JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
第48回 全国高等専門学校体育大会 兼 第46回 全国高等専門学校サッカー選手権大会
大会要項
主催 一般社団法人全国高等専門学校連合会、公益財団法人日本サッカー協会
主管 全国高等専門学校体育大会サッカー競技専門部
全国高等専門学校サッカー連盟
社団法人宮城県サッカー協会
仙台高等専門学校名取キャンパス
後援 文部科学省、公益財団法人日本体育協会、
宮城県、宮城県教育委員会、公益財団法人宮城県体育協会
利府町、利府町教育委員会、松島町、松島町教育委員会
期 日 平成25年8月17日(土)~20日(火)4日間
会場 A会場
宮城スタジアム(宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1)
TEL:022-356-1122

B会場
宮城県サッカー場(宮城県宮城郡利府町森郷字内の目南119-1)
TEL:022-356-6581

C会場
松島フットボールセンター(宮城郡松島町手樽字大蓬沢13-1)
TEL:022-355-0301
参加資格
  1. 公益財団法人日本サッカー協会に登録(第一種)し、全国高等専門学校サッカー連盟に加盟している高等専門学校のチームであり、その団体の一員として個人登録された学生に限る。
  2. 外国人留学生及び編入学生のエントリー数は6名以内とする。そのうちで同時に試合に出場できるのは3名以内とする。
競技規則
  1. 公益財団法人日本サッカー協会サッカー競技規則(2013年度)並びに本大会実施要項による。
  2. 競技開始前に最大限6名までの交代要員の氏名を通告しておき、そのうちから6名まで交代することができる。
  3. 退場を命じられた者は、次の1試合に出場できない。それ以後の処置については本大会の規律委員会で決定する。
    なお、本大会中、警告を2度受けた競技者は、次の1試合に出場できない。
競技方法
  1. トーナメント方式とする。
  2. 試合時間は80分間とし、勝敗が決しないときは20分間延長を行う。それでもなお決しないときは、PK方式により勝敗を決定する。
    なお、ハーフタイムのインターバルは10分とする。
  3. 決勝戦は、原則として勝敗が決定するまで延長を行う。ただし、健康上、続行が不可能と判断された場合は、PK方式により優勝チームを決める。
    なお、この判断は大会本部と主審の協議により行う。
  4. 3位決定戦は行わず、両校共に3位とする。
ピッチ 本大会は天然芝および人工芝ピッチにて行う。なお、人工芝ピッチについてはFIFAのサッカー芝品質コンセプトまたはJFA ロングパイル人工芝ピッチ公認基準を満たさなくてはならない。但し使用する人工芝ピッチについては2回戦までの最大6試合とする。一つのチームが連続して人工芝使用となることをさけるものとする。
参加校 各地区から選出する代表校は次の16校とする。
北海道地区1校 東北地区2校 北信越地区2校
関東地区2校 東海地区2校 関西地区1校
中国地区2校 四国地区1校 九州沖縄地区2校
開催校1校
チーム人員 チームは引率者1名、監督1名、主務1名、選手17名を限度とする。
組合せ 平成25年8月2日(金)
全国高専サッカー大会の開催校において、全国高専連盟の責任抽選により決定する。
表彰
  1. 優勝以下3位までの入賞校には、賞状を授与する。
  2. 優勝チームには、文部科学大臣杯及び日本サッカー協会杯を授与し、次回まで保持させる。
  3. 優勝チーム、準優勝チーム及び3位チームの選手には、メダルを授与する。
  4. 優秀選手には、記念品を授与する。
  5. 本大会規定により、フェアプレーチームに該当するチームにはフェアプレー賞を授与する。
その他
  1. ユニフォーム(シャツ、ショーツ、ストッキング)は正のほかに、副として正と異なる色のユニフォーム(シャツ、ショーツ、ストッキング)を参加申込書に記載し、必ず携行すること。ユニフォームの参加申込以後の変更は認めない。なお、背番号の変更も認めない。
  2. 審判と同一色又は類似(黒および濃紺)のユニフォームのシャツを用いることはできない。ゴールキーパーについても同様である。なお、第三者のための広告表示を行ったユニフォームの着用は認めない。
  3. 背番号は、必ず参加申込書に登録された選手固有の番号を付けること。大きさは縦25cm程度、横はこれに比例して適当な大きさで、番号は見やすいものとする。
    なお、背番号は1番から17番までの通し番号とすること。副のユニフォームも同様である。ユニフォームのシャツが縞(縦縞も横縞も)の場合は、白布地(縦30cm×横30cm)に背番号を付け、分かりやすくすること。
  4. 記録をより正確にするため、また、報道関係者のために、“シャツ前面”に縦10㎝程度の番号(背番号と同一番号)を、"ショーツ前面の左側または右側" には縦10㎝程度の番号(背番号と同一番号)を、それぞれ付けることが望ましい。
  5. 参加資格に違反し、その他不都合な行為のあったときは、そのチームの出場を停止する。
  6. 登録選手の変更は3名以内とし、所定の用紙(選手登録変更届用紙)に記入し、所定の印鑑を押印したものを、監督主将会議の2日前(8月14日)までに、15項(2)の (ア) 仙台高等専門学校学生課内へ必着するように郵送すること。それ以後の変更は認めない。
  7. 参加申込書の位置(ポジション)については、GK、DF、MF、FWと記入すること。
  8. 参加申込書の前登録チーム名については、高専入学前に選手登録していた所属チーム名を記入すること。
  9. 大会期間中の負傷者については、開催校が応急処置を施すが、その後の処置は当該校で行うこと。
  10. 本大会の登録選手は、公益財団法人日本サッカー協会選手証と健康保険証及び独立行政法人日本スポーツ振興センター所定の用紙を持参すること。
    試合前のメンバー表提出のとき、出場選手全員の「選手証」を一緒に提出すること。「選手証」を提出しない選手は、試合に出場できない。
  11. 大会出場者で、ホームページや報道等に個人名を公表して欲しくない者は学校を通して大会事務局に申し出ること。事前に申し出がない場合は公表します。
    大会参加に際して提供される個人情報は、本大会活動に利用するものとし、これ以外の目的に利用することはありません。