JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










第28回 全日本女子サッカー選手権大会

06.12.29   10:00キックオフ 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
TASAKIペルーレFC 対 浦和レッズレディース

TASAKIペルーレFC

2

0-1

2

浦和レッズレディース

1-0
89分 下小鶴 綾
109分 下小鶴 綾
延長
0-0
1-1
PK
4-3
9分 北本 綾子
106分 若林 エリ

試合の詳細情報はこちらのメニューよりご覧ください。

TASAKIペルーレFC、2大会連続決勝進出へ

 第28回全日本女子サッカー選手権大会は29日、準決勝2試合が神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われ、TASAKIペルーレFCと浦和レッズレディースの一戦は、PK戦までもつれる大接戦の末、TASAKIペルーレFCが2大会連続となる決勝戦へ駒を進めました。

 立ち上がりは両チームともに相手の出方を見ながらの展開となる。スローな流れを一変させたのが9分、北本綾子によってもたらされた浦和の先制点だった。笠嶋良恵からのボールを、左にポジションを取っていた北本が走りこんで受け、そのままゴール。一瞬の隙を北本は見逃さなかった。しかし、TASAKIも負けてはいない。13分、大石沙弥香がDFに囲まれながらもドリブルで持ち込み、シュートを放つ。16分にも、左サイドから出たボールを鈴木智子がゴールぎりぎりのところまで攻め込むなどチャンスを作り出す。浦和も一人一人が素早いプレッシャーを徹底してそれに対抗した。その後膠着状態が続くが30分、TASAKIに大きなチャンスが訪れる。鈴木の放ったシュートのこぼれ球を山本絵美がすかさずシュート。33分にもGK山郷のぞみと競り合いながらも放った大石のシュートがこぼれたところを山本がクロスにつなげ、そこへ再び回りこんだ大石がヘディングで合わせるがゴールを生むことはできなかった。


 60分、今度は浦和が追加点の機会を演出する。柳田美幸のCKに百武江梨、窪田飛鳥が反応し、連続してシュートが飛び出す。最後は柳田のクロスをニアにいた北本がヘディングシュート。これもゴールを割ることはできなかったが、ゴール前でのハイボールはすべて競り合いに結びつける当たりの強さを見せた。何とか同点に追いつきたいTASAKIはここで大石に代えて大谷未央をピッチに送り出す。怪我から復帰したばかりの大谷だが、前線でDFを背負いながらスペースを作り始めると、鈴木の飛び出しがスムーズになりテンポが生じる。86分にはその鈴木のシュートがポストにはじき返される。タイミング的にはゴールが生まれても不思議ではなかっただけに悔しさもひとしお。鈴木も思わず天を仰いだ。2分のロスタイムも残りわずかとなり、ラストチャンスとなるFKを得たTASAKI。中岡麻衣子のFKはゴール前で混戦となる。こぼれ出たボールを拾った大谷がゴールライン際で切り返し、最後は下小鶴綾が押し込んで同点に追いつく。


 試合は10分ハーフの延長戦へと突入。両チームの気迫がぶつかった延長戦、試合が動いたのは106分のことだった。高橋彩子から渡ったボールを若林エリがGK佐々木香織の位置を確認してフワリと浮かせ、技ありのゴール。浦和が勝ち越しに成功する。勝負があったかに思われたが、その3分後、TASAKIはセットプレーのチャンスにまたもや下小鶴のヘッドでゴールを奪うと、土壇場で再び追いつく粘りを見せた。


 死力を尽くした戦いの勝敗はPK戦にまでもつれ込む。先攻は浦和。そしてゴールの前に両手を広げて立ちはだかったのは、なでしこジャパンでも活躍するMF阪口夢穂だった。日頃から練習などでPK防衛に抜群のセンスを見せていたという阪口を仲井昇監督はこの大一番で思い切って起用。本人いわく、公式戦では初めての“抜擢”だった。そしてこの采配が勝敗を分けることになる。ともに3人ずつを成功させ、浦和4人目の柳田のPKを阪口がセーブ、一気に流れを引き寄せた。しかし、TASAKIの4人目となる鈴木がまさかの失敗に終わり、振り出しに戻ったが、ここで再び阪口が奇跡を起こす。浦和の5、6人目を連続セーブしたのだ。TASAKIは浦和を振り切り、二度に渡る終了間際の同点劇と阪口の3連続セーブという驚異のパフォーマンスにより、2年連続となる決勝の舞台へ駒を進めた。