「神戸を訪れる外国チームを応援しよう!」作文最優秀賞決定

兵庫県下の小学生たちに、神戸で行われる試合の出場国4ヵ国についての位置、産業、文化、特色などを調べてもらい、試合当日には事前に作成した手作りの国旗でゴール裏から応援。こうした体験を作文にまとめてもらいました。たくさん集まった作文の中から優秀なものをご紹介します。

ワールドカップ開催の成功だけでなく、この大会を契機としたその国の発展・サッカーの普及につながる財産を残します。 -Legacy Programme-

平田 葵ちゃん 「わたしのしょうらいのゆめ」

葛西 航太くん 「イタリアがんばれ」

葛西 翔真くん 「初めて目にしたワールドカップ」

久保 畝樹くん 「がんばれニュージーランド代表」

久保 美萌菜ちゃん 「がんばったねニュージーランドU-20」

坂本 葵ちゃん 「なでしこジャパンになりたい」

信長 蕉磨くん 「国のことがよくわかった」

村上 遼真くん 「ガンバレ!ニュージーランド!!」

迫田 希琉くん 「女子U-20ワールドカップ」

齋藤 稜介くん 「女子ワールドカップのおうえんにさんかして」

塩田 陸人くん 「ニュージーランドの人々」

これらの作品は日本サッカーミュージアムに展示をされております。


作品制作中のブログはこちらから

作品制作中のブログはこちらから

趣旨

大会が行われることについて、大会開催の財産を神戸に遺すための兵庫県サッカー協会主催企画。

対象試合

2012年8月26日(日)16時20分キックオフ マッチ17
イタリア VS ナイジェリア

同日 19時20分キックオフ マッチ19
メキシコ VS ニュージーランド

内容

兵庫県下の小学生にあらかじめ対象の4ヵ国についての位置、産業、文化、特色などを調べることで、訪問国への理解を深めるために実施。
さらに、応援する国の国旗を手作りで作成し、試合当日ゴール裏で、その国旗を使用し、本国から来られない方々の代わりに応援しました。
また、試合当日までのこの体験を400字詰め原稿用紙1〜2枚程度に作文としてまとめ、ご提出頂いた中から、本大会実行委員長が選考のうえ、最優秀者を決定しました。