JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

>FIFA U-17 World Cup UAE 2013

2013.10.17-11.08

ベスト16!

ご声援ありがとうございました。

U-17日本代表全選手大会後コメント

GK 18 林瑞輝選手
ガンバ大阪ユース

-ワールドカップを終えての感想
ベスト16で大会を終えて、もっと良い結果で終わりたかったという気持ちが強いです。個人的には色々な思いが残りましたが、この経験は自分の人生においてとても重要なポイントだったと思います。日本代表で借りを返せるように努力したいです。

-印象に残った試合は?
スウェーデン戦です。ベンチから試合を見ていて、負けが決まった時の自分の無力さだったり、試合に出たかったという悔しい気持ちが大きかったからです。

-成果と課題
この世界大会の雰囲気を味わえたことは今後のサッカー人生においてとてもプラスになることだと思います。課題は、「試合に勝つ」という強い気持ちだと思いました。

-今後に向けて
日本代表になってワールドカップを獲得するために、日々努力を続けていきます。

-応援してくれた方へのメッセージ
U-17ではベスト16で終わってしまいましたが、日本代表でもっともっと良い結果が出せるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。

GK 1 白岡ティモシィ選手
サンフレッチェ広島F.Cユース

-ワールドカップを終えての感想
とても良い経験になりました。17歳で世界の舞台に立たせてもらい、あの雰囲気の中で強豪チームと戦えたのは貴重な経験となりました。またこの様な舞台に立ちたいと思います。

-印象に残った試合は?
スウェーデン戦です。自分のミスで2失点してしまい、チームに迷惑をかけてしまいました。
この経験を活かして次のステップに行けるように努力していきたいです。チームでもっともっと練習して自分を伸ばしていきたいです。

-成果と課題
ハイボールに対しては通用したと思いますが、キックの質、判断力・集中力には課題が残りました。

-今後に向けて
チームに帰って人一倍努力して96JAPANで学んだこと、大橋GKコーチから教わったことを意識しながらトレーニングに取り組んでいきたいと思います。

-応援してくれた方へのメッセージ
応援ありがとうございました。ベスト16という結果に終わりましたが、これからのサッカー人生に活かせるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました。

GK 21 阿部航斗選手
アルビレックス新潟ユース

-ワールドカップを終えての感想
96JAPANのサッカーは充分通用したと思っていますし、このサッカーを貫き「質」を上げていけば上のカテゴリーでファイナリストになれると確信しています。

-印象に残った試合は?
チュニジア戦です。吉武監督がミーティングでずっと言ってきた「回し続けて最後に刺せ。圧倒して僅差で優るパッション」という言葉を具現化できました。

-成果と課題
成果はクロスボールに積極的に出られるようになったことです。課題はフィードの精度とビルドアップのテンポが上がらなかったことです。

-今後に向けて
10年後にまた世界の舞台に立てるように課題を克服していきたいです。もっとチームのために戦える選手になりたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。激励のメッセージをいただき本当に力になりました。

DF 3 宮原和也選手
サンフレッチェ広島F.Cユース

-ワールドカップを終えての感想
このワールドカップを経験できたことは自分にとってすごく大きいです。同じ年代の世界の選手と真剣勝負をしてたくさんのことを学びました。足りないことがたくさんありましたし、もっと上手くなりたいという気持ちが強くなりました。この悔しさを絶対に忘れません。

-印象に残った試合は?
初戦のロシア戦、苦しい中で1-0というスコアで勝てたことは良かったです。めちゃくちゃ苦しかったですが、みんなで声を出して助け合えました。

-成果と課題
ボールポゼッションはできたと思いますが、ちょっとしたミスがあったり、奪われ方が悪かったりと少しの修正が必要でした。もっともっと完璧にしないと1つのミスでやられてしまうことを学びました。

