JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
第18回全日本フットサル選手権大会
チーム紹介
GroupA エスポラーダ北海道
Fリーグ / 北海道
ビークスキムラフットサルクラブ
北信越地域代表 / 石川県
リンドバロッサ
関西地域第2代表 / 京都府
バサジィ大分
Fリーグ / 大分県
GroupB デウソン神戸
Fリーグ / 兵庫県
広島エフ・ドゥ
中国地域代表 / 広島県
府中アスレティックFCサテライト
関東地域第2代表 / 東京都
ペスカドーラ町田
Fリーグ / 東京都
GroupC シュライカー大阪
Fリーグ / 大阪府
ボルク北九州
九州地域第1代表 / 福岡県
フウガすみだ
関東地域第1代表 / 東京都
クオーレ仙台
東北地域代表 / 宮城県
GroupD バルドラール浦安
Fリーグ / 千葉県
名古屋オーシャンズサテライト
東海地域第1代表 / 愛知県
カフリンガ東久留米
関東地域第3代表 / 東京都
湘南ベルマーレ
Fリーグ / 神奈川県
GroupE 府中アスレティックFC
Fリーグ / 東京都
デリッツィア磐田
東海地域第2代表 / 静岡県
ヴァクサ高槻
関西地域第1代表 / 大阪府
アグレミーナ浜松
Fリーグ / 静岡県
GroupF 名古屋オーシャンズ
Fリーグ / 愛知県
ルチャ・ブリージョ・カガワ・フットサルクラブ
四国地域代表 / 香川県
フクエイ・ジャパン
九州地域第2代表 / 熊本県
ディヴェルティード旭川
北海道地域代表 / 北海道

エスポラーダ北海道

監督コメント (小野寺隆彦監督)
 プーマカップは、Fリーグに参戦して以来、残念なことに毎年思うような結果は出せておりません。今季チームスローガン「猛攻打破」の集大成として、謙虚な気持ちを忘れずに、自分達らしい攻撃的フットサルで一試合一試合勝利を目指し全力で戦いたいと思います。

選手コメント (水上玄太選手)
 プーマカップに出場することは全国のフットサルプレーヤーの目標でもあるので、出場できることを誇りに思います。チーム一丸となり貪欲にゴールを狙い、どのチームよりも楽しんでこの大会を笑顔で終われるよう全力を尽くします!!

ビークスキムラフットサルクラブ

監督コメント (デ レモス アドリアーノ ケイチ監督)
 今大会出場を第一目標に一年間選手と共に取組んだ練習の結果が出せて嬉しく思います。
 まだまだ全国レベルに追いつけないVEEXですが、この大会では戦略や戦術がどこまで通用するか、そして選手たちがベストな状態で戦いきることを信じて試合に臨みたいと思います。
 いままで欠けていた、組織+個人+メンタルのバランスが取れた試合内容になれば勝機もあり楽しみです。
 まずは勝ちに行くことを心がけ、がんばります。

選手コメント (深江晃好選手)
 初めての今大会出場でワクワク感一杯です。
 自分を信じ、仲間を信じ、そして監督を信じて大会に臨みたいと思います。
 大会では「楽しく」を第一にVEEXらしい戦い方で試合ができるよう心がけ、まずはFに体当たりで燃焼ですね。
 代々木を目指しがんばります!応援、宜しくお願いします!!

リンドバロッサ

監督コメント (内田哲兵監督)
 全日本選手権出場はチームにとって1年間を通じての最大の目標で、その目標が今年も実現でき本当に選手たちを誇りに思う気持ちと、支えてくれたスタッフ、サポーターに感謝の気持ちで一杯です。全日本選手権ではリンドバロッサ らしく華麗に暴れたいです。応援宜しくお願い致します。

選手コメント (松岡吉紹選手)
 『打倒 F』 を目標にここまで色々とありましたが、挑戦権を奪取できました。
 地域の意地、プライドをかけ挑みます!

バサジィ大分

監督コメント (館山マリオ監督)
 観た人が楽しんでくれるようなフットサルをしたいと思います。
 去年よりも一つでも多く勝てるように頑張ります。

選手コメント (仁部屋和弘選手)
 チーム一丸となって、優勝目指して頑張ります!

