埼玉

08/10

埼玉スタジアム2002で折り鶴プロジェクト!

8月4日、私たち折り鶴プロジェクトのメンバーは埼玉スタジアムにて折り鶴プロジェクトを行いました!
 

 
この日はJ1リーグ第20節、浦和レッズ対FC東京の試合が行われる日でした。浦和レッズの2012年平均観客動員数はJクラブNo1!それだけでなく、対戦相手のFC東京も2012年平均観客動員数がJクラブNo2というJ1屈指の好カードに多くのお客さんがスタジアムに来ることが予想できました。そこで私たちはこのプロジェクトを成功させるために、事前に何度も会議を行い計画を立て、さいたま市や浦和レッズの協力の下に入場ゲートの近くに特設テントを設け、試合観戦前のサポーターに鶴を折ってもらおうというイベントを実施しました!
 
20120810_s01_02.jpg
 
13時に集合し、机や椅子を設置している間にも続々と現れる赤い服のサポーター。キックオフは18:00、5時間も前から会場入りするレッズサポータにびっくりしました...。
他のブースに迷惑をかけないように呼び込みをしつつ大会の存在をアピール。最初は暑さもあり、なかなか人が立ち止まって話を聞いてくれませんでした。しかしウェットテッシュやパンフレットの配布、さいたま市のキャラクター「ヌゥ」の圧倒的子供人気の力を借りる事でだんだんと話を聞いてくれる人が増えてきました!
 

 
来てくれた人に鶴の折り方を教えるだけでなく、鶴を折る目的や大会の日程、規模を説明しました。すると多くの人が、ただ鶴を折るのではなく選手を応援する気持ちであったり、大会の成功を祈って折ってくれました。気持ちを込めて鶴を折ってくれることはプロジェクトに関わってる立場として本当に嬉しかったです。
最終的には、折るスペースが足りなくなり急遽机を増やすなどといったうれしい悲鳴が出るくらい多くの人が折ってくれました!
応援しているチームの選手が大怪我をした時にたくさん折ったという人や、大会前に千羽鶴を作ったという人もいて、サッカーと折り鶴は意外にも関係が深いんだなとも思いました。
 

 
キックオフ開始の18:00になると人通りも少なくなり、来る人も駆け足でスタジアムへ向かっていくので18:00をもって活動を終了しました。数えきれないほど多くの鶴を折ってもらい、この計画は大成功でした!しかしこの計画も決して私たちだけの力ではなく、さいたま市や浦和レッズ、来てくれたサポーターたちの協力が無ければ成功できませんでした!
 
最後になりましたが、当日の運営に協力してくれた方々、暑い中多くの鶴を折ってくれた方々に、とても感謝しています。ありがとうございました!!
 
 
東京国際大学商学部商学科 細田秀樹