-今後に向けて
世界にはうまい選手・速い選手がたくさんいます。まずは所属チームに帰ってトップチームの試合に早く出られるようにしたいです。高校生だからという甘えはもちろん持たず、自分に厳しく日々のトレーニングを大事にしていきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
応援ありがとございました。とても力になりました。もっと成長した姿を見せられるように努力します。

DF 13 三竿健斗選手
東京ヴェルディユース

-ワールドカップを終えての感想
ファイナリストになるという目標を達成できずとても悔しいです。しかし同じ年代の選手達とワールドカップで真剣勝負できたことはとても嬉しかったです。

-印象に残った試合は?
第3戦のチュニジア戦です。前半終了間際に失点しリードを許しましたが、自分達のパスサッカーで相手を疲労させ、ラスト5分で逆転できたからです。

-成果と課題
個人で勝負するのではなく複数で勝負するという日本のサッカーは世界でも充分通用すると思いました。引いて守る相手に対しての崩し方という面ではまだまだ課題が残ると思いました。

-今後に向けて
スウェーデンに負けたという悔しさを絶対に忘れず、日々世界基準で練習に励み、5年後、10年後にワールドカップでリベンジしたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
スタジアムまで足を運び大きな声で「ニッポン」コールをしてくださったサポーターの皆さん、そのコールに毎回鳥肌が立ち大きな力になりました。また日本から応援してくださった方達のメッセージは大きな力になりました。本当にありがとうございました。

DF 2 石田崚真選手
ジュビロ磐田U-18

-ワールドカップを終えての感想
本当にこのチームで活動できて良かったです。本当はもっとこの仲間と96JAPANのサッカーをしたかったですが、全て出し切ったので悔いはありません。この環境・雰囲気でサッカーをすることができて感謝の気持ちでいっぱいです。

-印象に残った試合は?
ロシア戦です。初めてのワールドカップだったので、初戦に勝つことができてとても嬉しかったです。

-成果と課題
チームとしてボールを保持する時間が試合を重ねる毎に増えていったことは成果だと思います。課題はゴール前で決定機をもっと創ること、そして確実に決める決定力だと思います。試合を通じてもっとミスを無くすことは必要だと思います。

-今後に向けて
チームに戻ったら、このワールドカップで得た自分の課題をしっかりと見直して、もっともっと努力をしたいと思います。そして何年後かには日本代表に入って活躍したいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
多くの方に夜遅くまで応援していただき本当にありがとうございました。 皆さんの声援に応えられるようもっと努力します。

DF 5 茂木力也選手
浦和レッズユース

-ワールドカップを終えての感想
ワールドカップでは、今まで味わったことのない雰囲気と緊張感でとても楽しかったです。試合以外でもチームメイトと楽しく過ごせてとても良い大会でした。

-印象に残った試合は?
ロシア戦が印象的です。初戦ということもあって、少し緊張した中で96JAPANらしいサッカーをして勝てましたし、失点も0でいけました。あの瓜生選手のミドルシュートは後ろから見ていても気持ちの良いものでした。

-成果と課題
自分達がやろうとしていたコンパクトディフェンスはワールドカップで確実に通用していたと思います。個人的にはロングボールの質やセンターバックが攻撃に参加するという部分があまりできなかったので今後の課題になると思います。

-今後に向けて
今回負けたスウェーデンにリベンジするためにも、次の世代の代表に入ることを考えたいと思います。そのためには、毎日が試合前の練習と意識して、ワールドカップのように常にレベルの高いプレーを意識、追求していきたいと思います。

-応援してくれた方へのメッセージ
応援してくれた方にはとても感謝しています。今後も感謝の気持ちを忘れずにプレーしていきたいと思います。

DF 20 坂井大将選手
大分トリニータU-18

-ワールドカップを終えての感想
世界を肌で感じることができ、良い経験ができた大会でした。本当にこの96JAPANでプレーできたことを嬉しく思います。

-印象に残った試合は?
第3戦のチュニジア戦です。残り数分で2点を決めて逆転勝利できたからです。最後まで諦めずに走った結果です。

-成果と課題
成果は世界相手でも自分達のサッカーが通用しましたし、ファウルも少なく90分間を通じて決定機を何度も創れたことです。課題はゴール前でのパスの質とマークを外す動きです。

