JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2014/03/13

PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会
日本一の栄冠に輝くのはどのチームか――。

PUMA CUP 2014

3月7日(金)に開幕した「PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会」は、9日(日)に1次ラウンドの全日程を終え、決勝トーナメント進出の8チームが決定しました。

決勝トーナメントの舞台は国立代々木競技場第一体育館(東京)。準々決勝は14日(金)、準決勝は15日(土)、3位決定戦および決勝は16日(日)に開催します。
前回大会は、地域代表チームからフウガすみだ(東京)とデリッツィア磐田(静岡)が決勝トーナメントに進出。フウガすみだが、決勝でFリーグの名古屋オーシャンズをPK戦まで追い詰めるなど旋風を巻き起こしました。しかし、今大会では大きな波乱は起きず、Fリーグのチームが1次ラウンド各グループの上位を占めました。地域代表チームでは唯一、バルドラール浦安セグンド(千葉/関東2)がワイルドカードにより決勝トーナメントに駒を進めました。その浦安セグンドと準々決勝で相対するのが、前回王者でFリーグ7連覇中の名古屋オーシャンズ。1次ラウンド、名古屋は22得点1失点と圧倒的な強さで3連勝を飾りました。両者の一戦は第3試合、17時にキックオフを迎えます。

PUMA CUP 2014

その他、Fリーグ勢の対戦が続く準々決勝、第1試合ではFリーグ2013/2014シーズン年間2位のバサジィ大分と同3位のバルドラール浦安が顔を合わせます。初タイトルを狙う大分と6年ぶりの本大会優勝を目指す浦安。「高いモチベーションで優勝を勝ち取る」(小曽戸允哉/大分)、「一致団結して頂点を目指す」(小宮山友祐/浦安)とそれぞれ意気込んでおり、熱戦が期待されます。第2試合には、2度の優勝経験を誇るシュライカー大阪が登場。1次ラウンドで浦安を抑えてグループ首位となったペスカドーラ町田と対戦します。Fリーグでも接戦を演じる両チーム、勝利の女神は果たしてどちらにほほ笑むでしょうか。第4試合は、前回大会の準々決勝と同カードとなる、エスポラーダ北海道とデウソン神戸の一戦。前回大会の対戦では北海道に軍配が上がりました。前回の再現となるか、それとも神戸が雪辱を果たすか、勝負の行方から目が離せません。

フットサル日本一の座を懸けた、各チームの熱き戦いにご期待ください。

PUMA CUP 2014

PUMA CUP 2014

JFA TV

決勝トーナメント進出チーム紹介



PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会

決勝トーナメント:3月14日(金)~16日(日)
東京/国立代々木競技場第一体育館

チケット詳細はこちら

大会情報はこちら