サイドから強烈なシュートを放つ。これをGKが弾き、こぼれ球となったところを永里が押し込んで、値千金の決勝ゴールを挙げ、なでしこジャパンは1-0で今大会初勝利を飾った。
この結果、勝点を4としたなでしこジャパンは次戦で、FIFA女子世界ランキング2位のドイツと対戦し、3大会ぶりのグループステージ突破を目指す。

大橋 浩司 監督 大橋 浩司 監督(日本)
「立ち上がりは非常にいい入り方ができた。しかし、こういうときこそ、足が止まる原因を作ってしまうときがある。きょうはまさにそういう試合になってしまった。ハーフタイムはパスを出して走れ、ボールが動かないと得点できないぞ、と言っていた。後半は失点の可能性は少ないと思っていたが、どう得点を取るかに苦しんだ。どのタイミングでトップを代えて、どのタイミングでサイドを代えるか、選手交代が難しかった。選手はよく頑張ったと思うので、この粘りを次戦でもいかしたい」
 選手 永里 優季 選手(日本)
「それまでが全然ダメだったので、ゴールが入ってよかった。入った瞬間は最高の気分だった。この試合、大差で勝ちたいという気持ちはもちろんあった。まだ決勝トーナメント進出の可能性は十分にあるので、次のドイツ戦も引き続きがんばりたい」
 選手 近賀 ゆかり 選手(日本)
「安藤さんが何度も崩してくれて相手も疲れていたので、プレーのイメージはできていた。得点については、ドリブルで行く手もあったけど、キーパーが弾くかもしれないということも考え、思い切ってシュートを選択した」
 選手 酒井 與恵 選手(日本)
「バランスよく三角形を作るようにと大橋監督からは言われていたが、ボールの取られ方が悪くて、カウンターを喰らうような形になってしまった。あと、どうしても早く得点が欲しいという気持ちが先行して、上がりすぎてDF陣との距離が開いてしまうことがあった」
 選手 磯崎 浩美 選手(日本)
「前半は上手いこと守られてしまい、味方同士の距離も短く、プレッシャーもあった。後半はまだよかったと思うが、あの時間まで点が入らないとは思っていなかった。簡単には勝たせてもらえない大会なのでこの結果は想定内だと思う」
 選手 安藤 梢 選手(日本)
「1対1は楽しかった。でも前を向いたあとのプレー、決定機の精度を上げていかないとダメ。スピード生かしたプレーを心がけているけれどワールドカップのアタッカーはどこの国の選手もスピードがある。近賀には交代の時に頼むよという気持ちで、“仕掛けていけるよ”と声をかけた」

ページの先頭へ戻る

-- スタメン [日本] GK:福元 美穂、DF:磯崎 浩美(Cap.)、安藤 梢、矢野 喬子、岩清水 梓、MF:酒井 與惠、澤 穂希、宮本 ともみ、宮間 あや、FW:大野 忍、永里 優季
-- スタメン [アルゼンチン] GK:Romina FERRO、DF:Eva GONZALEZ(Cap.)、Gabriela CHAVEZ、Clarisa HUBER、Catalina PEREZ、MF:Maria QUINONES、Florencia MANDRILE、Fabiana VALLEJOS、FW:Maria POTASSA、Analia ALMEIDA、Mercedes PEREYRA
50分 インアウト IN:宇津木 瑠美 / OUT:矢野 喬子(日本)
53分 インアウト IN:Andrea OJEDA / OUT:Clarisa HUBER(アルゼンチン)
57分 イエロー 磯崎 浩美(日本)
57分 インアウト IN:荒川 恵理子 / OUT:大野 忍(日本)
61分 インアウト IN:Emilia MENDIETA / OUT:Maria QUINONES(アルゼンチン)
77分 インアウト IN:Ludmila MANICLER / OUT:Maria POTASSA(アルゼンチン)
79分 インアウト IN:近賀 ゆかり / OUT:安藤 梢(日本)
91+分 ゴール 永里 優季(日本)

ページの先頭へ戻る