JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS

トピックス

2008/08/10

【豊田国際ユース】U-16日本代表、ルーマニアを下し大会2連覇

【優勝決定戦 2008年8月10日(日) 豊田スタジアム 17:00キックオフ】 
U-16日本代表 7-0(前半3-0) U-16ルーマニア代表

U-16日本vsU-16韓国02

 ルーマニアとの決勝戦は、これまでの先発から3人を代えて臨んだ日本。立ち上がりから日本がほぼルーマニアの陣内でゲームを進めた。FW神田(アントラーズユース)が再三オフサイドにかかり決定機を迎えられなかったが、22分に杉本のパスにタイミングよく飛び出し、ようやく先制ゴールを決めると、続く23分廣木(FC東京ユース)のクロスから高木(ヴェルディユース)が抜群のコントロールから追加点を奪う。34分には再び神田が決めて3-0。
暑さと疲労からパフォーマンスの上がらないルーマニアに反撃の力はなく、後半は日本のゴールラッシュ。神田がさらに2ゴール、杉本、宮市が決めて、終わってみれば7-0と日本が大差でルーマニアを下し大会2連覇を決めた。大会MVPには決勝戦で4ゴールを決めた神田圭介が選ばれた。
なお、U-16日本代表は10月にウズベキスタンで行われるAFC U-16選手権に出場し、来年のFIFAU-17ワールドカップへの出場権獲得をめざします。

U-16日本vsU-16韓国01

池内U-16日本代表監督コメント

「厳しい相手との対戦の中で、出来たこと出来なかったことことが確認でき、10月のAFCU-16選手権に繋がる大会となった。
特に闘志を出して戦うこと、走り続けることの大切さを実感できた大会であった。
10月4日からウズベキスタンで行われるAFCU-16選手権では来年のU-17ワールドカップ(ナイジェリア)の出場権を獲得できるようしっかりと準備をして臨みたい」

総合順位

優勝 U-16日本代表
2位 U-16ルーマニア代表
3位 U-16韓国代表
4位 Uー16アラブ首長国連邦代表
5位 U-16ブラジル代表
6位 U-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