JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










【東アジア女子サッカー選手権2008 決勝大会】なでしこジャパン、東アジアを制しチーム史上初のタイトル獲得!(08.02.24)
【東アジア女子サッカー選手権2008 決勝大会】なでしこジャパン、東アジアを制しチーム史上初のタイトル獲得!

 なでしこジャパン(日本女子代表)は24日、重慶・永川スタジアムで行われた東アジア女子サッカー選手権2008 決勝大会の第3戦で中国女子代表と対戦しました。
この試合、引き分け以上で優勝が決まるなでしこジャパン(日本女子代表)は、キックオフ直後から
ペースを握ります。そして19分、右サイドに抜け出した永里からの折り返しを大野が左足ダイレクト
で合わせて、日本が先制しました。前半終了間際の43分には、CKのこぼれ球を拾った澤がミドルシュ
ート。これがポストに当たり跳ね返ったところを大野が詰めて、この試合2ゴール目をあげました。後
半に入っても日本の攻勢の手を緩めず、55分には大野のクロスを永里がヘディングで合わせて3点目を
奪い、中国女子代表を突き放しました。日本はその後も中国女子代表に反撃を許さず3-0で快勝。見事
優勝を果たしたなでしこジャパンは、チーム史上初の公式大会タイトルを獲得しました。


◇東アジア女子サッカー選手権2008 決勝大会

2008年2月24日(日) @重慶・永川スタジアム 16:30キックオフ

なでしこジャパン(日本女子代表) 3-0(前半2-0) 中国女子代表

[得点]
1-0 19分 大野 忍(日テレ・ベレーザ)
2-0 43分 大野 忍(日テレ・ベレーザ)
3-0 55分 永里 優季(日テレ・ベレーザ)

※この試合の詳細はこちら
Copyright 2008 Japan Football Association