JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
マッチフラッグとは

サッカーを楽しむフラッグを古着で作って南アフリカへ想いを届けよう!
南アフリカへ想いを届けよう!

MATCH FLAG PROJECT 2010 SOUTH SFRICA

作るワークショップパレード

マッチフラッグとは一枚の布のうえに、試合で対戦する両国のナショナルカラーを用いて作る旗のことです。
ピッチ上でボールを通じて交流する選手たちのように、布の上で両国のナショナルカラーが交流します。

フェアプレーを尊重するサッカーの精神を尊び、ピッチ上でそれを表現する選手たちにマッチフラッグでエールをおくりましょう。

MATCH FLAG 3つの願い

趣旨

「サッカーを文化に」
「アートとスポーツの融合」
「サッカーは、スタジアムで行われる90分間がすべてではない。その時間を迎えるために人々の心が躍るとき、サッカーの魅力はすでに始まっている。」
「サッカーが強くなるには、日本の文化とともに成長していくことが大切。」
「サッカーは民族の感性を表現するスポーツ。日本がワールドカップで優勝するには、スポーツと文化が融合しなければならない。」

マッチフラッグはどなたでも作ることができます。作った旗を目につくところに掲げてください。
キャンペーン時には、写真投稿フォームを用意し、日本サッカー協会のホームページで紹介します。
また、過去には商店街に掲げたり、スタジアムでバレードを行ったりと、大会を盛り上げるイベントとして、一役を買ってきました。



マッチフラッグコレクション

日時 場所 対象国 カラー
2009.07 種子島 日本・南アフリカ 青赤黄黒緑白
2009.06 ウズベキスタン 日本・ウズベキスタン 赤白青緑
2009.05 大阪・千葉・東京 日本・チリ・ベルギー 赤白青黄
2009.01 熊本 日本・イエメン 赤白黒


プロジェクトリーダーは日比野克彦

日比野克彦   マッチフラッグの発案はアーチスト日比野克彦。

日比野克彦 Hibino Katsuhiko
アーティスト・東京芸術大学教授・日本サッカー協会広報委員
1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学大学院修了。在学中にダンボール作品で注目を浴び、国内外で個展・グループ展を多数開催する他、舞台芸術、パブリックアートなど、多岐にわたる分野で活動中。
近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを数多く行っている。


お問合わせ

(財)日本サッカー協会 03-3830-2004(代表)

  • マッチフラッグとは?
  • ギャラリー
  • 作り方
  • 投稿する
  • MatchFlagコレクション