JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
第19回全国専門学校サッカー選手権大会
大会要項
名称 第21回全国専門学校サッカー選手権大会
目的 サッカーを通じ、学生の心身の健全な発展、体力の向上及びスポーツ精神の高揚を図り、併せて専門学校の教育の充実、親睦に寄与することを目的とする。
主催 財団法人日本サッカー協会
全国専門学校体育連盟・全国専門学校サッカー連盟
主管 社団法人 大阪府サッカー協会・関西専門学校サッカー連盟
後援 文部科学省、大阪府・堺市、堺市教育委員会・大阪府専修学校各種学校連合会・関西専門学校体育連盟・朝日新聞社
協賛 株式会社モルテン・株式会社JSコーポレーション・株式会社ドリコム・株式会社栄美通信・株式会社昭栄広報・廣告社株式会社・株式会社さんぽう・株式会社ライセンスアカデミー・堺ホテル協会・キリンビバレッジ株式会社・株式会社日章印刷
期間 平成23年10月10日(月)~14日(金) 「10月9日(日)に監督会議」
会場 大阪府 堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター
出場資格
  1. 全国専修学校各種学校総連合会加盟の単一学校の専門課程在学中の学生で構成されたチームであること。
  2. 財団法人 日本サッカー協会・全国専門学校サッカー連盟に加盟・登録を7月末まで完了したチーム及び学生であること。
  3. 1校1チームに限定する。
参加制限
  1. 本大会の出場校は各地域連盟から選出された20校とする。
  2. チームは、部長1名、監督1名、コーチ1名、トレーナー1名、マネージャー2名、選手30名を限度とし登録することができる。
競技方法
  1. 試合はトーナメント方式により、優勝・準優勝・第3位まで決定する.
  2. 競技時間は前半、後半それぞれ45分間(ハーフタイムのインターバルは15分)とする。
    但し、準決勝・決勝において、この時間内に勝敗が決しない場合には競技時間を20分間延長し、勝敗を決定する。競技時間内に勝敗が決定しない時は、ペナルティーキック方式による。
競技規則
  1. 財団法人 日本サッカー協会「競技規則2011/2012」による。
  2. 出場する選手は、学生証・JFA選手証を携行し、試合開始前の選手チェック時に本部役員に提示、確認を受けること。
  3. 選手交代は、試合開始前に予め提出したメンバー表に記した交代要員最大7名のうち5名までとする。
  4. 大会期間中、警告処分を受けた回数が通算2回となった選手は次の1試合を出場停止、以後の試合については規律委員会で審議し、出場の可否を決定する。
    規律委員会は、全国専門学校サッカー連盟及び大阪府サッカー協会役員で構成する。
開会式 平成22年10月10日(月) 9:30~
場所 堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター 
閉会式 平成22年10月14日(金)
決勝戦終了後、試合会場で行う。
その他
  1. ユニフォームは財団法人日本サッカー協会ユニフォーム規定に準ずる。試合ユニフォームは正・副2着を用意し、マッチミーティングにおいて審判が決定する。
  2. 正・副ユニフォームはシャツ、パンツ、ストッキング毎に互いに異なる色とし、審判と同一または類似となる黒・紺系のシャツを用いることはできない。キーパーについても同様である。背番号は正・副とも同一でなければならない。
  3. 参加選手は大会前に健康診断を必ず受けること。なお、選手の健康管理についてはチーム及び個人の責任として、十分留意すること。
  4. 競技中、選手が負傷した場合、応急処置はするがその後の責任は大会本部では負わない。