JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/11/04

第9回全日本女子フットサル選手権大会 第2日(11月3日)レポート

第9回全日本女子フットサル選手権大会

第9回全日本女子フットサル選手権大会は11月3日、福岡県北九州市の北九州市立総合体育館で第2日の1次ラウンド残り12試合が行われました。
決勝トーナメント準決勝への進出を決めたのは、関東地域代表の3チーム、ファンFCレディースコムヴィークス(東京都)、バルドラール浦安ラス・ボニータス(千葉県)、カフリンガボーイズ東久留米(東京都)と北信越代表で中学生を中心とした丸岡ラックレディース(福井県)。
12月3日よりポルトガルで開催される、第3回世界女子フットサルトーナメントに出場するフットサル日本女子代表の石森コーチが見守る中、代表選考もかかった真剣勝負が繰り広げられています。

第9回全日本女子フットサル選手権大会

グループAはすでに決勝トーナメントへの進出を決めていた関東地域代表/東京都のファンFCレディースコムヴィークスが、東北地域代表/宮城県のファンレディースFCと対戦。
全く成り立ちの違う同名チームの全国大会での対戦に、試合後は応援に駆けつけた東京のファンFCサポーターから1次ラウンドで敗退が決まった宮城のファンFC選手に、惜しみない温かい拍手が送られました。

第9回全日本女子フットサル選手権大会

グループBは北信越地域代表/福井県の丸岡ラックレディースと、北海道地域代表コルミージョの2チームの2勝同士の直接対決。初日の2試合で5得点をあげた丸岡ラックレディースの北川夏奈選手がこの試合でも2得点をあげる活躍を見せ、3-1で丸岡ラックレディースが勝利。昨年度の全日本女子ユース(U-15)フットサル大会で優勝し、バーモントカップ全日本少年フットサル大会決勝大会にも出場経験のある中学生を中心としたチームが、決勝トーナメントに駒を進めました。

第9回全日本女子フットサル選手権大会

グループCは関東地域代表/千葉県のバルドラール浦安ラス・ボニータスが、九州地域代表/佐賀県のFCアレグリ・カミーニョに1-1で引き分けたものの、その後関西地域代表/京都府のバンブグリーンパークレディースFCに2-0で勝利し、2勝1分けで決勝トーナメント進出を決めました。

第9回全日本女子フットサル選手権大会

グループDは前回大会ベスト4に輝いた関東地域代表/東京都のカフリンガボーイズ東久留米が、東海地域代表/三重県のメンバー・オブ・ザ・ギャング、中国地域代表/ジュンジーズFFミネルバを下し3戦全勝で1次ラウンドを突破。準決勝では昨年果たせなかった決勝進出がかかっています。

この結果準決勝は、1次ラウンドで12得点をあげているグループA 1位、ファンFCレディースコムヴィークスと、14得点をあげているグループB 1位、丸岡ラックレディースの対戦、もう一方は大会を通してわずか1失点に抑えているチーム同士、グループC 1位バルドラール浦安ラス・ボニータスと、グループD 1位のカフリンガボーイズ東久留米の対戦となりました。

なお、準決勝では試合時間が30分間(前後半各15分間)のプレーイングタイム、決勝では40分間(前後半各20分間)のプレーイングタイムとなり、時間内で勝敗が決しない場合は準決勝ではPK方式、決勝では10分間(前後半各5分間)の延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式で決着をつけます。

フットサル日本女子代表 石森由紀コーチのコメント

今大会では若い選手が目立っている。丸岡ラックレディースや、FCアレグリ・カミーニョなどには、チームで中心的に活躍している若い選手がいた。この選手たちがこれからも全国大会を目指して普段から地域で活躍することで、女子フットサルのレベルはどんどん高まっていくのではないかと感じた。

試合結果

グループA
チェリーブロッサム 5-1 MFPサルサアダ
ファンFCレディースコムヴィークス 2-5 ファンレディースFC
※ファンFCレディースコムヴィークス(関東地域第3代表/東京都)がグループ1位となり、準決勝へ。

グループB
丸岡ラックレディース 3-1 コルミージョ
シュラインレディースFC 0-3 コラッサマキアート
※丸岡ラックレディース (北信越地域代表/福井県)がグループ1位となり準決勝へ。

グループC
バンブグリーンパークレディースFC 3-1 レオパルド
FCアレグリ・カミーニョ 1-1 バルドラール浦安ラス・ボニータス
バンブグリーンパークレディースFC 0-2 バルドラール浦安ラス・ボニータス
FCアレグリ・カミーニョ 3-0 レオパルド
※バルドラール浦安ラス・ボニータス(関東地域第2代表/千葉県)がグループ1位となり準決勝へ。

グループD
メンバー・オブ・ザ・ギャング 0-3 カフリンガボーイズ東久留米
ジュンジーズFFミネルバ 2-1 ボノス
メンバー・オブ・ザ・ギャング 2-0 ボノス
ジュンジーズFFミネルバ 0-2 カフリンガボーイズ東久留米
※カフリンガボーイズ東久留米(関東地域第1代表/東京都)がグループ1位となり準決勝へ。

得点ランキング

北川 夏奈(丸岡ラックレディース)7得点
吉林 千景(ファンFCレディースコムヴィークス)6得点
近藤 絵梨佳(MFPサルサアダ)5得点
堀 真以子(コルミージョ)4得点
石本 美佳(チェリーブロッサム)3得点
中村 真紀子(カフリンガボーイズ東久留米)3得点
庄司 夏穂(ファンレディースFC)3得点
高橋 麻衣子(バルドラール浦安ラス・ボニータス)3得点
池田 智子(チェリーブロッサム)3得点
※1次ラウンド終了時点

決勝トーナメント

準決勝 11/3 10:00 キックオフ
【25】ピッチA ファンFCレディースコムヴィークス vs丸岡ラックレディース
【26】ピッチB バルドラール浦安ラス・ボニータス vs カフリンガボーイズ東久留米

決勝 11/3 14:30キックオフ
【27】 (【25】の勝者) vs (【26】の勝者)

※会場は、北九州市立総合体育館。