JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

お問い合わせ/サッカーQ&A

Vゴール方式ってなに?

日本ではVゴール、国際的にはゴールデンゴールと呼ばれていたもので、90分間で勝敗が決しなかった場合、延長戦においてどちらかのチームが得点した時点で試合が終了となり、得点をあげたチームが勝者としていたものです。

Jリーグが開幕する前は、サッカーはあまり人気がありませんでした。その理由として、なかなか点が入らないこと、引き分けが多いことがその理由の多くを占めていました。Jリーグ発足にあたり、引き分けをなくして劇的なゴールシーンをつくることで多くの人々にサッカーに関心を持ってもらおうと、FIFAの許可を得て、延長Vゴール方式を採用することとしました。リーグ戦でVゴール方式を取り入れたのは日本(Jリーグ)が世界で初めてですが、サッカーの浸透度や引き分けの価値が認知されたこともあり、J2リーグでは2002年に、J1では2003年から廃止されました。

サッカー全般

お問い合わせTOPへ戻る