JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2009/01/26

チーバスUSAに大勝しグループBは大混戦
U-17日本代表 メキシコ遠征 (Copa Chivas)第3戦レポート

コパチーバス2009 グループB 第3戦
2009年1月26(月) Verde Valle 1 16:00キックオフ(35分×2)

U-17日本代表 5 - 0 チーバスUSA(USA)
前半 3 - 0
後半 2 - 0

得点:
3分 13 高木 善朗 
11分 19 宮吉 拓実 
13分 10 宇佐美 貴史 
52分 10 宇佐美 貴史 
59分 12 小島 秀仁

U-17日本代表チームは、昨日の第2戦とは見違えるような立ち上がりからのゴールラッシュで完全にゲームを支配できるかと思われたが、これまでチームが抱えていたいくつかの課題はクリアにされないものも残した。
立ち上がりから積極的な攻撃が得点に結びつき、高木(東京ヴェルディユース)のゴールを皮切りに宮吉(京都サンガF.C.、宇佐美(ガンバ大阪)が続き、前半15分までに3点差をつけた。しかしその後は点差程に相手を圧倒することができなかった。それでも機を見た選手交代でチームを活性化させ、後半に入ってから宇佐美と小島(前橋育英高)のゴールで試合を決めた。
この日本の勝利でグループBは大混戦た。日本は最下位から3位に浮上。残り2試合の結果がグループリグ突破の重要なポイントとなる。

(報告:JFA代表チーム部)

U-17日本代表