デウソン神戸

監督コメント (小川亮監督)
 選手・スタッフ、チーム一丸となり優勝目指して頑張ります。
 応援よろしくお願いします。

選手コメント (原田浩平選手)
 タイトルが獲得できるよう、チーム一丸となって頑張ります!!!
 応援よろしくお願いします!!!

広島エフ・ドゥ

監督コメント (川野貴志監督)
 今年度はFリーグ準加盟チームとして一年間闘ってきました。昨年度の大会は、屈辱的な大敗をし、そのリベンジに向け、一年間チーム力向上を図ってきました。昨年度と違うエフ・ドゥを見ていただきたい。また、バックアップしていただいている企業・スタッフ・関係者のためにも、Fリーグ勢を倒して決勝トーナメントに進出したいです。

選手コメント (川田尚幸選手)
 Fリーグ準加盟クラブとなり、選手として今まで以上の期待と責任を背負ってプレーできることを大変嬉しく思います。昨年の悔しさを忘れずこの一年間戦い、勝ち上がってきました。予選突破にはFリーグ勢からの勝利が絶対必要だと思うのでこの一年のすべてをぶつけたいです。

府中アスレティックFCサテライト

監督コメント (矢口和哉監督)
 選手、スタッフ、そして、ファン、サポーターの皆さんと一緒になって一戦一戦全力で戦います。

選手コメント (田中惇史選手)
 チームとして初の全日本選手権の全国大会進出ですが、少しでも良い成績が残せるように、チーム一丸となって頑張ります。

ペスカドーラ町田

監督コメント (関野淳太監督)
 まず、PUMA CUP 2013 第18回全日本フットサル選手権大会開催おめでとうございます。この伝統ある大会は全てのフットサルプレイヤーにとって、特別な意味のある大会だと思います。
 ASVペスカドーラ町田はチーム創立以来、全日本選手権でのベスト8の壁を一度も越えられずに来ています。
 今年はまずベスト8の壁を越えること。そして、その先の全日本制覇をすること。
 この目標に向かって選手、スタッフ一同、全力を尽くして戦いたいと思います。

選手コメント (大地悟選手)
 リーグ戦では応援してくれている皆さんの期待に応えることが出来なかったので、選手権ではタイトルを取って皆さんと喜びを分かち合えるよう頑張ります。

シュライカー大阪

監督コメント (ドゥダ監督)
 我々を応援して下さる方々、スタッフ、そして選手、家族の力の結束をお願いしたいと思います。我々は、より良い状態を目指して努力を続けていますが、まだそれぞれの限界を超えるところまでには至っていません。つまり、まだまだ我々が本来持っている能力を存分に発揮できておらず、同時に、まだ成長の余地がたくさんあると感じています。
 我々はこれまでにも困難な状況にたびたび見舞われましたが、それでも我々は、その壁を乗り越え、成長を遂げています。完璧な状態に至ることは人である限り不可能ですが、それでも、より完璧な状態に至るための努力は続けていきたいと思います。過去の栄光と成功経験は、将来を保証してくれるものではありません。だからこそ、決してあきらめることなく、戦い、努力し続けるべきだと感じています。がんばろうシュライカー!!

選手コメント (村上哲哉選手)
 まず、プーマカップ全日本選手権を挑むにあたり、チームとしてこの大会で出場できる事を大変嬉しく思います。全国の厳しい予選を勝ち抜いたチームも参加し行われる本大会は、真の日本一を決める大会であり、シーズンを締めくくる最後の大会でもあります。我々は、前大会優勝し、今大会も連覇に向かって日々トレーニングに励んできました。過酷な短期決戦を勝ち抜くために重要なのはチーム力そしてプライド!過去の大会においても一試合足りとも簡単試合はありませんでした。今大会も厳しい戦いが予想されますが、この舞台でプレーできる事に感謝し、一試合一試合全力で、仲間を信じ、応援してくれるすべての方の思いを胸に全身全霊をかけて戦い抜きます。応援よろしくお願いします。

ボルク北九州

監督コメント (小原崇監督)
 今大会も全国の舞台に戻ってくることが出来て嬉しく思うと共に、九州代表としての大きな責任を感じております。全国の強豪チームとの対戦、Fリーグチームとの対戦を楽しみに、自分達が積み上げてきたフットサルで、全力でチャレンジしたいと思います! - All the Best -

選手コメント (中島翔太選手)
 九州代表と言えば「ボルク北九州」というのは、根付いたと思うので、後は結果を残すだけだと思っています。そして、今大会で全国の強豪チームの仲間入りをしたいと思います。

フウガすみだ

監督コメント (須賀雄大監督)
 Fリーグ準会員クラブとしてのプライドを胸に代々木に戻ってくることをノルマにしたい。
 喜怒哀楽をしっかりと表現し、見ている人と感動を分かち合えるような試合をしたい。

選手コメント (金川武司選手)
 関東代表として全国の舞台で大暴れしたいと思います。
 僕が(ピッチではなく)ベンチにいる時のFUGAは強いぞ!

