JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ

トピックス

2014/03/31

2014年度第1回プロフェッショナルレフェリーキャンプを実施

2014年度第1回PRキャンプを実施

3月26日・27日、静岡県清水ナショナルトレーニングセンター(J-Step)にて2014年度第1回プロフェッショナルレフェリーキャンプ(PRキャンプ)を実施しました。
このPRキャンプはプロフェッショナルレフェリー13名(主審10名、副審3名。4月からは副審4名)が参加し、毎月行っています。
このキャンプでは、山岸貴司フィジカルトレーナーの下、審判員のフィジカルトレーニングと、岡田正義・廣嶋禎数両トップインストラクターの下、試合分析を行っています。
今回は、交流プログラムのために来日しているイングランドの審判員も参加して行いました。

インストラクターコメント

岡田正義 トップレフェリーインストラクター
今年から新たな取り組みとしてフィジカルトレーニングと試合分析はインストラクターと1対1で行う形式に変更しました。
その結果、PRはフィジカル面とレフェリングについて自分の弱いところをインストラクターに積極的に求めてくるようになり、より効果的なレベルアップに期待します。
また、全員で行った判定についてのディスカッションでは、イングランドのレフェリーたちからも「判定基準についてはイングランドと日本は変わらない、ディスカッションはとても勉強になった」と発言があり、彼らの真摯なそして積極的な取り組む姿勢が見られました。
今シーズンのPRとイングランドレフェリーたちの素晴らしいレフェリングに期待したいです。

審判員コメント

木村博之 プロフェッショナルレフェリー
今シーズンの初回のトレーニングキャンプがJステップで行われ、審判交流プログラムで来日しているイングランドのレフェリー二名も参加しました。
今回のキャンプは審判員個々のフィットネストレーニングと試合分析を担当インストラクターと個別に行うことで、フィジカル、レフェリングスキル両面において個人の課題に特化して取り組みやすいプログラムでした。
全体でのミーティングでは実際の試合映像を基に判定をするうえでの考慮点(なぜファウルなのか?なぜ警告が必要なのか?など)についてディスカッションを行い、イングランドのレフェリー達とも積極的な意見交換ができました。
一つの事象を多角的に観て分析することは判定する際の判断材料を増やすことにつながります。
シーズン通して様々な事象を検証していきながら、的確な判定とより良いゲームコントロールを追求していきたいと思います。