JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/31

サッカー日本一を決める最大のトーナメント
第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会、9月1日(土)いよいよ開幕!

日本サッカー界の歴史と伝統を誇る「第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会」がいよいよ9月1日(土)に開幕します。各都道府県代表やJFL、Jリーグなどプロ・アマ問わず参加できる本大会は、日本最強チームを決定する大会で、本年度の総参加チーム数は4,927を数えます。その頂点を目指すべく、来年元日の決勝戦へ向け、熱い戦いが いよいよ開始されます。


『第92回天皇杯サッカー選手権大会』開幕に伴う大仁邦彌会長コメント

今年の天皇杯も、それぞれ地域色豊かな全88チームが出そろいました。
今年は5のユースチームが天皇杯の出場権を手にしましたが、各地で若い選手が台頭していることを頼もしく思っています。FIFAワールドカップアジア最終予選を戦うSAMURAI BLUEやオリンピックでベスト4に躍進したU-23日本代表の戦いに触発され、どのチームも高いモチベーションで挑んでくるでしょう。天皇杯の醍醐味であるジャイアントキリングも楽しみなところです。
全国のファン・サポーターの皆さんには、地元チームに熱いエールを送っていただきたいと思います。元日、国立競技場の舞台に立つのはどのチームか――88チームの健闘を祈っています。


大会実施概要

大会名称:
第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会

主催:
公益財団法人 日本サッカー協会 / 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ

共催:
NHK / 共同通信社
※上記に加え、1回戦から準々決勝までは、各開催会場の都道府県に所在する共同通信
加盟新聞社が共催します。

主管:
都道府県サッカー協会

特別協賛:
スルガ銀行株式会社

オフィシャルスポンサー:
アディダス ジャパン株式会社

協力:
株式会社モルテン

大会方式:
ノックアウト方式(88チーム出場)

出場チーム:
J1-18チーム、J2-22チーム、JFL1チーム(V・ファーレン長崎)、都道府県代表47チーム

大会日程:
【1回戦】9月1日(土)、2日(日) ※都道府県代表47チーム、JFLシードチーム出場
【2回戦】9月8日(土)、9日(日) ※J1チーム、J2チーム 出場
【3回戦】10月10 日(水)
【4回戦】12月15日(土)  <予備日>12月19日(水) ※1
【準々決勝】12月23日(日)
【準決勝】12月29日(土)
【決勝】2013年1月1日(元日)
※1 FIFAクラブワールドカップ2012に出場するJ1チームの試合が対象

出場チーム:
【チーム名の後の( )内は出場回数】

◇J1リーグ 18チーム
コンサドーレ札幌(32) ベガルタ仙台(19) 鹿島アントラーズ(29)
浦和レッズ(48) 大宮アルディージャ(18) 柏レイソル(45)
FC東京(19) 川崎フロンターレ(29) 横浜F・マリノス(36)
アルビレックス新潟(21) 清水エスパルス(21) ジュビロ磐田(35)
名古屋グランパス(36) ガンバ大阪(32) セレッソ大阪(44)
ヴィッセル神戸(26) サンフレッチェ広島(61) サガン鳥栖(21)

◇J2リーグ 22チーム
モンテディオ山形(21) 水戸ホーリーホック(17) 栃木SC(15)
ザスパ草津(10) ジェフユナイテッド千葉(48) 東京ヴェルディ(38)
FC町田ゼルビア(3) 横浜FC(14) 湘南ベルマーレ(41)
ヴァンフォーレ甲府(21) 松本山雅FC(7) カターレ富山(5)
FC岐阜(7) 京都サンガF.C.(30) ガイナーレ鳥取(15)
ファジアーノ岡山(5) 徳島ヴォルティス(24) 愛媛FC(14)
アビスパ福岡(21) ギラヴァンツ北九州(5) ロアッソ熊本(13)
大分トリニータ(17)

◇JFL 1チーム 〔JFL第17節(6/24)終了時点の上位1チーム〕
V・ファーレン長崎(6)

