JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ 2011.4.9-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ

チーム紹介

■TEAM PROFILE
京都サンガF.C.の育成組織として、一貫指導のもと≪トップチームや世界に通じる選手の育成≫、また≪人間性も兼ね備えた「心技体」全てに優れた選手の育成≫を目標に日々活動しています。本年より開催されるこのような大会に参加できることを光栄に思うとともに、この大会を通じて、多くの方々に「感動」を与えられるような試合を展開していきたいと思います。
■監督コメント
長丁場の真剣勝負の中でチームとして成長し、サッカーができる喜びを感じながら全力で戦いたいと思います。
■代表選手コメント
高橋 祐治
目標の日本一を達成するために、全員が「強い気持ち」と「感謝の気持ち」を持ってプレーしたいと思います。

選手紹介

→第7節~第12節追加登録選手


チーム紹介レポート text by 安藤隆人

京都サンガF.C.U-18

京都サンガF.C.U-18

今リーグで優勝候補のひとつと言っていいだろう。今年のチームは、各ポジションに核となる選手がおり、隙のないチームに仕上がっているからだ。
本来、このチームのエースストライカーだった久保裕也は、春先にトップチームに昇格すると、驚異の得点ラッシュで、たちまちトップチームのエースストライカーにまで急成長を遂げた。久保がいなくなったことで、チーム力が落ちるかと懸念をされたが、「大会2日前に久保のトップ昇格が決まったけど、誰が抜けてもやっていけるようにトレーニングをしてきた。久保が抜けても、すぐに1年生FWの田村亮介が台頭してきたし、1,2年生と3年生がうまくかみ合って、成長してきている」と、本田将也監督が語ったように、タレント集団には彼の穴を埋める人材が揃っていた。

核となるのが、185㎝で空中戦に強いDF高橋祐治と、カバーリングと対人能力に優れたDF國領一平のCBコンビ、192㎝の大型MF佐藤光恭と中盤のコントロールタワー・原川力のダブルボランチ、そして190㎝のFW三根和起のセンターラインだ。共に高さと技術を誇り、陸空から攻め込めるのが強みだ。そしてサイドにはチャンスメーカーのMF久永翼がおり、3年生がチームの屋台骨を構築する。
ここに楽しみな1,2年生がアクセントを加える。左サイドバックには179㎝の2年生・齋藤隆成が入り、左アタッカーにはこちらも179㎝の1年生MF樋口総が入って、左サイドの攻撃を司り、前線には田村が、三根と抜群のコンビネーションを見せている。
樋口、田村のほかにも、右サイドバックを務める松川宏二、MF清水航輔、DF瀬戸口大智と、昨年の高円宮杯全日本ユース(U-15)の準優勝メンバーである1年生がチーム力の底上げに貢献している。

「1年生が頑張れるのも、3年生がしっかりとしているから。特に原川と高橋はボールをしっかり持てるし、パスも出せて、この2人が攻撃を組み立ててくれる。その上で、全員がちゃんとポジションを取って、つなぐ意識を持ってサッカーが出来ている」(本田監督)。
原川と高橋が時間を作り、全体を見渡して攻撃の方向性を作りだし、それに全体が呼応する。三根と佐藤は長身だが、足元の技術がしっかりしており、クサビをしっかりと足元で受けて、サイドや2列目に展開できるし、共に前線に飛び出して決定的な仕事もこなせる。さらに久永はドリブラーで、個でも突破が出来るし、田村はスペースを突くのがうまい。2つの起点から、個性的なアタッカーがゴールを陥れるパターンは、分かっていても止められない破壊力を持つ。

「これからは3年生もトップ帯同や年代別代表でいなくなることが出てくると思うので、どんどん1,2年生を使って競争をさせたい。特に原川が抜けたことを想定してやっていく」。
才能ある選手はトップへ行く。この流れを受け止め、よりいい形でトップに選手を送り込み、かつチームとしての力を維持するためのプランが、本田監督の頭の中には明確に描かれており、今後多くのタレントの台頭が期待できるだろう。