JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
PUMA CUP 2011 第16回全日本フットサル選手権大会

出場チーム

グループA 名古屋オーシャンズサテライト リンドバロッサ バルドラール浦安 ステラミーゴいわて花巻
グループB ボルク北九州 湘南ベルマーレ フウガ東京 シュライカー大阪
グループC ディスダード 名古屋オーシャンズ ファイルフォックス府中 ジョガボーラ
グループD エスポラーダ北海道 カフリンガ東久留米 SWHフットサルクラブ バサジィ大分
グループE ナスパ四日市 ペスカドーラ町田 デウソン神戸 レオン福岡
グループF 府中アスレティックFC D.C旭川FC 広島エフ・ドゥ ディアボーイズ仙台


グループA
名古屋オーシャンズサテライト

ペドロ エンヒケス監督コメント

 若い選手ばかりですが、名古屋オーシャンズ トップチームと同量の練習をしているチーム。互いに尊重し1つにまとまったチーム。

荒川 将太選手コメント

 予選リーグを突破し、代々木競技場で1つでも上を目指し、決勝戦で、名古屋vs名古屋を実現できるように頑張ります。

リンドバロッサ

内田 哲兵監督コメント

 チーム一丸となり関西代表に恥じない試合を展開しFを喰います。

松岡 吉紹選手コメント

 打倒Fリーグです!

バルドラール浦安

岡山 孝介監督コメント

 まだまだ経験の浅いチームですが、Fリーグという厳しいリーグで1シーズン戦ってきたことで少しは成長することができたと思っています。その成果をこの大会でお見せできる様、精一杯戦いたいと思います。

小宮山 友祐選手コメント

 全日本選手権は予選リーグから1試合も負けられない。毎試合が決勝戦のようなもの。1試合1試合全力で戦っていきたい。そして、短期決戦で大切なのは勢い。勢いを付けられるかどうかは初戦がとても大事。初戦で良い試合をして勢いに乗り、過去2大会ベストエイトで負けている悔しさをぶつけ、今大会では優勝できるように頑張りたい。

ステラミーゴいわて花巻

岡田サントスジオゴ監督コメント

 リーグ終盤で、チーム全体が上り調子になってきている。それを維持して、100%の状態で全日本選手権に臨みたい。決勝トーナメントに進めるよう、一生懸命頑張ります。

選手コメント

渡邉 知晃選手:
 リーグ戦では思うような結果が出せなかったので、短期決戦の全日本選手権で良い結果を残したいと思う。短期決戦では、チーム一丸となる事が大事なので、一つになって頂点を目指したい。
須崎 充樹選手
 選手権は優勝してみたい!そのために、一生懸命頑張ります!!

      
グループB
ボルク北九州

小原 崇監督コメント

 Fリーグチームや、全国の強豪チームとの対戦が楽しみです。自分達らしさを出して、全力で闘います!

伊藤 優喜コメント

 チーム結成から選手権初出場ですが九州代表として自分達の持ち味を十分発揮できるようにベストを尽くします。Fリーグ、全国のチームを相手に自分達がどれだけやれるか恐れずチャレンジしていきたいです。

湘南ベルマーレ

小野 直樹監督コメント

 予選ラウンドから簡単な試合はないかと思います。今までチームで積み上げてきた事を発揮して、クラブを支援してくださる方々に恩返しが出来るようチーム一丸となって必死に戦っていきたいと思います。  前回大会はファイナルで惜しくも敗戦しましたが、この歴史ある大会で優勝できるよう頑張ります。

久光 重貴コメント

 地域リーグのチームには、Fリーグクラブとしてのプライドを持って戦っていきたいと思います。カップ戦はチームの結束力が勝敗の鍵を握っていると思います。 一致団結して必死に走り回りたいと思います。ひとつでも多く勝利し、湘南サポーターとともに喜びを分かち合いたいと思います。

フウガ東京

須賀 雄大監督コメント

 観ている方が、一緒に戦っている気持ちになるような試合をし続けて、優勝したいです!