-今後に向けて
今後はすべてにおいて「質」にこだわっていきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
ベスト16で終わってしまったのは本当に残念ですが、自分達のサッカーを最後までやれたと思っています。皆さんの支えがあったからこそ、ここまで来れたと思っていますので、本当に感謝しています。温かいご声援ありがとうございました。

MF 10 水谷拓磨選手
清水エスパルスユース

-ワールドカップを終えての感想
直前キャンプからここまであっという間でした。
チームはラウンド16で負けてしまい、とても悔しいです。そして何より、体調不良で最後の試合は一緒に戦えなかったのがもっと悔しいです。このワールドカップの舞台に立ててとても幸せでした。

-印象に残った試合は?
第3戦目のチュニジア戦です。後半残り10分でピッチに入りチームのために走り続けました。最後に決勝ゴールをアシストできましたし、とても印象に残るゲームになりました。

-成果と課題
世界を相手にパスサッカーが通用することが分かったことです。完全に主導権を持って攻めている時に不用意にボールを失い、一気にカウンターを仕掛けられ失点するケースを無くさないと世界で勝てないことも分かりました。

-今後に向けて
この悔しさを忘れず次のカテゴリー、そしていつかは日本代表に呼ばれるよう日々のトレーニングを頑張っていきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
ここまで来られたのもスタッフはもちろん応援してくださった方々のお陰です。96JAPANを最後まで応援してくださり、本当にありがとうございました。

MF 7 仲村京雅選手
ジェフユナイテッド市原・千葉U-18

-ワールドカップを終えての感想
この場所に立てたことはすごく嬉しいですし、とても感謝しております。それと同時に悔しい思いでいっぱいです。96JAPANの活動は終わりましたが、今後に繋がっていくと思います。次の世代、そしてまた次の世代と続いて最後は日本代表でも一緒にプレーしてワールドカップで優勝したいです。

-印象に残った試合は?
チュニジア戦です。最後の最後まで諦めずにラスト5分で逆転勝利したのは最高の思い出です。

-成果と課題
ドリブルとスルーパス、視野(見ている所)は戦えると思います。課題はちょっとした相手をずらす動きとボールを取られた後の守備です。またフィニッシュの精度は高めないと戦えないと思いました。

-今後に向けて
チームに戻ってもこの場で経験したことを活かしていきたいと思います。特に「意識」は大事だと思います。常に決勝戦のイメージを持って試合に臨むこと、そして質の高さにこだわって日々のトレーニングに励みたいと思います。

-応援してくれた方へのメッセージ
最後まで96JAPANを応援していただきありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。みんなそれぞれのチームに戻りますが、これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。

MF 15 会津雄生選手
柏レイソルU-18

-ワールドカップを終えての感想
夢の舞台でした。ピッチに立たないとこの感覚は味わえないと思います。スタジアム・サポーター・相手選手・雰囲気、すべてが世界レベルだと感じました。そんな大会に出場できたことを誇りに思います。

-印象に残った試合は?
スウェーデン戦です。最後まで相手の守備を崩せず少ないチャンスを決められてしまったことです。

-成果と課題
成果は主導権を握る96JAPANのスタイルを最後まで貫けたことです。課題は攻守においてのゴール前の質です。

-今後に向けて
一日でも早く対戦した選手達に追い付きたいと思います。そのために日常を変えないといけないと感じています。そしていつかは海外でプレーすることにも挑戦していきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
現地で応援してくれたサポーターの方、日本で応援してくれた皆さんに本当に感謝したいです。ありがとうございました。

