JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ 2011.4.9-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ

チーム紹介

■TEAM PROFILE
JリーグのFC東京の下部組織、U-18のカテゴリーとして、トップチームで活躍できる選手、ならびにサッカー界に貢献できる選手の育成を目指し、日々活動しています。全国の強豪が揃う初のプレミアリーグに出場できることをスタッフ、選手一同喜んでおります。「切り替えの早い、全員攻撃、全員守備のサッカー」をモットーに、最後まであきらめずに全力で戦っていきたいと思っております。本リーグを通じて、選手達がすばらしい経験を積み、人として選手として、より大きく成長してくれる事を期待しています。
■監督コメント
激しく厳しい戦いが続くと思いますが、どんな時でも勝負にこだわり、決して諦めない強いスピリットを持ち、チーム全員で頂点をめざしたいと思います。
■代表選手コメント
山口 泰志
一戦一戦、勝ちにこだわり優勝目指して、全力でぶつかりたいと思います。

選手紹介

→第7節~第12節追加登録選手


チーム紹介レポート text by 安藤隆人

FC東京U-18

FC東京U-18
今やJクラブユースきっての強豪チームとなったFC東京U-18。倉又寿雄監督の下、高い技術を持った選手たちが、高校サッカー顔負けの最後まで走りきるサッカーを展開し、毎年安定した強さを誇っている。

今年のチームは核となるはずだったボランチの橋本拳人が、トップチームでの活動が多くなり、不在となることが多い。加えてU-17日本代表のMF野沢英之も、6月に控えたU-17W杯の関係で、チームを離れることが多くなり、ダブルボランチが不在という厳しい条件下での試合が多くなる。
だが、「この2人がいないことを想定してチームを作っている。2人がいないからこそ、選手一人ひとりが、やらなきゃという刺激を受けて、高い意識で取り組めている」と、倉又監督は想定内のこととして受け止めている。

それでも不在の穴は現時点では大きい。開幕戦となった第二節の浦和レッズユース戦では、野沢がベンチスタートとなった前半に、浦和ユースの早い仕掛けの前に劣勢に立たされ、先制を許す苦しい展開となった。
後半、野沢を投入し、中盤でボールの収まりどころが出来たことで、一気にボールが回りだし、左サイドの岩木慎也、右サイドの福森健太の突破力を生かした、得意のスピーディーなサイドアタックから、怒涛の3ゴールを挙げて、逆転勝利を飾った。
続く清水ユース戦では、橋本が帰ってきたが、野沢がU-17日本代表の海外遠征で不在。清水ユースの徹底したマンツーマンディフェンスと、鋭いカウンターに苦しみ、0-2の敗戦を喫してしまった。

2人の存在感の大きさが浮き彫りになった2試合。だが、ユース年代のエキスパートとも言える倉又監督のぶれない方向性がある限り、徐々にその穴も小さくなっていくだろう。倉又監督のサッカーは、冒頭で述べたように、技術が高くて、かつ一人ひとりが最後まで走りきるサッカー。今は走りきる土台を作っている作業であり、真価はこれから見えてくる。

チームの生命線となる両サイドは、今年も非常に面白い。左の岩木は個人技があり、ドリブルのキレはチーム随一。彼の果敢な仕掛けからのクロス、思い切ったシュートはチームの大きな武器となっている。反対の右サイドはテクニシャンの福森と、攻撃的サイドバックの吉田一彦のコンビが魅力だ。福森が中央にポジションを移しながら、吉田のオーバーラップを引き出す。これがはまれば、左と同等の破壊力をもたらす。そしてFW岩田拓也は積極的な仕掛けが武器のストライカーで、まだ(2〜5節終了時点)ゴールは生まれていないが、彼が結果を残し始めれば、チームは一気に活気付くだろう。

守備面でも小林聖弥と石原良将のCBコンビ、コーチングが光るGK谷俊勲のコンビネーションと、ボランチに入るキャプテンの山口泰志の献身的な動きがもっとマッチしてくれば、攻撃的なチームを支える強固な壁となり、持ち前の攻撃力をより引き出してくれるはずだ。

チームはまだまだ進化の途中にある。試合が立て込む夏場にこそ、彼らの本領が発揮されるだけに、これからさらにその存在は脅威となっていくであろう。