JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/01/15

第18回全日本ユース(U-15)フットサル大会 最終日/
第3回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会 最終日 大会レポート

画像の説明
(優勝した丸岡ラックレディースと長岡JYFCの選手)

第18回全日本ユース(U-15)フットサル大会(男子)と第3回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会(女子)は最終日の1月14日、三重県伊勢市の三重県営サンアリーナにてそれぞれの準決勝と決勝が行われました。男子は北信越地域第1代表/新潟県の長岡JYFCが、女子は北信越地域代表/福井県の丸岡ラックレディースが優勝しました。



女子の準決勝、丸岡ラックレディースと中津FCポマトの対戦は、前回大会の準決勝と同じ顔合わせとなりました。丸岡ラックレディースは4分に北川夏奈選手の得点で先制すると、後半には吉村佳奈選手、横山夢花選手が追加点をあげます。最後は中津FCポマト小野霞選手に得点を決められたものの、丸岡ラックレディースが終始試合をリードし、3-1で勝利。

画像の説明
(準決勝、丸岡ラックレディースと中津FCポマトの対戦)

もう1試合のFCエフロンテとディアブロッサ高田FCソヒィーゾU-15の対戦は、ディアブロッサ高田FC倉本百香選手が4分に先制すると、第1回大会優勝のFCエフロンテも直後に高島端希選手が得点し同点に。しかし、後半にディアブロッサ高田FC倉本百香選手が再び得点を決め、2-1でディアブロッサ高田FCが勝利。

画像の説明
(準決勝、FCエフロンテとディアブロッサ高田FCソヒィーゾU-15の対戦)

決勝は、丸岡ラックレディースとディアブロッサ高田FCソヒィーゾU-15の対戦。丸岡ラックレディースは試合に登録された12名全員が出場。山本華乃選手、北川夏奈選手、田中悠香選手がそれぞれ得点を決め3-0で勝利。2年連続2回目の優勝を果たしました。ディアブロッサ高田FCは高橋京花選手がチーム最多の4本のシュートを放ち、相手の36本のシュートをわずか3失点に防ぐ守備を見せましたが、惜しくも初優勝を逃しました。

画像の説明
(決勝、ドリブル突破を図るディアブロッサ高田FC 11番高橋京花選手)

画像の説明
(決勝、14本のシュートを放ち1得点を決めた、丸岡ラックレディース9番北川夏奈選手)

男子の準決勝、津ラピドFCと長岡JYFCの対戦は、両チームとも1得点ずつをあげて前半を折り返します。後半は、長岡JYFCが5-2までリードしたものの、開催地代表として多くの声援を受ける津ラピドFCも川浪龍平選手、東将史選手が残り1分を切ったところで再び同点に。しかし、残り11秒で長岡JYFCの高橋響選手が得点を決めると、津ラピドFCの猛反撃も及ばず、6-5で長岡JYFCが決勝進出決定。

画像の説明
(準決勝、同点ゴールを決める津ラピドFC3番川浪龍平選手)

もう1試合のFCユーベルU15 とFCクラッキス松戸の対戦は、キャプテン二瓶良太選手の3得点、藤生凛太郎選手の2得点などにより9-3でFCクラッキス松戸が勝利し、決勝に進みました。

画像の説明
(準決勝、FCユーベルU15 対FCクラッキス松戸戦)

決勝は、長岡JYFCとFCクラッキス松戸の対戦。FCクラッキス松戸はキャプテン二瓶良太選手や三輪拓実選手らが36本のシュートを放つもわずか4得点。長岡JYFCは石田健太郎選手が先制点を含む2得点、高橋響選手が決勝点を含む3得点の活躍。GK飯田裕二選手が相手パワープレーを含めて20本近いシュートを防ぎ、8-4で長岡JYFCが勝利。長岡JYFCは第14回大会以来、4年ぶり2回目の優勝を果たしました。

画像の説明
(決勝、2得点をあげたFCクラッキス松戸10番藤生凛太郎選手)

画像の説明
(決勝、長岡JYFC8番高橋響選手は試合の流れを決定づける3得点の活躍)

なお、フェアプレー賞は長岡JYFCと丸岡ラックレディースが受賞しました。
両大会とも、次回は来年1月に同会場の三重県伊勢市、県営サンアリーナにて行われる予定です。

男子決勝トーナメント試合結果

準決勝 1/14 10:30 キックオフ
【25】 ピッチA 津ラピドFC 5-6 長岡JYFC
【26】 ピッチC FCユーベルU15 3-9 FCクラッキス松戸
決勝 1/14 13:00キックオフ
【27】長岡JYFC 8-4 FCクラッキス松戸

女子決勝トーナメント試合結果

準決勝 1/14 9:30 キックオフ
<10> ピッチA 丸岡ラックレディース 3-1 中津FCポマト
<11> ピッチC FCエフロンテ 1-2 ディアブロッサ高田FCソヒィーゾU-15
決勝 1/14 12:00キックオフ
<12> 丸岡ラックレディース3-0 ディアブロッサ高田FCソヒィーゾU-15

男子最終結果

優勝:長岡JYFC(北信越地域第1代表/新潟県)=4年ぶり2回目=
準優勝:FCクラッキス松戸(関東地域第2代表/千葉県)
第3位:津ラピドFC(開催地代表/三重県)、FCユーベルU15(北海道地域第2代表)
フェアプレー賞:長岡JYFC(北信越地域第1代表/新潟県)

女子最終結果

優勝:丸岡ラックレディース(北信越地域代表/福井県)
準優勝:ディアブロッサ高田FCソヒィーゾU-15(関西地域代表/奈良県)
第3位:中津FCポマト(九州地域代表/大分県)、FCエフロンテ(中国地域代表/岡山県)
フェアプレー賞:丸岡ラックレディース(北信越地域代表/福井県)

大会日程

1月12日(土) 男子1次ラウンド第1日(16試合)
1月13日(日) 男子1次ラウンド第2日(8試合)/女子1次ラウンド(9試合)
1月14日(月・祝) 男子準決勝/男子決勝/女子準決勝/女子決勝