JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2010/05/30

AFC女子アジアカップ2010中国 3位決定戦( vs 中国戦)マッチレポート

AFC女子アジアカップ2010中国 3位決定戦 vs中国戦

2010年5月30日(日)16:00キックオフ(現地時間)

なでしこジャパン

FIFA女子ワールドカップ最後の一枚の切符を手にすることができるのは日本か中国。絶対に負けられない戦いが始まった。直前まで降っていた雨が止んで迎えたキックオフ。日本は集中した立ち上がりを見せる。7分、安藤梢が諦めずにボールを競り合ってCKを奪う。宮間あやのCKに合わせたのは山口麻美だ。11分にも鮫島彩がインターセプトしたボールをドリブルでそのままゴールエリア内へ持ち込むなど、チャンスを作る。中国もHAN DUANのターゲットプレーを軸に、攻撃を仕掛けてくる。中国の流れを断ち切ったのは17分、近賀ゆかりのドリブル突破だった。たまらず、中国DFがファウルで近賀の侵入を拒む。FKを蹴るのは宮間。澤穂希のