JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ 2012.4.15-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ

ニュース

12.05.15 【第6節】チームコメント

 

EAST

■コンサドーレ札幌U-18 vs 静岡学園高校

結果 20

コンサドーレ札幌U-18:四方田修平 監督

中断前のゲームで、気持ちを込めて闘う事ができた。攻守ともに主導権を握る事ができたが、決めるべきところで決めないと今後厳しくなる。しかしハードワークで完封できたのは良かった。

静岡学園高校:川口 修 監督

主導権を握られる時間が長く、ディフェンス面で我慢する時間が多かった。ボールを奪った後の次のパス、ドリブルのミスが多く、攻撃で良い形が少なかった。今後は奪った後の次のプレーの質を上げていきたい。

 

 

■青森山田高校 vs 東京ヴェルディユース

結果 0-2

青森山田高校:黒田 剛 監督

今日のゲームは総合力という点においては相手の方が1枚も2枚も上手という中で、選手達は80分まではパーフェクトなゲームをやってくれた。チャンス所で得点できなかったのが厳しかったが、得点できていればまた違った結果になっていたと思う。ヴェルディの選手達は一人ひとりの技術が高く素晴らしいチームであった。次のインターハイに気持ちを切り替えたい。

東京ヴェルディユース:富樫 剛一 監督

素晴らしい雰囲気の中、難しい試合を戦えて良い経験になったと思います。いかに失点をしないで試合を進めていけるかがポイントだったと思います。これからの選手の成長に期待します。

 

 

■流通経済大学付属柏高校vs 旭川実業高校

結果 50

流通経済大学付属柏高校:高橋 隆 コーチ

前半は疲れがあったのか固さがあり、ロングボールが多く、外を取ることが狙いだったがうまく取れなかった。後半に入りボールを動かしながらうまく外を取れた事が勝因。ただ、攻守の切り替えが遅く、シュートを打たれるシーンがあったので今後の改善点として取り組みたい。

旭川実業高校:富居 徹雄 監督

後半、2点目の失点から立て続けに失点をした事は改善しなければならない。全体の判断の速さは初戦から良くはなっているが、イージーミスがゲームの中で多くそこから失点につながる場面が多いので改善をしていきたい。

 

 

■浦和レッズユース vs 鹿島アントラーズユース

結果 01

浦和レッズユース:茂野 聡士 

前線にボールを蹴らさないようにして、セカンドボールを拾おうとしていたがミスパスやコントロールの精度といった部分でハイプレスをかわしきれなかった。ピッチ内で選手達がコミュニケーション、リーダーシップを取っていくことも今後の課題となる。

鹿島アントラーズユース:キッカ 監督

今日の試合、我々は勝利することができたが、正直どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思う。そんな難しい試合に勝てた要因は「集中力」にあったと思う。我々のチームは最後までベンチメンバーを含め高い集中力を保てたことが大きかったともう。

 

 

■清水エスパルスユースvs三菱養和SCユース

結果 40

清水エスパルスユース:大榎 克己 監督

早い時間に選手点が取れたので、自分たちのペースでゲームが運べた。あいてが退場者を出し、10人になったことでリトリートしてブロックを形成してきた。それに対する崩しには課題が残った。

三菱養和SCユース:生方 修司 監督

立ち上がり早々に退場者を出してしまったことで苦しい試合展開にしてしまった。相手の個の強さに加え、チームとしても質が高く、相手を上回るものが何もなかった。

 

 

 

WEST

■セレッソ大阪U-18 vs ヴィッセル神戸U-18

結果 26

セレッソ大阪U-18:大熊 裕司 監督

前半は相手にボールを自由に持たせて、相手に主導権を握らせてしまった。1試合を通して、自分たちの目指すサッカーができず非常に残念なゲームでした。11つのプレーの質を上げていく為に、日々高いレベルでトレーニングに取り組んでいこうと思います。

ヴィッセル神戸U-18:野田 知 監督

試合の入りは良かったと思うが、前半の終わりには少しバタついた。シンプルにプレーする時間を増やせばチャンスも作れると思うので徹底していきたい。

 

 

■富山第一高校 vs 岡山県作陽高校

結果 21

富山第一高校:大塚 一朗 監督

インターハイ前の大事な試合、連戦の中コンディションは良くなかったが、全員が集中して良く戦った。この流れをインターハイでも続けたい。

 

 

■東福岡高校 vs アビスパ福岡U-18

結果 01                      

東福岡高校:森重 潤也 監督

福岡ダービーとして勝ちたかった。前半、決定機を決め切れなかったことが悔やまれる。次戦まで時間があるので課題を修正したいと思う。

アビスパ福岡U-18:財前 恵一 監督

福岡ダービーという事で選手は少し硬かったが、最後まで集中して頑張ってくれたと思う。後半は良い攻撃ができていたので、前半からも出来るように修正していきたい。

 

 

■名古屋グランパスU18 vs サンフレッチェ広島F.Cユース

結果 02                      

名古屋グランパスU18:髙田 哲也 監督

立ち上がり受け身になってしまった。前半の途中から挽回できたがミドルサードでの組み立て、展開に課題が残った。7月までに修正して前期をしっかり戦いたい。

サンフレッチェ広島F.Cユース:森山 佳朗 監督

本当に厳しいゲームだった。早い時間帯に得点できたものの、その後攻めあぐね、押し込まれる時間も長かった。その中で3バック+中盤の選手達が最後まで集中を切らさずよく相手の攻撃を0点に抑えてくれた。GKを含めた守備陣の成長を感じる事の出来たゲームとなりました。

 

 

以上

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る