JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/03/16

PUMA CUP 2013 第18回全日本フットサル選手権大会 
決勝トーナメント開幕!準決勝進出チームのコメントが到着

フットサル日本一を決める「PUMA CUP 2013 第18回全日本フットサル選手権大会」決勝トーナメントが本日より開幕し、準々決勝が行われました。
本日は準々決勝が開催され、勝利した4チームは明日の準決勝へと駒を進めます。

画像の説明

準決勝進出チームのコメントが届きました。

エスポラーダ北海道・鈴木裕太郎選手
今日の試合は苦しい時間が長くなると思っていましたが、チームが一つになり声を掛け合ってどうにか勝つことができました。1次ラウンドで多くの点を取って勝ち上がれたことが自分たちの自信となり、今大会でしっかりと自分たちの戦いができているのかなと思います。次の試合は地域リーグのチームですが、ここまで勝ち上がってきている強いチームですので、これまでと変わらずに自分たちのフットサルをして勝利をつかみたいと思います。

湘南ベルマーレ・相根 澄監督
今日の試合は相手にリードを許したとしても、我慢強く戦い点を取ろうと選手に話していました。PK戦ではGKを遠藤から冨田に代えましたが、遠藤が疲れも見えたことと、冨田は体も大きく、PKが得意だということで選びました。また、キッカーは「この試合への気持ちが強い順番に蹴ってこい」と送り出しました。あまり勝ち癖のないチームが、今大会で勝ち続けていることは大きな収穫ですし、明日の試合でも勝利へと向かうメンタリティー、気持ちを強く持って本気で相手にぶつかっていきたいと思います。

フウガすみだ・須賀雄大監督
デリッツィア磐田は普段から練習試合などをしていて、すごく気持ちのいいチームだと知っていましたし、お互いリスペクトしあったフェアな試合となりました。今日は、全員にチャンスがあるということを選手に示すために、様々な選手を起用をして戦いました。彼らが我慢強く相手にプレッシャーを掛けてディフェンスできたことが勝因だと思います。明日対戦する北海道は、明るくひたむきで、僕たちとチームカラーが似ているように感じています。全力でぶつかっていき、そして決勝へと進みたいと思います。

名古屋オーシャンズ・森岡 薫選手
やはり大阪は守備が強く苦戦をしました。今シーズン大阪とは7回目の対戦でしたが、毎試合100パーセントでいかないと何が起こるか分からないですし、一つのミスが敗因となってしまうので、そこだけは気を付けていました。名古屋は今シーズン無敗を続けていますので、無敗のままシーズンを終えることが今大会への大きなモチベーションとなっています。僕たちはリーグ戦後にプレーオフを戦い、コンディション面でのキツさはありますが、今大会の優勝へ向けて最後の一踏ん張りです。湘南はこのPUMA CUPで強さを見せてきているので気を抜かずに戦いたいと思います。

試合結果

エスポラーダ北海道 6-3 デウソン神戸
湘南ベルマーレ 3-3(PK5-4) 府中アスレティックFC
フウガすみだ 3-1 デリッツィア磐田
名古屋オーシャンズ 0-0 シュライカー大阪

なお、試合結果の詳細はスケジュール・試合結果でご覧いただけます。

また、サッカーキングでは詳細レポートを毎日配信しております。以下よりご覧ください。
サッカーキング