JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ 2011.4.9-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ

チーム紹介

■TEAM PROFILE
浦和レッズユースは、プロのトップチームで活躍できる選手、世界に通用する選手を輩出することを大きな目標に、高い技術と戦術、フィジカルを持った闘える選手の育成、選手個々の個性、特徴を伸ばすという方針で指導にあたっています。またチームとして攻守の切り替え、運動量、球際の強さ、コーチングの4つをベースに、相手よりも強い気持ちと誇りを持って闘うことをテーマに、観ている方々に感動を与えられるようなサッカーを目指しています。
■監督コメント
新たに始まったこの1年間のプレミアリーグ戦を戦う中で、選手個々が成長し、レベルアップすることを期待します。
■代表選手コメント
野崎 雅也
浦和レッズの誇りを胸に、チーム一丸となり優勝目指してがんばりますので、応援よろしくお願いします!

選手紹介

→第7節~第12節追加登録選手


チーム紹介レポート text by 安藤隆人

浦和レッズユース

浦和レッズユース

今年も昨年同様に、【4-1-2-3】の布陣を敷き、最終ラインから丁寧にボールをつなぎながら、サイドバックの積極的なオーバーラップと、前線の個の力を生かした、スピーディーな攻撃サッカーを展開する。

核となるのが、2シャドーの一角もしくは左FWの矢島慎也と、右FW鈴木悠太の2人だ。
矢島は視野が広く、キープ力もあり、攻撃の起点となれる選手。攻撃的なポジションならどこでもこなせる器用さを持ち、彼がボールを多く触ることが、チームの攻撃を活性化させる大きな鍵となる。鈴木は突破力があり、切れ味鋭いドリブルで左右両方から鋭い仕掛けが出来るのが強み。左FWに入る矢島か堀田稜とポジションチェンジを繰り返しながら、相手の守備の隙を突けるインテリジェンスの高い選手だ。

彼らを軸に、ターゲットマンとなるセンターフォワード高田拓弥、攻守のバランスを司るアンカーの野崎雅也が、どこまで機能できるかが鍵となる。ボールを奪ったら、中盤でのポゼッションから、クサビを高田に当てて、一気に両ワイドと2列目が飛び出してくるだけに、この2人の出来がチームの行く方を大きく左右する。

守備面では、寄特直人と小出啓太の不動のCBコンビと、左サイドバックの佐藤大介と右サイドバックの新井純平の顔ぶれで、攻撃的なチームを支えている。中でもU-17日本代表の新井は、ダイナミックな動きで、右サイドを激しくアップダウンする攻撃的サイドバック。彼が高い身体能力を生かし、サイドアタックの一端を担うだけでなく、守備力も高く、持ち前のスピードは攻守において大きな効力を持つ。新井が代表で不在のときは、西山航平が入ることが予想されるが、彼も昨年から存在感を発揮しており、大きな戦力ダウンにはならないだろう。最後の砦には、抜群の反射神経でビッグセーブを連発するGK三上綾太がおり、全体的に穴のない布陣となっている。
ここに守備力の高いMF岸伯富実、高さがありFWでもCBでも起用できるDF西袋裕太などが途中から入って、更なるアクセントを加える。

「選手主導で個々のいいところを引き出して、ゲームを自分たちで組み立てる。意図したゲームが作れるようにしたい」と堀孝史監督が語ったように、選手たちが試合の中で考え、自分たちの攻撃力を生かしていく活路を見出していく。ツボにはまったときの攻撃力はすさまじいだけに、どこまで自分たちのペースに引き込める試合を増やせるかが、優勝へのポイントとなる。