MF 16 斎藤翔太選手
浦和レッズユース

-ワールドカップを終えての感想
まずはワールドカップのピッチに立った時は心が震えました。言葉では表現しきれないものがありました。ベスト16でスウェーデンに負けてしまいましたが、この負けを無駄にしないように、そしてこれからの成長に繋げるためにも頑張ります。96JAPANのサッカーが世界に通用したこと、背が低くても戦えたこと、この大舞台に立てたこと、共に闘った96JAPANのスタッフ・選手、96JAPANとして過ごした日々、すべてが僕の誇りです。本当にありがとうございました。

-印象に残った試合は?
第3戦のチュニジアです。自分は出場しませんでしたが、残り5分で2点とり逆転して勝利した時はすごく興奮しました。今まで自分達がやってきた“回し続けて”最後の5分、10分で点を取ることができました。誰も諦めていなかったこと、焦れずに回し続けたことが勝利に繋がったと思います。

-成果と課題
成果は世界を相手でも、背が高い大きなプレーヤーでも96JAPANのサッカーができました。今までの日本はミドルシュートに沈んできましたが、ロシア戦ではミドルシュートを決めて勝てたことです。課題は、ずっと吉武監督から言われてきた「相手を観る」「相談する」ということがまだまだでした。マークを外すこと、ボールの状況に応じたポジショニングも全然だめでした。課題を克服するために、いつも意識してプレーしていきたいです。

-今後に向けて
ベスト16で負けてしましましたが、かけがえのない経験となりました。この経験をこれからのサッカー人生に活かし、努力を続けていきたいと思います。この経験が生きるか死ぬかはすべて自分次第です。96JAPANとしてサッカー面でも生活面でも「やっぱり96はすごいな」と思ってもらえるように、感謝の気持ちを忘れず頑張っていきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
これからも頑張ります。たくさんの応援ありがとうございました。皆さんの応援はとても力になりました。

MF 4 鈴木徳真選手
前橋育英高校

-ワールドカップを終えての感想
この大舞台でプレーできたことがとても嬉しかったです。今の自分の立ち位置がはっきりし、世界と比べてまだまだだと感じました。もっと自分の「個」の部分を磨いて、U-20や日本代表でワールドカップの舞台に立ちたいと思います。

-印象に残った試合は?
初戦のロシア戦です。みんなでヨルダンキャンプでの厳しいトレーニングに耐え、しっかり準備して勝った時はすごく嬉しかったです。初めてのワールドカップでの勝利はとても嬉しいものでした。

-成果と課題
もっと判断のスピードを上げなくてはいけませんし、ミドルシュートの質を上げなければいけないと思います。こういうことが身を持って体験でき、理解できたことは成果だと思います。

-今後に向けて
毎日の練習の質を上げて日々成長していきたいです。そして日本代表に近づいていきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
毎試合応援ありがとうございました。優勝という形で恩返ししたかったですが、それは日本代表になってお返しできたらと思います。本当にありがとうございました。

MF 12 三好康児選手
川崎フロンターレU-18

-ワールドカップを終えての感想
ベスト16で敗退というのはとても悔しいです。自分達ならもっと上に行けたと思いますが、負けたということは何かが足りなかったのだと思います。力を出し切れなかったと強く思います。次の目標に向かってこの経験を生かしていきたいです。

-印象に残った試合は?
スウェーデン戦です。ボールを保持していたもののカウンターから失点し、その後固い守りを崩せなかったので悔いが残ります。

-成果と課題
背が低かったり、長距離が遅いというのはありましたが、日本人の素早さやボールコントロールは通用すると思いました。ゴール前での思い切りや一発で決めるという力は足りなかったと感じています。

-今後に向けて
96JAPANの活動は終わりましたが、これからプロや次のカテゴリーの代表、日本代表と続いていくので、また日の丸のユニホームを着てワールドカップで優勝するために日々のトレーニンから頑張っていきたいと思います。

