JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ 2011.4.9-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ

チーム紹介

■TEAM PROFILE
北海道で唯一のJリーグのアカデミーとして「クリエイティブな選手の育成」と「豊かな人間性の育成」をコンセプトに活動をしています。冬場に、室内や雪上のトレーニングで積み重ねた成果をグラウンドで表現したいと思います。チームは、全員がアラートに攻守にかかわり、切り替えの早いサッカーを目指しています。プレミアリーグでは、チャレンジャーとして一戦一戦、勝負にこだわって上位を目指し、北海道のサッカー界を盛り上げられるように頑張ります。
■監督コメント
震災で被災された方々に、少しでも希望や感動を与えられるような、ひたむきなプレーをお見せしたいと思います。
■代表選手コメント
永井 晃輔
今年から始まるプレミアリーグで、私達の目標である優勝を目指して頑張ります。宜しくお願いします。

選手紹介

→第7節~第12節追加登録選手


チーム紹介レポート text by 安藤隆人

コンサドーレ札幌U-18

コンサドーレ札幌U-18
近年にないほどの充実の戦力を誇っていると言っていいだろう。今年のチームには多くのタレントがひしめき合っている。さらに昨年のメンバーからレギュラー3人が抜けただけで、ほぼ全員が残っていることも強みだ。
「14~15人はだれが出ても変わらない戦力となっている」と四方田修平監督も手ごたえを見せているように、注目選手がスタメンにずらりと並ぶ。

攻撃陣から目を向けてみると、FWには長身ストライカーの下田康太と、馬力があり、得点力も高い汗かき屋アタッカーの鈴木貴大の個性の違う2トップが君臨。下田は身体能力の高さが魅力で、強烈なシュートで相手を射抜く破壊力を持っている。時には、『ターボ』の異名をとるほど、馬力があり、スピードと運動量を駆使したドリブルを果敢に仕掛ける突貫小僧・榊翔太をFWに置き、鈴木と『馬力と運動量の突貫2トップ』を組むバリエーションもある。
中盤はトップチームに帯同する機会が増えてきたパスセンスに秀でた荒野拓馬と、U-17日本代表の深井一希のダブルボランチコンビが攻守の要となる。荒野はパスセンスがウリだが、今年はフィジカルが増し、中盤でのつぶしや空中戦でも強くなった。深井も代表で経験を積んでおり、このダブルボランチコンビは全国屈指と言っていいだろう。

両ワイドにはこれまた特徴を持った選手が揃う。左のアタッカーにはドリブラーのMF前貴之か榊が入り、右のアタッカーには卓越したボールコントロールと広い視野でゲームメイクできる、MF神田夢実が構える。剛の左に柔の右。この両MFを強力援護するのが、今年のチームの生命線となる両サイドバックだ。
右の小山内貴哉は超攻撃的サイドバックで、豊富な運動量を生かした激しいアップダウンで、神田が中に絞ってプレーすることでできたスペースを果敢に上がっていく。左の堀米悠斗は小柄だが、フィジカルに優れ、ボランチもこなせる高い守備能力を誇る。加えて突破力も併せ持ち、豊富な運動量を駆使して、ぐいぐいと前に行く榊や前を強力サポートする。左と右でバランスが取れているのが強みで、彼らが繰り出すサイドアタックは、チームの強烈な武器となる。

そして、チームにより安定感をもたらしているのが、CB奈良竜樹の急成長だ。「今年は凄く安定している。昨年は空中戦に不安定さがあったが、新チームになってからほとんど競り合いで負けていない。精神的に成長してきた」と四方田監督も目を細めたように、今や最終ラインで強烈な存在感を放つ。
昨年の彼はどちらかというと壁と言うより、キックでゲームを組み立てるイメージが強かったが、今年に入りフィジカルが一回りたくましくなり、最終ラインの制空権を完全に制圧。どんな長身FWが相手でも競り勝ち、こぼれ球を主将のCB永井晃輔、運動量豊富なサイドバック、中盤の選手が拾って、素早く攻撃につなげていく。彼の存在が全体的に攻撃的なチームに抜群の安定感をもたらしている。

「今年は大崩れしないチーム。どこと試合をやっても互角と言うか、主導権を握れる試合ができると思う」。 四方田監督の自信は本物だ。北の大地のタレント集団が、一気にプレミアリーグイーストを席巻する。今リーグの優勝候補筆頭であることは間違いない。