JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/09/25

AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝第1戦
柏レイソル(日本) 対 広州恒大(中国) 試合前日公式記者会見

AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝第1戦 柏レイソル(日本) 対 広州恒大(中国) 試合前日公式記者会見

柏レイソル ネルシーニョ監督

明日の準決勝は、両チームとも経験・質が高く、その中で大事なことはピッチ内での集中力だと思います。我々レイソルの選手にはどれだけ自分たちの力を出すか、また自分たちのリズムを早く打ち出せるか、そういう部分を大事に試合に臨んでほしいと思います。自分たちのリズムを出せた時には良いサッカーができていますので、信じて試合に臨んでほしいと思います。

連戦が続いていますが、体調管理のために何か工夫していることはありますか。
特に秘訣というわけでもないですけど、シーズン開始前から全ての大会に勝ち上がって行くイメージをして、スケジュールを組んでいました。この時期、夏場の連戦で我々が2敗しかしていないということを見ても、選手たちのコンディションを見逃さないように、休養が必要な時、食事の進め方、そういうところがうまく管理できたと思います。彼らも連戦と移動の中で過酷なスケジュールですが、技術的にもフィジカル的にもハイレベルなコンディションを維持してくれていると思います。

ACLにおいて、レイソルはアウェイの成績が良いですが、その秘訣や理由にはどういうことがありますか。
試合に臨む前に情報を得るわけですが、対戦チーム、場所、その情報を得て、それを踏まえて考えて実行する、そういうところに尽きると思います。私のところでは戦術を落とし込む。こういう大会はグループステージから始まり、ベスト16、準々決勝と進んできたわけですが、アウェイでどれだけ勝点を積めるかが生き残る大事なファクターですから、レイソルはそこを徹底して、ホーム、アウェイでも準備をして、グラウンド外でも、戦術、コンディションを徹底してやっていることが結果につながっていると思います。

準々決勝を見る限り広州恒大は強いと思いますが、どのような点に気を付けるべきでしょうか。
相手の結果と今までの勝ち上がり方を見る前に、うちの結果、戦績を見る必要があると思います。今年のACLで我々が打ち出してきたパフォーマンス、結果に結び付けたところ、波のない戦いをしてきたというところで、明日も変わらず自信を持っていつもどおりに臨んでほしいと思います。こういう位置まで来ると我々だけはなく、相手にとってもとても難しいゲームだと思います。

大谷選手の欠場の影響と、それを最小限に抑える対処法は。
大谷はピッチ上のリーダーですから、不在を感じるところはあるかもしれません。しかしうちの選手はそれぞれがいつでも出る準備をしています。出た時に力と結果を残して証明してきています。明日のゲームも変わらず、良いゲームにしてくれると思っています。

広州のマルチェロ リッピ監督については、どのような印象でしょうか。また、以前にレイソルが獲得を考えたというエウケソン選手の印象は。
リッピ監督については、経験と質が高く、ワールドカップも経験している非常に優れた監督だと思っています。エウケソンについては、まだ彼がボタフォゴでプレーしていて、彼のキャリアが駆け出しの頃で突出した活躍をしていない時に、こちらに獲得するという話はあったんですが、具体化せずに、彼は中国に行ったという経緯を聞いています。FWとしての彼はフィジカルコンディションも強いですし、タイトなプレーもできます。状況によってはスピードに乗ったプレーでチームの攻撃を引っ張っていける選手だと思っています。

イエローカードをもらっている選手が7人います。それに対しての対処法は。
カードへの対策と言われれば、ポジショニング、できるだけ早い判断と行動で局面を対応することだと思いますが、それは試合をやるにあたり一番のメインになることですから、特にカードについての心配ではないです。とにかく我々はオーガナイズを崩さず、最後まで良いゲームをしたいと思っています。

栗澤僚一選手

明日、大事な試合が控えていますが、準々決勝のアウェイのアルシャバブ戦同様、高い集中力、高いモチベーションで明日の試合に臨めると思います。ACLではずっと、特にこの間のアルシャバブ戦のように、良い守備から良い攻撃が何度かできていたので、そういう良いイメージを持って臨みたいと思います。ホームアンドアウェイで戦いますが、明日の試合は勝つことを目指して、選手全員で戦っていきたいと思います。

連戦が続いていますが、体調管理のために何か工夫していることはありますか。
去年もACLを経験しているので、連戦はシーズンが始まる前から覚悟していました。むしろ連戦に慣れています。体の方は心配ありません。また、フロント、スタッフの人たちのサポートのおかげで最高の状態、ベストの状態で次の試合に臨めると思います。

準々決勝を見る限り広州恒大は強いと思いますが、どのような点に気を付けるべきでしょうか。
監督が言ったように変わらず、良い守備をして、しっかり相手の良いところを抑える。そういう試合ができたからこそ今の位置にいると思うので、明日も良い守備をして良い攻撃につなげたいという気持ちでいます。



AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝第1戦 柏レイソル(日本) 対 広州恒大(中国) 試合前日公式記者会見

マルチェロ・リッピ監督

今回、準決勝に勝ち上がり、こちらで試合ができることをうれしく思います。明日の試合90分と、広州での試合の後に決勝へ進出するチームが決まります。柏はとても実力のあるチームであると思います。クレオも期限付き移籍で柏に在籍しており、柏は縁のあるチームです。明日の試合を迎えることができて、とてもうれしく思います。

柏のことはどれぐらい研究したのでしょうか。注意する選手はいますか。
柏のスターティングメンバーの11人だけでなく、サブを含めた18人全て素晴らしい選手が揃っていることを理解しています。

監督就任から1年が経ちますが、中国サッカーの環境の良い部分と悪い部分を教えてください。
中国のサッカー界は今、発展の時期にあります。中国にはヨーロッパやブラジルから監督が来て指揮を執っています。また、海外から優秀な選手を迎えています。いろいろな国からの環境、サッカー文化が混ざっています。ただ、世界のサッカーのレベルと比較すると、まだ距離があり、これから発展していくべきだと思います.

柏はホームよりもアウェイでの成績が良いが、それをどのように考えていますか。
私はDVDを通じて、今までの柏の試合を見て研究してきました。それで思ったのは、毎回コンディションが良く保たれており、攻撃と守備のバランスが良い。実力があるチームだと感じています。柏はアウェイで良い成績を残しています。ホームでは勝ち切れない試合もありますが、それは偶然の要素もあると思っています。それがどういうことなのか、明日の試合でわかるでしょう。

チョン・ジー選手

準決勝ということで、明日の試合はとても重要だと考えています。両チームとも、柏も我々も実力があるので、明日の試合が楽しみです。昨年、柏とは試合をしましたが、今回はさらに分析を進め、相手のチーム状態を理解しています。明日の試合は自信があります。良い成績を残したいと思います。


テレビ放送予定

柏レイソル 対 広州恒大(中国)
日本テレビ 9月25日(水) 26:29~28:24(録画放送)
※関東地区のみ
日テレプラス 9月25日(水) 9/27(金) 26:00~28:15 (録画放送)
9/29(日) 23:00~25:15 (録画放送)
G+ 9月27日(金) 9/25(水) 18:45~21:00 (生放送)
9/27(金) 11:30~13:45 (録画放送)
10/1(火) 07:00~09:15 (録画放送)
10/3(木) 04:45~07:00 (録画放送)※
※野球中継時、放送時間変更の可能性あり
FCソウル(韓国) 対 エステグラル(イラン)
G+ 9月27日(金) 9:30~11:30