JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/09/26

AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝 第1戦 柏レイソル敗れる

AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝 第1戦 柏レイソル敗れる

AFCチャンピオンズリーグ2013ノックアウトステージ準決勝 第1戦
2013年9月25日(水)19:00キックオフ
日立柏サッカー場(日本/柏)

柏レイソル(日本) 1-4(前半 1-0、後半 0-4)広州恒大(中国)

得点者
10分 ジョルジ ワグネル(柏レイソル)
58分 GUILHERME DA CONCEICAO SILVA(広州恒大)
67分 DARIO LEONARDO CONCA(広州恒大)
82分 DARIO LEONARDO CONCA(広州恒大)
90+1分 GUILHERME DA CONCEICAO SILVA(広州恒大)



AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝 第1戦 柏レイソル敗れる

柏レイソル ネルシーニョ監督コメント

前半はプラン通りでした。守備も崩れずに良い守備からカウンター、そしてサイドのスペースをうまく作ってクロスというようにチャンスを作ることもできました。しかし、後半に相手の動きとスピードが上がってきて、うちも入りは良かったのですが、徐々にリズムとボールを奪われていきました。相手は非常に力があり、そんな決定力があるチームにリードを許してしまった、そういう試合だったと思います。

柏にとって厳しい日程の中での試合とだったが、影響はあったか。
こういう結果の後に言うと全てが言い訳になってしまいますが、韓国も中国もイランも、セミファイナルに残っている3チームはリーグ戦を休んでいる、そういう事実はあると思います。ただ、そういう状況でも我々の選手たちはしっかりと良く走り、プランを遂行しようと最後まで戦ったと思いますし、2点目を奪うチャンスも作り、そういったボリュームも出してくれたと私は思います。

来週の試合に向けて
変わらず最善の準備をして臨もうと思っています。非常に難しいとは思いますが、可能でもあると思っています。今までフットボールの世界で生きてきて、不可能や困難と言われる状況を打開してきた試合やチームを見てきました。その事実を起こすためにもう90分残っている、そう考えて、準備していきたいと思っています。

ここ数年JリーグのチームがACLで勝てない中、今季柏はベスト4に残り、柏から学ぶことがあると思うが、リーグがサポートできることがあるとすれば何か。
我々レイソルもACLという大会で多くのことを学んでいます。最初のACLである去年はベスト16に残り、今年はセミファイナルまで進み、まだ半分のゲームがあり可能性を残しています。来週の水曜日にその大事な一戦がありますが、その前に週末に新潟とのリーグ戦を戦います。リーグ側からすれば色々な事情があるでしょうし、(新潟戦を)どこかの日程に当てはめることは不可能ではないのではないかと思いたいところですが、実際は、連戦を戦いながら、目標である決勝進出に向けて、全力でぶつかっていくしかないということです。

準々決勝は第1戦のホームゲームを引き分けで良いような戦い方をして、結果としてそれが奏功したが、今日は追いつかれてからも勝ちにいく戦いをしたように見えたが、そのあたりはどう判断したのか。
まず、アルシャバブとのホームゲームで、引き分けというのは私は選んでいません。お互いがチャンスを作り、戦った結果の引き分けであり、相手の力も十分それに値するものでした。今日も前半は良い守備から攻撃へ、サイドにボールを展開して追加点の機会も作るという内容のゲームでした。後半は一転してカウンターという内容になりましたが、守備のところでも疲れは見せていないと私は思います。今日は途中からクレオと(田中)順也の守備の役割を変えたことにお気づきかはわかりませんが、守備の時には2人に相手のボランチを消すように指示を与えていました。センターバックを空けさせる形で、彼らにはカウンターの準備をさせていました。攻め急いだとか、そういう戦い方はしていません。



AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝 第1戦 柏レイソル敗れる

広州恒大 マルチェロ・リッピ監督コメント

前半開始直後は不利な状況に置かれていました。柏にフリーキックでゴールを決められましたが、(FKが)正しいジャッジだったのかは気になるところでした。その後、試合が進むにつれて選手たちに自信がでてきたと思います。ムリキのシュートがポストに当たったところあたりから、チームが流れをつかみ、実力を出せるようになってきました。そして後半になり、4点を決めることができたのはチームの実力だと思います。柏レイソルはとても良いチームでしたが、こちらの実力が上回ったと思います。

決勝へのチケットは手に入れたと考えているか。
いいえ、そういう風には考えていません。私は今年64歳になりますが、30年間監督をしてきました。その経験から、次に何が起こるかわからないということは良くわかっています。また、柏レイソルは非常に実力のあるチームで、今回戦ってみてもとても難しかったと感じています。

ロン・ハオ選手はいつもディフェンスで使われているのに今日中盤で起用したのは。
ロン・ハオ選手をそこに配置したのは、今どこのポジションが一番適切かどうか確かめているところで、今日は中盤の位置が適切だと思いそこで起用しました。

ダリオ・コンカ選手はもう少しでこのチームを離れると聞いています。チームに与える影響は?
彼はこの1年半、とても努力をして良い成績を出してきました。また、今は選手の移籍のことを考える時ではなく、ACLを勝ち上がっていくことを考えていくべきです。

前半16番のフアン・ボーウェン選手が怪我をした後システムを変更したが、怪我がなくてもシステムを変更したか。
チームのシステムを変えるということは、チームのその時の状態を見ないと変えられません。怪我があったから変えたということではなく、状況に合わせた結果です。


AFCチャンピオンズリーグ2013

準決勝 vs広州恒大(中国)
第2戦 10月2日(水)広州天河体育中心

大会情報は、こちら!