選手コメント

早川 裕樹選手:
 全国のフットサルファンの皆様の楽しみが1つ増えて良かったと思います。地元のファンの為に、必ず代々木に帰ってきます。
関 健太朗選手:
 リカルジーニョのヒールリフトや球乗り全部研究済みです。そうです!また名古屋と戦うんです。
金川 武司選手:
 僕の左足に注目して下さい。

シュライカー大阪

ドゥダ監督コメント

 シュライカー大阪はいくつものカップ戦を制してきたチームでもあり、今回もファンや応援してくださる方も期待してくれているので、再び王座に輝けるよう、全力で戦います。

選手コメント

一木 秀之選手:
 連覇を目指すチャレンジャーとして一戦一戦を集中して大会に臨みたいと思います。
イゴール選手:
 今大会にはとても期待しています。昨年同様の結果が得られるよう、皆さんの応援を待っています。全力で戦いますのでよろしくお願い致します。

      
グループC
ディスダード

稲井 貴弘監督コメント

 本格的に活動して、3年目のチームなので、まだまだですが、大会を楽しんで、勝ちたいです。

森田 潔選手コメント

 このチームは、何か持ってると思うというより、選手が持ってる何かを出せれば、楽しいゲームになると思います。期待してください。

名古屋オーシャンズ

アジウ監督コメント

 勝つために戦います。全力を尽くして優勝します。

北原 亘選手コメント

 Fリーグ王者としてのプライドを持ちつつも、選手権においては挑戦者ですので、チャレンジャー精神を忘れず、一戦一戦を大切に戦っていきたいです。

ファイルフォックス府中

松村 栄寿監督コメント

 久々の関東大会優勝で、チームも更に一丸となって大会に臨むことが出来ると思います。全国大会は4年連続の出場となりましたが、当面の目標は1次ラウンド突破、何としても代々木に帰ってきたいと思います。

選手コメント

長尾 龍選手:
 チームの力を100%出し切って、関東地域第一代表の名に恥じないプレーをして東京に戻ってきたいと思ってます!
北 智之:
 出てる選手も、出てない選手も、スタッフもサポーターも一丸となって戦います!

ジョガボーラ

蔭山 眞吾監督コメント

 福井県としては初の北信越代表であり、チームとしても光栄に感じています。メンバー全員が考え、判断し、全力でチャンレンジして戦います。

選手コメント

中條 遥選手:
 小さな体でも気持ちと声でカバーし、無失点目指します。小さな守護神!
吉田 明恭選手:
 意外とあるよ。脅威の肉体!体を張って頑張ります!
蔭山 眞吾選手
 スペースに向かって全力で走ります!脅威の身体能力!
上田 健太郎選手
 予選突破目指して頑張ります!切れあじ抜群の切り返しは一級品!
市村 拓也選手:
 必殺仕事人!左足一振りでチームの流れを変えます!盛り上げます!
北島 文雄選手:
 小さな巨人!声を出してチームを盛り上げます!影の監督!
橋本 一慶選手:
 虎視眈眈!少ないチャンスをものします!目指すは東京!
中畠 洋介選手:
 やっと掴んだチャンス!モノにするぜ!
山﨑 陽平選手:
 とにかく点とります!北信越屈指のゴールハンター!
君島 雄治選手:
 全力で頑張ります!北信越屈指のドリブラ―!
佐野 誉宜選手:
 いい経験が出来るので自分のフットサルをしっかり出したいです!
山本 恭範選手:
 全試合集中!大きな守護神!

           
グループD
エスポラーダ北海道

小野寺 隆彦監督コメント

 全日本選手権はフットサルの歴史を作ってきた、特別な大会。私自身もとても想い入れのある大会です。出場する全てのチーム、選手に尊敬心を持ち、チャレンジャー精神で1戦必勝で頂点を目指したいと思います。

笠間 慎也選手コメント

 チームスローガンの「越える」を目標に去年の成績以上、優勝を目指します。普段戦うことのできない相手と対戦できるので楽しみです。個人的には去年怪我で出場できなかった悔しさを、ピッチの上で表現したいと思います。

カフリンガ東久留米

山本 憲彦監督コメント

 念願だった本大会出場が叶い、公式戦でFリーグのチームと対戦できることを嬉しく思います。1試合1試合を楽しみつつも、勝利にこだわります。

夏野 雅生選手コメント

 名古屋遠征で痛めた腰が完治しました。これで持ち味のスピードを活かしたドリブルで勝負できます。右サイドでのドリブル突破に注目してください。

SWHフットサルクラブ

上田 政彦監督コメント

 完全企業支援型チームとして活動しています。選手に競技者として最大限のサポートと環境を用意し、日本一えぇ~チームを構築する為日々精進しています。
 去年初出場したこの全国大会はFリーグとの差を痛感する大会になりました、この1年さらなる体制を強化し地域での戦い方と並行して全国で勝てる、Fに通用するチーム作りを施行し取り組んできた姿勢や継続してきた事は必ず結果として表れると信じています。
 Fと対等に戦いそして結果を求めていく大会参加にしたいと思っています。目標は決勝トーナメント出場です。

青山 誠二選手コメント

 地域チームとしては素晴らしい環境でフットサルをさせて頂いています。この環境に報いる為、そしてチームの為にこの全国大会で結果を出せればと思っています。

バサジィ大分

館山 マリオ監督コメント

 観た人が楽しんでくれるようなフットサルをしたいと思います。去年よりも一つでも多く勝てるように頑張ります。

仁部屋 和弘選手コメント

 チーム一丸となって、優勝目指して頑張ります!

