JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ 2012.4.15-
高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ

チーム紹介

ユーストップ

http://www.sanfrecce.co.jp/under/youth.html


■TEAM PROFILE
不撓不屈。折れない心は今季も健在
【攻撃力はリーグ屈指】
 サンフレッチェ広島F.Cユースは前回王者として2年目のプレミアリーグを迎える。昨季は得点も失点もリーグトップの成績。14勝2分2敗でWESTを制し、EASTの覇者・コンサドーレ札幌U-18と対戦したチャンピオンシップに3-1で勝利して初代王者に輝いた。
 トップチームと同様の[3-4-2-1]システムを採用して毎年攻撃サッカーを作り上げている広島は、今季も抜群の攻撃力を誇るチームになりそうだ。昨季から1トップを務めてきたハイレベルなテクニックとスピードを併せ持つ越智大和が最前線に張り、トップ下には末廣浩暉、宮原和也、浅野間勝仁ら粒ぞろいのタレントがそろっている。昨季からコンビを組んできた主将の平田惇と2年生の川辺駿のボランチコンビも充実の一途をたどり、野口翼や上村佳祐らサイドアタッカーが攻撃に厚みを加えていく攻撃陣は、森山佳郎監督も「楽しみ」と語るほど。ただ、昨季のチャンピオンシップでMVPを獲得し、U-19日本代表に名を連ねる野津田岳人は今季、トップチームに関わる機会が増えそうな状況にある。1年生からチームの中心を担ってきた男の不在は戦力的に大きなマイナスだ。だが森山監督は「俺が俺がという形で出てきてくれたら」と突き上げを期待しており、平田は「おおいに刺激を受けている」とライバル心を露わにしている。チームにいなくても“野津田”の存在は大きな影響を及ぼしており、今季もリーグ随一の威力と魅力を兼ね備えた攻撃を披露してくれるだろう。
【もう一つの伝統】
 攻撃力には不安がない一方で、昨季のチームから主力がごっそり抜けた守備陣は整備が必要だ。「早く独り立ちできるDFを育てていかないといけない」と森山監督も語るように、DFの台頭が今年のチームの大きな課題になる。もっとも、広島はポゼッションを重視した攻撃型のチーム。DFであれ攻撃力が求められる側面もあり、「3点入れられたら4点返すチームでいく」(森山監督)という代々受け継がれてきた精神がこのチームにはある。
 そして、もう一つの伝統がチームの絆だ。全寮制で寝食をともにする選手たちを熱血漢の森山監督がまとめ上げ、うまいだけでなくハートのある選手育成に取り組んできた。緻密なスカウティング網から集められたタレントが、絶対にあきらめないハートを持って戦う広島は、過去何度も奇跡を起こしてきた。今季も、このチャンピオンチームから目が離せない。

選手紹介