-応援してくれた方へのメッセージ
サポーターの方々の熱い応援がとても力となり、走り抜くことができました。また次の世代で応援していただけるように頑張りたいと思います。ありがとうございました。

FW 17 瓜生昂勢選手
筑陽学園高校

-ワールドカップを終えての感想
今までこの活動をやってきた中で、試合を重ねる毎に成果が出てきたと思います。みんなが本気で取り組んできて世界の厳しさ、通用する部分なども見えました。このチームは最高でした。これからは皆バラバラになりますが、またいつか一緒にプレーしたいです。

-印象に残った試合は?
ロシア戦です。初戦を勝利で飾れて、チームとして波に乗れたと思います。

-成果と課題
ボール保持率で全試合相手を上回ったこと、そのためにしっかりとパスサッカーをやり遂げたことです。最後のところでどういう風に工夫するかというのが、今後の課題です。もっとミドルシュートとパスの練習が必要です。

-今後に向けて
全員が先を見据えて努力する必要があります。10年後の日本のサッカースタイルを創るという気持ちを忘れず頑張っていきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
本当にありがとございました。これからもっと努力して成長したいです。

FW 8 杉本太郎選手
帝京大可児高校

-ワールドカップを終えての感想
正直悔しい気持ちでいっぱいです。これまでファイナリストを目指して練習を重ねてきましたし、離脱した選手や仲間の分まで頑張って優勝したかったです。ただ96JAPANのサッカースタイルは世界に示せたと思います。このメンバーに入れてもらったことに感謝します。

-印象に残った試合は?
チュニジア戦です。ラスト5分での劇的な勝利は自分達のサッカーの象徴だったと思います。

-成果と課題
どの国を相手にしてもボールを保持して主導権を握ることができました。ゴール前を固める固い守備の相手を崩しきるのが課題です。

-今後に向けて
この経験を忘れないように今まで以上に“日常”を変えてサッカーに取り組んでいきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
たくさんの方の応援が本当に力になりました。優勝という形で恩返ししたかったですが、僕達のサッカーから何かを感じて頂ければとても嬉しいです。本当にありがとうございました。

FW 6 中野雅臣選手
東京ヴェルディユース

-ワールドカップを終えての感想
今回は追加招集で呼ばれて、渉(佐々木)やみんなのために!という気持ちを人一倍持ってプレーしました。ラウンド16で敗退してしまいましたが、ワールドカップのピッチに立つことができてとても幸せでした。

-印象に残った試合は?
チュニジア戦です。サッカーを始めてからセンターバックはプレーしたことがなかったので、とても印象に残りました。そして劇的な勝利を収めたこともあって、とても印象に残っています。

-成果と課題
しっかりとボールを止めるというところとセンターバックの時に思い切ってチャレンジできたことが成果です。シュートの精度を上げる、ヘディングの競り合い、自分のポジションを味方・相手と相談するというところが課題です。

-今後に向けて
成果はこのまま継続していき、課題はもう一度見なおして改善できるよう練習します。練習の時からひとつひとつのプレーでも、どのような意図でプレーしたいのか、そのプレーは世界で通用するのかを考えてやっていきます。

-応援してくれた方へのメッセージ
ワールドカップのピッチに立った喜びと感謝の気持ちを忘れずにこれからもチームで頑張っていきます。現地や日本で応援してくれた方々、本当にありがとうございました。

FW 14 永島悠史選手
京都サンガF.C.U-18

-ワールドカップを終えての感想
目標のファイナリスト、94JAPAN超えができずとても悔しいです。これでこのチームは解散となりましたが、この活動があったから今の自分があると思えるような今後にしていきたいです。

