JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ 2012.4.15-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ

チーム紹介

アカデミートップ

http://www.cerezo-sportsclub.or.jp/academy/


■TEAM PROFILE
これぞ大熊流。勝利よりも大事なもの
【プレーの幅を広げる】
 プレミアリーグ参戦初年度は下級生主体の若いチームながらもWESTで3位に入り、勢いそのままにJユースカップでは準優勝を果たした。2年目の今季は優勝への期待も高まるが、大熊裕司監督は「結果よりも選手をトップチームに上げるほうが大事。去年はトップ昇格者が一人もいなかったので、今年はトップの編成に関係なく、“上げたい”と言われるような選手を育てたい」と信念を貫く構えだ。
 そんな言葉を具体化するように、勝負だけにこだわるような戦い方は採用しない。昨季と同じく“ボールを大事につないで攻撃的に”というトップと同じスタイルをあくまでも貫く姿勢だ。
 その中で、大熊流といえるのが“攻守両面に動ける選手を育てる”という点だ。「現代サッカーは守るだけ、攻めるだけの選手ではいけない」と話すように、去年はエースの南野拓実がボランチ、サイドハーフの小暮大器が右SBで起用され、プレーの幅を広げ、大きな成長を見せた。今年も速さが武器のアタッカー平田翔が左SB、左SBでの起用が多かった岡田武瑠がサイドMFでの起用される見通し。大熊監督も「プレーの幅が広がるとサッカー選手として大きくなれる。そのために必要な要素を伸ばしてほしい」と選手たちに期待を寄せている。
【小さくない上積み】
 そんな思いに応えるように南野、小暮、岡田、丸岡満の4人が今年春にトップのキャンプに参加。トップチームのセルジオ・ソアレス監督からも高い評価を得て、自信を付けた。
 さらに、Bチームで着実に成長を遂げたMF竜田貴弘らに加え、1年生MF高田和弥、前川大河らの評価も高く、激しいレギュラー争いがチームの良い刺激となり、成長を加速させている。
 守備でも最終学年を迎え、精神的な成長を見せるDF永田慎二、藤原雅斗に加え、昨年は負傷で戦列を離れることが多かったボランチの秋山大地がコンディションを上げており、チーム全体の上積みは大きい。「積み上げてきたものがいい形になってきた。チーム全体にまとまりが出てきたし、ボールを持つことがどれだけ重要か、だいぶ伝わってきたと思う。状態は良いので、さらに質を上げていきたい」と大熊監督も手ごたえを話す。
 チームカラーであり、チーム名の由来でもある桜は育つ環境が良ければ年月を重ねても華麗に花を咲かす。今年の桜は一段と大きな花を咲かせるかもしれない。

選手紹介