JFA DREAM 夢があるから強くなる

RSS feed










JOCジュニアオリンピックカップ/全日本女子ユ−ス(U-18)サッカ−選手権大会

趣 旨
(財)日本サッカー協会は日本国内における女子サッカーの技術向上と健全な心身の育成を図り、広く女子サッカーの普及振興に寄与することを目的とし、18歳から13歳まで(高校3年生〜中学校1年生)の登録選手を対象とした単独チームの大会として実施する。
名 称
JOCジュニアオリンピックカップ
第10回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会
主 催
財団法人日本サッカー協会
主 管
財団法人岡山県サッカー協会
協 賛
株式会社ミカサ、丸大食品株式会社(JOCオフィシャルパートナー)
後 援
文部科学省、全国高等学校長協会、(財)日本オリンピック委員会、(財)日本中学校体育連盟、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社
協 力
西鉄旅行株式会社
期 日
2007年
1月3日(水)〜5日(金)<1次ラウンド>
1月7日(日)<準決勝>
1月8日(月・祭日)<決 勝>
会 場
1次ラウンド:岡山県補助競技場、岡山市神崎山公園競技場、灘崎総合公園多目的広場
決勝ラウンド:岡山県陸上競技場(桃太郎スタジアム)
参加資格
(1)チーム:
(財)日本サッカー協会に女子登録した加盟チームであること。

(2)選 手:
(2.1)上記(1)のチームに大会参加申込締切日(2006年11月22日)までに登録された女子選手で、1988年(昭和63年4月2日)〜1994年(平成6年4月1日)(通称高3〜中1)に生まれた選手であること。
(2.2)日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一「クラブ」内の別チームに所属する選手を移籍手続きを行うことなく本大会に参加させることができる。この場合、同一「クラブ」内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。 なお、本項の適用対象となる選手の年齢は第3種年代のみとし、同一「クラブ」内のチーム登録種別区分「中学」・「クラブ(中学生)」のチームから選手を参加させることが出来る。

(2.3)外国籍選手:
5名まで登録でき、1試合3名まで出場できる。

(2.4)移籍選手:
同一年度の大会において、予選から本大会に至るまでに、同一選手が移籍後、再び同一大会に出場することはできない。
参加チームおよびその数
参加チームは次の(1)から(3)により選出された16チームとする
(1)9地域サッカー協会より各1チーム(9チーム)
(2)前年度各地域の参加チーム数の比率で2チームを配分(2チーム)
  関東 1、 九州 1
(3)平成18年度全日本高等学校女子選手権大会の準決勝進出チーム(4チーム)
(4)開催都道府県を代表するチーム(1チーム):岡山県1
競技形式
(1) 1次ラウンド:16チームを4チームずつ4グループに分けてリーグ戦を行い、各グループ1位チーム(計4チーム)が決勝ラウンドに進出する。
決勝ラウンド:上位4チームによる勝ち抜き方式で行う。(第3位決定戦は行わない)
(2) 1次ラウンドにおける順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし順位を決定する。
勝点は、勝ち:3点、引き分け1点、負け:0点とする。
但し、勝点合計が同じ場合は、以下の項目の順序で順位を決定する。
(1)得失点差:ゴールディファレンス(総得点−総失点)
(2)総得点数
(3)当該チーム同士の対戦結果
(4)前記項目が同一の場合は、抽選(当該チーム代表者の立ち会いによる)により決定する。
競技会規程
大会実施年度の(財)日本サッカー協会競技規則による。
但し、以下の項目については本大会規定を定める。
(1) プレーの時間:
1次ラウンド 80分(前・後半40分)
決勝ラウンド 90分(前・後半45分)
(2) ハーフタイムのインターバル:原則として10分(前半終了から後半開始まで)
(3) 試合の勝者を決定する方法(前記(1)記載の時間内で勝敗が決しない場合)
1次ラウンド:引分け
決勝ラウンド:20分(前・後半10分)の延長戦を行い、なお決しない場合はペナルティーキック方式により勝者を決定する。
延長戦に入る前のインターバル:5分
PK方式に入る前のインターバル:1分
(4) 各試合毎の登録選手数:18名まで(参加申込選手最大25名のうち)
(5) 交代できる数:5名
(6) 交代要員の数:7名
(7) テクニカルエリア:設置する。
戦術的指示はテクニカルエリア内からその都度ただ1人の役員が伝えることができる。指示を与えた後は所定の位置に戻らなければならない。但し通訳を必要とする場合は2人までとする。
(8) ベンチに入ることができる人数:12名(交代要員7名、役員5名)
(9) 第4の審判員:任命する。
(10) ロスタイムの表示:実施する。
(11) 負傷した競技者の負傷の程度をたしかめるために入場を許される役員の数:2名以内
(12) 本大会期間中、異なる試合で警告を2回受けた者は、次の1試合に出場できない。
(13) 本大会において退場を命じられた選手は次の1試合に出場できず、それ以降の処置については本大会の規律・フェアプレー委員会で決定する。
(14) 装身具:一切の装身具の着用を禁止し、装身具を覆うテープの使用も不可とする。
ユニフォーム
(1)ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ストッキング)については、正の他に副として、正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを参加申込書に記載し、各試合に必ず携行すること(FP・GK用共)。

(2)シャツの前面・背面に参加申込書に登録した選手番号を付けること。ショーツの選手番号については付けることが望ましい。

(3)ユニフォームの色、選手番号の参加申込締切日以後の変更は認めない。

(4)ユニフォームへの広告表示については本協会「ユニフォーム規程」に基づき承認された場合のみこれを認める。尚、会場によって広告掲出料が発生する場合は、チーム負担とする。
※日本女子サッカーリーグチームについてはリーグ事務局を通して日本協会の承認を得たものに限る。

(5)ユニフォームに他のチーム(各国代表・プロクラブチーム等)のエンブレム等が付いているものは着用できない。

(6)その他の事項については本協会「ユニフォーム規程」に則る。
表 彰
(1)優勝以下第3位(2チーム)までに表彰状ならびにメダルを授与する。優勝チームには優勝杯を授与し、次回までこれを保持せしめる。

(2)フェアプレー精神の育成・向上のため、フェアプレー賞を本協会選考基準に従い選考しトロフィーおよび副賞を授与する。フェアプレー賞はチーム単位とし、ベスト4に進出したチームの中から選考される。

(3)表彰式は決勝戦終了後に試合会場にて行う。なお、第3位は準決勝戦終了後に試合会場にて行う。
組合せ
(財)日本サッカー協会において抽選を行い決定する。

試合結果およびスケジュール

PDFファイルをご覧ください