      
グループE
ナスパ四日市

高山 功平監督コメント

 スローガンは「地域の誇り 地域が誇り」 地域の皆さんにスポーツでも人間性でも感動を与えられるような試合をさせます。 まだまだ経験不足のチームですが、ハツラツとしたチーム力でピッチ上に爽やかな風を流します!!

森 恵輔選手コメント

 ホームタウンであります【四日市】を僕たちが頑張ることで活性化できればと思っています。やる以上は結果を出していきたいのは本心ですが、最後まで自分たちのフットサルを見失うことなくやりきることができれば結果は残ると信じています。

ペスカドーラ町田

関野 淳太監督コメント

 今シーズンはFリーグで思うような結果が出ていない中、多くのサポーターやスポンサー、地域の方々が常に応援をしてくれています。全日本選手権では必ず優勝をしてチームの意地を見せるとともに、応援してくださっている皆さんと勝利の喜びを分かち合いたいと思います。

金山 友紀選手コメント

 全日本選手権という大会はとても歴史があり僕達にとっても非常に思い入れの強い大会の一つです。負けたら終わりという非常に難しい大会ではありますがリーグ戦の悔しさをぶつけようと思います。
 先ずは予選リーグを勝ち上がり、ここ数年ぶつかっている準々決勝の壁を乗り越えたいです。

デウソン神戸

比嘉 リカルド監督コメント

 タイトルを獲得できるよう、フロント・選手・スタッフ全員で頑張りたい。勝利を掴み取りたい。

原田 浩平選手コメント

 優勝できるように、チーム一丸となってタイトルを取りにいきたいです。応援よろしくお願いします。

レオン福岡

江口 訓史監督コメント

 選手、スタッフの成長をゲームで表現し、結果を残す。

桑名 健介選手コメント

 チーム一丸となり、優勝を目指します!!

             
グループF
府中アスレティックFC

中村 恭平監督コメント

 日本で最も歴史のある全国大会として、この大会には特別な思いがあります。今年の府中アスレティックFCは、経験豊かで、全日本選手権の難しさや戦い方をよく知っているチームです。勝利のカギは、全員が一丸となって一つの目標に突き進むこと。選手一人ひとりの能力を100%出し切って、全力で戦います。そして、クラブ初の全国制覇を成し遂げたいと思います。

小野 大輔選手コメント

 昨年の大会では決勝進出という目標が果たせず4位と、悔しい思いのままシーズンが終わってしまいました。今シーズンは、リーグ戦で自信を取り戻すことができたので、いい時の状態で短期決戦を戦い抜ければ、結果はついて来ると思います。決勝トーナメントは東京開催です。選手やスタッフはもちろん、ファンやサポーターと一丸となってタイトルを獲りに行きます。

D.C旭川FC

阿部 一晴監督コメント

 2008年以来の出場ですが、前回の出場から選手が大幅に変わり、初出場の選手が多いので、新たな気持ちで一試合でも多く勝てるように、毎試合全力で戦います。

北條 大吾選手コメント

 全国の舞台は初めてですが、チーム最年少として若さを武器にチームが勝利する為に全力でプレーします。

広島エフ・ドゥ

川野 貴志監督コメント

 今年度、全国選抜・中国リーグそしてPUMACUP全日本フットサル選手権すべてにおいて全国大会出場をはたしました。今大会においては、予選リーグを突破し、決勝トーナメント進出を目指しがんばります。

三宅 研司選手コメント

 自分達が一年かけて作り上げてきたフットサルでFリーグのチームへ挑戦し、勝利したいです。

ディアボーイズ仙台

崎山 浩二監督コメント

 毎年,全国大会に出場して強豪チームと戦えることを楽しみにしています。全力で挑みたいと思います。

藤村 謙太郎選手コメント

 チームを応援してくださる皆さんのおかげで,今年もこの舞台に立つことができました。東北代表としての誇りを胸に,チーム一丸となって頑張ります!