-印象に残った試合は?
スウェーデン戦です。96JAPANの最後の試合になってしまい、自分としてもシュートを決められなかったからです。

-成果と課題
ボールを保持し続けて、90分間を通じて何度も決定機を創れたことです。カウンターの対応さえできれば世界相手に充分戦えると感じています。

-今後に向けて
この経験を忘れず、また世界の舞台に立ちたいと思います。その為に、所属チームでしっかりと練習したいと思います。

-応援してくれた方へのメッセージ
応援してくださった方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。この悔しさを忘れずに頑張ります。最後まで応援してくださりありがとうございました。

FW 11 渡辺凌磨選手
前橋育英高校

-ワールドカップを終えての感想
今大会を振り返って本当にすばらしい経験をさせてもらったなと思います。このベスト16という結果には満足していませんし、もっと上に行けたと思います。本当に悔いの残る大会でした。この悔しさを次に生かしたいです。

-印象に残った試合は?
スウェーデン戦です。出場機会はなかったのですが、ベンチに座って思ったことは、相手はほんの一瞬の隙を狙ってきてそこで2点取ってしまうということ、これが世界だと感じました。

-成果と課題
外国の選手に通用するドリブルの仕方、“タメ”“テンポ”など相手の嫌な動きが分かりました。一番の成果は大会を通じて3点取れたということです。これは大きな自信になりました。課題はチームとしてバランスを崩した陣形になるとその一瞬でやられてしまうので、90分を通じてしっかりとバランスを意識して集中することだと思います。

-今後に向けて
この悔しさを忘れず更にステップアップしていきたいです。最終的には日本代表でワールドカップの舞台に立つという明確な目標ができたので、それに向けて努力を続けたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
UAEまで来てくださり応援していただいた方、どうもありがとうございました。また日本からも応援していただきありがとうございました。結果は出ませんでしたが、やってきたプロセスを忘れず努力して日本代表に入りたいと思います。その時はまた応援よろしくお願いします!

FW 9 小川紘生選手
浦和レッズユース

-ワールドカップを終えての感想
ピッチに立てた喜びが大きかったです。試合中にももっともっとプレーしたいなと思うほど楽しかったです。

-印象に残った試合は?
どの試合も自分達らしいサッカーができたと思います。その中でもロシア戦では世界で戦う厳しさが体感できました。フィジカルも強く、速い。その中でもパスを回して最後には相手の足をつらせるまでできたのは良かったです。

-成果と課題
自分の武器である左足のシュートは世界でも通用すると思いました。残念ながら点を決めることができませんでしたが、この部分は磨いていけばやれると感じました。課題はゴール前で慌てないことです。そこは日頃のトレーニングで改善していきたいです。

-今後に向けて
この世界大会を通して成長できたと思います。貴重な経験ができましたので、それを生かしてプロになってもう一度世界の舞台に立ちたいです。世界との差はそんなにないと感じたので、さらにその差を縮め、追い越すためにも日々のトレーニングからしっかりやっていこうと思います。

-応援してくれた方へのメッセージ
応援ありがとうございました。ベスト16で敗退という悔しい結果になってしまいましたが、結果より得たものが大きいです。これまでやれたのも皆さんの支えがあったからです。感謝の気持ちを忘れずこれからも頑張っていきます。

FW 19 杉森考起選手
名古屋グランパスU18

-ワールドカップを終えての感想
海外の国々と良い環境の中で試合ができたことは、今後の自分のためにとても良い経験になりました。まだまだ自分の力のなさや、レベルの低さを痛感しています。この思いを今後の糧にしていきたいです。

-印象に残った試合は?
全試合ですが、特にロシア戦で勝てたことはチームの自信になりました。

-成果と課題
自分のプレーを出せた所と出せなかった所がありますが、良くないプレーが多くありました。しっかりと反省して練習で克服していきたいです。

-今後に向けて
今大会での悔しさを忘れずまた、日本代表のユニホームを着て世界の国々と戦えるように日々の練習に取り組んでいきたいです。

-応援してくれた方へのメッセージ
96JAPANを応援してくださり、ありがとうございました。