JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/12/21

第18回全日本ユース(U-15)フットサル大会 および
第3回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会 組合せ

2013年1月12日から3日間、三重県営サンアリーナ(三重県伊勢市)で開催する第18回全日本ユース(U-15)フットサル大会および第3回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会の組合せが決定しました。

第18回全日本ユース(U-15)フットサル大会

名称:
第18回全日本ユース(U-15)フットサル大会

主催:
公益財団法人 日本サッカー協会

主管:
一般財団法人日本フットサル連盟、一般財団法人三重県サッカー協会

後援:
伊勢市、伊勢市教育委員会

協力:
株式会社モルテン

期日:
2013年1月12日(土)~14日(月・祝)

会場:
三重県伊勢市/三重県営サンアリーナ

参加チーム:
参加チームは、次の各号により選出された16チームとする。
(1)9地域より各1チーム
(2)開催地代表1チーム(三重県)
(3)前年度の当該大会予選参加チーム数上位6チーム
北海道・・・2、関東・・・1、北信越・・・2、東海・・・1

競技形式:
<1次ラウンド>16チームを4チームずつ4グループに分けてリーグ戦を行い、各グループ上位1チームが決勝ラウンドへ進出する。
<決勝トーナメント>各グループ1位4チームによるトーナメント戦を行う。(3位決定戦は行わない。)
・1次ラウンドにおける順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。勝点は、勝ち3、引分け1、負け0とする。

競技規定:
大会実施年度の公益財団法人 日本サッカー協会フットサル競技規則による。ただし、以下の項目については、本大会の規定を定める。(抜粋)
・競技者の数
(1)交代要員の数:7名以内
(2)ベンチに入ることができる人数:10名以内
(交代要員7名以内、役員3名以内)
・試合時間
(1)1次ラウンド:20分間(前後半各10分間)のプレーイングタイム
決勝トーナメント:30分間(前後半各15分間)のプレーイングタイム
(2)ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで)
1次ラウンド:5分間
決勝トーナメント:10分間
・試合の勝者を決定する方法(競技時間内で勝敗が決しない場合)
(1)1次ラウンド:引分け
(2)決勝トーナメント:6分間(前後半各3分間)の延長戦を行い、決しない場合はPK方式により勝敗を決定する。
(3)延長戦に入る前のインターバル:5分間
(4)PK方式に入る前のインターバル:1分間
・本大会期間中に警告を2回受けた選手は、次の1試合に出場できない。
・1次ラウンドにおける警告1回は決勝トーナメントには持ち越さない。
・本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できずそれ以降の処置については本大会の規律・フェアプレー委員会で決定する。



第3回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会

名称:
第3全日本女子ユース(U-15)フットサル大会

主催:
公益財団法人 日本サッカー協会

主管:
一般財団法人日本フットサル連盟、一般財団法人三重県サッカー協会

後援:
伊勢市、伊勢市教育委員会

協力:
株式会社モルテン

期日:
2013年1月13日(日)~14日(月・祝)

会場:
三重県伊勢市/三重県営サンアリーナ

参加チーム:
参加チームは、9地域より各1チーム

競技形式:
<1次ラウンド>9チームを3チームずつ3グループに分けてリーグ戦を行い、各グループ1位チームとグループ2位チームのうち成績上位1チームが決勝トーナメントへ進出する。
<決勝トーナメント>上位4チームによるトーナメント戦を行う。(3位決定戦は行わない。)
・1次ラウンドにおける順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。勝点は、勝ち3、引分け1、負け0とする。

競技規定:
大会実施年度の公益財団法人 日本サッカー協会フットサル競技規則による。ただし、以下の項目については、本大会の規定を定める。(抜粋)
・競技者の数
(1)交代要員の数:7名以内
(2)ベンチに入ることができる人数:10名以内
(交代要員7名以内、役員3名以内)
・試合時間
(1)1次ラウンド:20分間(前後半各10分間)のプレーイングタイム
決勝トーナメント:30分間(前後半各15分間)のプレーイングタイム
(2)ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで)
1次ラウンド:5分間
決勝トーナメント:10分間
・試合の勝者を決定する方法(競技時間内で勝敗が決しない場合)
(1)1次ラウンド:引分け
(2)決勝トーナメント:6分間(前後半各3分間)の延長戦を行い、決しない場合はPK方式により勝敗を決定する。
(3)延長戦に入る前のインターバル:5分間
(4)PK方式に入る前のインターバル:1分間
・本大会期間中に警告を2回受けた選手は、次の1試合に出場できない。
・1次ラウンドにおける警告1回は決勝トーナメントには持ち越さない。
・本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できずそれ以降の処置については本大会の規律・フェアプレー委員会で決定する。