JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ 2011.4.9-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ

チーム紹介

■TEAM PROFILE
名古屋グランパスエイトの育成組織として、Jリーグのみならず、世界で活躍できる選手の育成を主眼におき、サッカーを通して社会で活躍できる人間性豊かな人材育成を目的としています。2011年TOPチームが優勝をし、一人でも多くの育成組織出身者が増えるよう日々活動しております。
■監督コメント
攻撃的なサッカーを目指し、アグレッシブに挑戦していきたいです。ネバーギブアップの精神を忘れず、チャンピオンを目指して闘いたいと思います。
■代表選手コメント
奥山 政幸
アグレッシブなサッカーを展開してプレミアリーグ初代王者を目指してチーム一丸となって闘います。

選手紹介

→第7節~第12節追加登録選手


チーム紹介レポート text by 安藤隆人

名古屋グランパスU18

今年のチームは全学年に満遍なくタレントが揃った。基本布陣は【4-4-2】。今年の看板と言えるのが、2トップにある。重心が低く、スピードとクイックネスに長けた切れ味鋭いドリブルで、密集地帯をかいくぐっていく3年生ストライカー・高原幹と、オフ・ザ・ボールの動きとボールコントロールに長けた1年生ストライカー・北川柊斗。

高原は昨年の夏に右ひざ前十字靭帯断裂の大怪我を追い、長期離脱を強いられたが、2月に戦列に復帰。リハビリ中に上半身の筋力アップなど、肉体改造に着手し、多少の当たりには負けなくなった。
北川は昨年、中学3年生ながら、名古屋グランパスU18に帯同し、日本クラブユース選手権、高円宮杯全日本ユース(U-18)に出場。U15でも高円宮杯全日本ユース(U-15)で得点王に輝き、優勝の立役者になるなど、2つのカテゴリーで大きな存在感を放った。2人の共通点はシュートがうまいこと。密集地帯でのドリブル突破や裏に飛び出してのシュートの精度が高く、決定力がある。


この2トップを支える中盤も粒ぞろいだ。水野泰輔と奥山政幸のダブルボランチは、テクニックとパスセンスに秀でたナンバー10の水野が司令塔となり、CBからコンバートされた対人に強い主将の奥山が、守備の急先鋒としてアタッカー陣をサポートする。右MFの都竹俊優のスピードに乗った突破も、チームの大きなアクセントになっている。
ここにグランパスU15で北川と2トップを組み、抜群の破壊力を誇っていたFW森勇人も注目選手の一人。アビスパ福岡U-18との開幕戦では後半途中から出場したが、先発起用も十分に考えられる逸材だ。


守備面ではハーフナー・マイク(甲府)の弟であるハーフナー・ニッキと、川本拓也のCBコンビが軸となる。2年生のニッキは190cmを超える長身を誇り、空中戦には絶対の自信を持つ。3年生の川本はカバーリングに長け、ビルドアップの中心になる。


指揮を執るのは、昨年まで名古屋グランパスU15の監督を務めていた高田哲也監督。北川、森らタレント揃いのルーキーたちと共に、U18にやってきた形となった。高田監督のサッカーはピッチを広く使ったアタッキングサッカー。
「中盤をコンパクトにして、ボールを持ったらピッチを広く使って、そこから前に出て行くことを徹底している」と語るように、ボールサイドの逆サイドのサイドハーフ、サイドバックは必ず1枚はワイドに開き、奥山と水野の正確なサイドチェンジから、一気に切り崩し、最後は強力2トップがゴールを仕留める。


開幕戦こそ、後半に中盤が間延びし、アビスパに敗れたが、各学年のタレントががっちりとかみ合えば、今リーグでも十分に優勝を狙える存在であることは間違いないだろう。