◇都道府県代表 47チーム
北海道:札幌大学(22) 青森:ヴァンラーレ八戸(2) 岩手:グルージャ盛岡(6)
宮城:ソニー仙台FC(15) 秋田:ブラウブリッツ秋田(19) 山形:日本大学山形高校(2)
福島:福島ユナイテッドFC(5) 茨城:筑波大学(26) 栃木:ヴェルフェたかはら那須(2)
群馬:tonan前橋(2) 埼玉:平成国際大学(2) 千葉:柏レイソルU-18(3)
東京:横河武蔵野FC(3) 神奈川:Y.S.C.C.(5) 山梨:山梨学院大学オリオンズ(初)
長野:AC長野パルセイロ(2) 新潟:新潟経営大学(2) 富山:富山新庄クラブ(3)
石川:ツエーゲン金沢(9) 福井:サウルコス福井(4) 静岡:浜松大学(3)
愛知:FC刈谷(14) 三重:FC鈴鹿ランポーレ(2) 岐阜:FC岐阜SECOND(5)
滋賀:SAGAWA SHIGA FC(6) 京都:アミティエSC(初) 大阪:関西大学(14)
兵庫:関西学院大学(22) 奈良:奈良クラブ(4) 和歌山:アルテリーヴォ和歌山(4)
鳥取:米子北高校(3) 島根:松江シティFC(初) 岡山:ファジアーノ岡山ネクスト(2)
広島:福山大学(5) 山口:徳山大学(6) 香川:カマタマーレ讃岐(14)
徳島:パナソニックエナジー徳島(5) 愛媛:FC今治(4) 高知:高知大学(17)
福岡:福岡大学(27) 佐賀:佐賀大学(5) 長崎:長崎総合科学大学附属高校(初)
熊本:大津高校(3) 大分:HOYO大分(3) 宮崎:宮崎産業経営大学(3)
鹿児島:ヴォルカ鹿児島(6) 沖縄:FC琉球(6)

チケット料金:

  券種 指定席 自由席
特別席 SS S SA 一般 高校生 小中学生
1回戦 登録チーム     ¥1,500 ¥1,000 ¥800 ¥500 ¥300
前売り     ¥2,000 ¥1,500 ¥1,000 ¥800 ¥500
当日     ¥2,500 ¥2,000 ¥1,500 ¥1,000 ¥800
2回戦 登録チーム   ¥3,000 ¥2,000 ¥1,500 ¥1,000 ¥800 ¥500
前売り   ¥3,500 ¥2,500 ¥2,000 ¥1,500 ¥1,000 ¥800
当日   ¥4,000 ¥3,000 ¥2,500 ¥2,000 ¥1,500 ¥1,000
3回戦 前売り   ¥4,500 ¥3,500 ¥2,500 ¥1,500 ¥1,000 ¥800
当日   ¥5,500 ¥4,500 ¥3,500 ¥2,000 ¥1,500 ¥1,000

※上記金額には消費税が含まれます。
※1、2回戦の登録チーム料金は、前売りのみの販売です。
※前売りで完売の場合は当日券の販売はございません。
※会場によりSS、S、SAの指定席区分を設けない場合がございます(ゾーン指定含む)。
※4回戦以降のチケット発売に関しては、11月に発表予定です。

チケット販売情報:
<チケットぴあ> 
インターネット http://pia.jp/t/emperorscup/(パソコン・モバイル共通)
店頭販売 ぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクス
電話予約 0570-02-9999(24時間受付)
お問い合わせ先 0570-02-9111(10:00~18:00)

<ローソンチケット>
インターネット http://l-tike.com/sports/emperorscup/ (パソコン・モバイル共通)
店頭販売 ローソン及びローソンチケット取り扱いプレイガイド
電話予約 0570-000-732(10:00~20:00) ※スポーツ専用オペレーターダイヤル
お問い合わせ先 0570-000-777(10:00~20:00)

