JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/11/01

Jエントリープロジェクト(新登録システム構築:KICKOFFリニューアル)操作研修会を実施

システムリリース遅延により、本記事での記載内容が実現されない可能性があります。 Jエントリー特設サイトにて最新情報をお伝えしているのでご参照ください。

詳しくはこちら

Jエントリープロジェクト

2014年4月1日より登録システム(KICKOFF)が新しくなります!これに伴って、全国都道府県の事務局、登録担当者に向けた研修会を10月18,19日(1泊2日)に実施しました。審判、指導者カテゴリーのために委員会の皆様にもご参加頂いた県もありました。
今回は100台のノートPCを準備して、実際の画面をみながら、個々の画面イメージと操作の流れを試して頂くことを主体に、システム切替に向けたスケジュール感なども含め情報共有させて頂きました。
大変多くの皆様にご出席頂き、活発な意見交換を行うことが出来ました。

本研修会で使用した資料は都道府県事務局及び各委員会を通じて順次展開される予定です。
今後はこのようにJFA公式ホームページでも、新KICKOFFに関して出来るだけ多くの情報を提供して参ります。

新しいKICKOFF

新しいKICKOFFを開発するにあたって、現行のシステムの仕組みや現行システムの問題点を分析することからスタートしました。都道府県協会へのヒアリング、登録関連窓口への問い合わせ内容分析の結果、現在のKickOffの仕組みを踏襲することが、使いやすいシステムへの近道であると判断し開発を進めています。その原則の上で「電子登録証の導入」や「ID管理基盤の構築」など新しい仕組みを取り入れて改善していくことを目指しています。中でも、「JFA ID」という統合IDは、今まで分断されていたカテゴリー毎のシステムを1つにして使えるようにする非常に重要な取り組みです。

JFA ID

新しいKICKOFFでは、新たに「JFA ID」を取得することでシングルサインオン(※)が可能になります。JFA IDとは個人を識別するためのIDで、すでに登録している利用者はJFA IDと自身の登録番号をひも付けることで、指導者や審判など保有資格に応じた機能が利用できるようになります。複数の資格を有する登録者は、カテゴリーごとにIDとパスワードを管理する煩雑さから解放されます。JFA IDは新しいKICKOFFに限らず、今後JFAが提供するITサービス全般と連携を図り、シングルサインオンを実現できる重要な仕組みです。

JFA IDの詳細は下記JFA登録便りをご参照ください。

新しいKICKOFFの開発プロジェクトは下記JFAnews 10月号抜粋をご参照ください。


※シングルサインオンとは、「ユーザが一度認証を受けるだけで、許可されているすべての機能を利用できるようになる」ことを意味します。通常、インターネット上の複数サービスを使う時には複数回ログインが必要ですが、シングルサインオンが可能な場合1回のログインで他のサービスを利用可能になるため何回もログインを繰り返す手間を省けます。