クオーレ仙台

監督コメント (比嘉リカルド監督)
 サポーター、スポンサー、県協会、応援して頂いている皆さん、いつもサポートありがとうございます。大会では、自分たちのフットサルをして、見ている人や、応援して頂いている人達に元気になってもらいたいです。応援、宜しくお願いします。

選手コメント (清水誠選手)
 まず、東北各県の関係者の皆様に御礼を言いたいです。皆様のご尽力があって、素晴らしい大会に挑戦出来るのだ、という事を胸に刻んでチーム一丸となって挑みたいです。目標は最低で予選グループ突破、あとは一つでも上に行って、東北に一つでも多くの明るいニュースを届けたいです。応援、宜しくお願いします。

バルドラール浦安

監督コメント (岡山孝介監督)
 チームはFリーグという厳しいリーグを戦うことで、少しずつですが、着実に、成熟してきています。
 今年は、昨年の準優勝という成績を上回れる様、一戦一戦を全力で戦っていきたいと思います。
 また浦安には個性的な選手が揃っているので、特別な選手たちを、是非生で見に来てください。
 良い内容、良い結果を目指してがんばりますので、応援よろしくお願いいたします!

選手コメント (高橋健介選手)
 今年もチーム一丸となって、昨年の結果を超えられる様に全員で戦います!一次ラウンドから各地の強豪チームとの戦いにしっかりと勝利し、絶対に代々木に戻ってきたいと思います。
 僕達をいつも応援して下さっている皆様と、あの大舞台で一緒に喜びたいと思います。宜しくお願い致します! 

名古屋オーシャンズサテライト

監督コメント (髙橋優介監督)
 昨年の本大会では、1勝1敗1分けで予選敗退でした。
 1勝はできたものの、予選リーグを突破することができませんでした。
 今年は、予選リーグを突破することがチーム最大の目標です。
 1戦1戦全力で、1つ1つのプレーに気持ちを込め、チーム一丸となり戦います。
 応援宜しくお願い致します。

選手コメント (田村研人選手)
 目標は、代々木(決勝ラウンド)へ行く事です!
 今回は東海王者として、そして名古屋オーシャンズの下部組織という誇りを胸に、自分達の力を信じ、仲間を信じ、戦います!

カフリンガ東久留米

監督コメント (垣本右近監督)
 1大会ぶり2度目の出場となります。
 前回出場した時はFリーグのバサジィ大分・エスポラーダ北海道と同組となり、代々木に戻ってくる夢は叶いませんでした。
 Fリーグのチームから勝ち点を上げ、代々木に戻ってくる!!を合言葉にチーム一丸となって戦います!

選手コメント (夏野雅生選手)
 今季はリーグ4位で地域CLの出場権を逃してしまいました。
 不本意なシーズンで終わらせないためにも、全日本選手権で結果にこだわりたいと思います!

湘南ベルマーレ

監督コメント (相根澄監督)
 まずは、今年もこの歴史ある素晴らしい大会に参加出来る事、本当に感謝致します。
 Fリーグチームとして、その名に恥じぬよう、一つ一つ勝利を目指し、大会を少しでも盛り上げられればと思っております。
 対戦チームの方々、関係者の皆さま、よろしくお願い致します。

選手コメント (安藤良平選手)
 このメンバーで必ず6試合出来るように、PUMA CUPを必ず勝ち抜き、笑ってシーズンを終えられるようにしたいと思います!
 どのチームも思っている事だと思いますが、それを上回る気持ちで戦います!
 応援よろしくお願いします!