<CNプレイガイド>
インターネット http://www.cnplayguide.com/emp/ (パソコン・モバイル共通)
店頭販売 セブン-イレブン、CNステーション
電話予約 0570-08-9999(10:00~18:00 年中無休 オペレーター受付)
お問い合わせ先 0570-08-9999(10:00~18:00)

<e+(イープラス)>
インターネット http://eplus.jp/emp/ (パソコン・モバイル共通)
店頭販売 ファミリーマート
※毎月第1・第3木曜日 1:25~8:00はメンテナンスのため購入不可

※チケット販売場所によっては、一部取扱いのない試合がありますのでご注意ください。


天皇杯カップツアー

天皇杯優勝チームだけが手にすることのできる『天皇杯』『FAシルバーカップ』を試合会場で展示する「天皇杯カップツアー」が、今大会も全回戦で開催されます。
日本サッカー界の頂点を象徴する『天皇杯』を間近に見ることのできる貴重な機会ですので、是非、試合会場にお越しください。

「天皇杯カップツアー」開催会場

回戦
マッチNo
会場
試合日
キックオフ
対戦カード
【5】 東近江市布引運動公園陸上競技場 2012年9月1日(土) 13:00 SAGAWA SHIGA FC vs 関西学院大学
【30】 松本平広域公園総合球技場 2012年9月8日(土) 15:00 松本山雅FC vs 京都サンガF.C.

※3回戦以降の開催会場は、決まり次第発表いたします。

◆天皇杯
天皇杯

◆FAシルバーカップ
FAシルバーカップ

◆前回大会の「天皇杯カップツアー」の様子
<1回戦>北海道/札幌厚別公園競技場
<1回戦>北海道/札幌厚別公園競技場

<決勝>東京/国立競技場
<決勝>東京/国立競技場

1948年に宮内庁より下賜された天皇杯は当初、東西対抗サッカーの勝者に授与されていたが、1951年の第31回から全日本選手権を「天皇杯全日本選手権大会」と改称、その優勝チーム(慶応BRBが優勝)に授与されることになった。その後、1966年6月27日に宮内庁から新しい天皇杯を再下賜され、第46回大会に優勝した早稲田大学が、新天皇杯を獲得した。


天皇杯オリジナルグッズ

“はにー&どぐー”は、公益財団法人 日本サッカー協会が主催する大会やイベントの盛り上げ・話題づくりをサポートする役割を担う、JFA公認のプロモーションサポートマスコットです。
かつて『炎の日本代表サポーター』として活躍していた“はにー&どぐー”は、90年代後半に全国各地のスタジアムに出没していました。1999年春から13年間の長い眠りの後、今年5月の金環日食で目覚め、第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会の応援マスコット(見習い)として活動を再開することになりました。
今回プロモーショングッズとして制作された「天皇杯オリジナルクリアファイル」は、“はにー&どぐー”をデザインしたA5サイズの仕様となっており、1回戦から3回戦において、チケット販売促進や来場者サービスなど、集客につながる方法で配布されます。
具体的な活用方法は主管協会が決め、それぞれ独自に配布方法を告知します。

□天皇杯オリジナルクリアファイル(A5サイズ)
天皇杯オリジナルクリアファイル


SURUGA  I DREAM  Award

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会の特別協賛であるスルガ銀行株式会社が第89回大会に創設した「SURUGA  I DREAM  Award」。一発勝負のカップ戦である天皇杯の醍醐味といえる「ジャイアントキリング」を起こし、 今大会を盛り上げた「天皇杯を象徴するゴール」を選定し、決勝戦(2013年1月1日)のハーフタイムにピッチ上で表彰します。

※「第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会」における「SURUGA I DREAM Award」受賞ゴールについて
3回戦のアルビレックス新潟戦(2011年11月16日@東北電力ビッグスワンスタジアム)で、Jリーグ勢以外では唯一の4回戦進出を決める決勝点となった、前半5分の松本山雅FCのゴールを「SURUGA I DREAM Award」と決定。表彰式では、このゴールを決めた松本山雅FCの多々良敦斗選手に記念のクリスタルトロフィーが贈呈されました。