JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ 2011.4.9-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ

チーム紹介

■TEAM PROFILE
プレミアリーグに参戦させていただけることを大変光栄に思います。チームコンセプトは攻守の切り替えの速さとバランス、ドリブル突破と個人技を生かした創造性豊かでテンポの良い攻撃、粘り強い守備です。素晴らしい環境の下、厳しいゲームを通じて選手もチームもさらに成長できるよう全力で戦います。
■監督コメント
栄誉ある本リーグでの一瞬一瞬を部員全員が心に刻み、これからの人生に生かせるものにしたい。
■代表選手コメント
稲葉 修土
飛びぬけた選手はいませんが、それぞれ自分の能力を100%発揮し、“揺るぎない全員サッカー”で全力で戦い、成長していきたいと思います。

選手紹介

→第7節~第12節追加登録選手


チーム紹介レポート text by 安藤隆人

立正大湘南高校

立正大淞南高校
今年は悔しさの連続だった。昨年のメンバーがごっそりと抜け、春先から厳しい戦いを強いられたが、その中でも選手個々が成長し、中断期間中に行われたインターハイでは、全国ベスト4に入った。しかし、リーグ後期は5敗2分と勝ち星が挙げれず、2節を残して、来期のプリンスリーグへの降格が決まってしまった。 苦しみながらも必死で戦っていた彼らに試練は再び訪れた。第90回全国高校サッカー選手権大会島根県大会準決勝で、大社高校に0-2の敗戦。選手権を最大目標にやってきていただけに、この結果は大きな衝撃だった。

彼等にとって残された試合はこのリーグの2試合のみとなってしまった。モチベーションをどう保って行けるか。非常に難しい2試合になることは間違いないが、このチームは「リスクを恐れずどんどん仕掛けて行くこと」(南監督)がモットーであり、伝統となっている。ショックが続き、メンタル的には苦しいが、最後までやりきれる強さを彼らは持っている。

 

サッカーの内容は決して悪いわけではない。第15節の首位を独走する広島ユース戦では、会心の試合を見せてくれた。ワンボランチの稲葉修土を中心に、左サイドの高速ドリブラー・椋木健太、トップ下の斉藤諒也、抜群の身体能力を誇るFW林大貴と、スピードのあるFW西村勇太のツートップが、リスクを恐れずに何度もゴール前に迫った。守備面でも前線から足を止めることなく果敢にプレスを仕掛け、CB甲斐健太郎が束ねるDFラインと連動して、相手に自由を与えなかった。

36分に左サイドを突破した椋木の折り返しを、ニアサイドで林がダイビングヘッドシュートを突き刺して先制すると、後半は広島ユースの猛攻にさらされながらも、必死で耐え凌ぎ、隙を見ては全員攻撃を仕掛けた。ロスタイムの3分が終わる寸前に同点ゴールを浴び、1-1のドローとなってしまったが、彼等の見せた勇猛果敢なサッカーは非常に素晴らしかった。

 

「椋木と稲葉は全国レベルの選手。他の選手も成長している。苦しい戦いが続くが、プラスになることはあっても、マイナスになることはない」と南健司監督が語るように、選手たちの能力は低くないし、自分たちのサッカーに誇りを持って貫く精神を全員が持っている。結果はなかなか出ず、苦汁を飲まされているが、この経験は非常に大きなものになっていることは間違いない。 加えて、甲斐、MF浦田雅之、林はまだ2年生。来年に向けても残り2試合を全力で戦い抜く心づもりだ。