府中アスレティックFC

監督コメント (伊藤雅範監督)
 全日本選手権はフットサル界の中で非常に重要な、そして名誉あるタイトルです。
 一戦一戦を大事に戦い、タイトルを目指して頑張ります。

選手コメント (完山徹一選手)
 Fリーグ2012シーズンをクラブ初の3位と言う結果で終えることができましたので、シーズンの集大成となる、今大会は、貪欲にタイトル目指して最後のチャレンジをしたいと思います。

デリッツィア磐田

監督コメント (北本章監督)
 5年ぶり3度目の出場になりますが過去2度はジュビロ磐田名義の為、DELIZIAの名前では初の本大会出場です。昨年、一昨年と2年連続本大会出場目前で敗退した分、今回の出場が決まった喜びはこれまでの中で一番大きなものになりました。ただ出場するだけに終わらないよう、日頃から応援してくださる方々に感謝し、1試合1試合、目の前の試合をチーム全員でひたむきにそして全力で戦い、我々の持てる力を全て出し尽くすことが目標です!

選手コメント
(千葉武選手)
 今シーズンは新しいメンバーも増えチームとして苦しい時期もありましたが大会を通じて対戦相手に鍛えられ、応援していただいた方々の思いにパワーをいただき、チームの成長と共に5年ぶりの本大会出場切符を手に入れることができました。本大会で試合ができる環境に感謝して、一戦一戦を大切に戦い、素晴らしい仲間と共に歓喜を味わえるようDELIZIAらしく助け合い走り切り、成長しながら結果を出していきたいです。

(伊藤豊大選手)
 DELIZIAはどんな時も仲間のために40分間戦い抜くチーム。気持ちの強さ、チーム力で一戦一戦ベストを尽くします。
 個人的には初めての選手権なのでこの大舞台を楽しみたい。伊藤豊大という選手、DELIZIA磐田というチームを全国のフットサルファンに観てもらいたいです。

ヴァクサ高槻

監督コメント (沼田慎也監督)
 1試合でも多く出来るように頑張りますので応援宜しくお願いします。

選手コメント
(八賀健伍選手)
 新幹線のごとく走り抜けたいと思います。

(笠岡良護選手)
 チーターのごとく走り回り獲物をゲットします。

アグレミーナ浜松

監督コメント (前田健一監督)
 Fリーグのチームとしての内容と結果を求め、今までのリーグの経験を活かして決勝ラウンドに進めるように、選手スタッフ一丸となって頑張りたいと思います。

選手コメント (向島佑介選手)
 予選突破はもちろんの事、Fリーグチームとして結果を残せるように準備をして大会に臨みたいと思いますので、サポーターの皆様、応援を宜しくお願いします。

名古屋オーシャンズ

監督コメント (アジウ監督)
 毎年、全日本フットサル選手権のタイトルを逃しているので、今年こそはこのタイトルを手にしたいと思っています。
 大会へ向け、全力で望んで優勝を目標として戦っていきたいと思います。

選手コメント (木暮賢一郎選手)
 名古屋オーシャンズとしては、まだ獲得できていないタイトルなので、全員で力を合わせて優勝目指して頑張ります。

ルチャ・ブリージョ・カガワ・フットサルクラブ

監督コメント (吉田輝人監督)
 昨年、チームが発足してから一番の目標にしてきた大会です。
 本選にでることが目標ではなく、本選で戦えるチームを目標にやってきました。
 チームとしてはまだまだですが、四国の代表としてなんらかの爪痕を残せるようチーム一丸となり戦います。

選手コメント (河西俊佑選手)
 PUMA CUP初出場ですが、出場するからには全力を尽くしていい成績を残したいです。最後の一秒まで諦めずに頑張ります!!

フクエイ・ジャパン

監督コメント (塚本雄作監督)
 二年連続出場出来た事に嬉しく思います。
 まずは1勝すること。
 決勝トーナメントを目指して頑張ります。

選手コメント (久保拓也選手)
 昨年は全くいいところがなく無得点で終わった大会だったので今年は全試合点を取りたいと思います。

ディヴェルティード旭川

監督コメント (村上秀樹監督)
 この大会を目標に1年間練習に取り組んできました、自分達のフットサルが何処まで通用するか楽しみです、今年度の集大成全力で挑みます!

選手コメント (菅原和紀選手)
 個人的には7回目の出場になりますが、ディヴェルティード旭川としては初出場です!
 印象に残ったチームになれるよう、自分達の良さを出し切りたいと思います。

PUMA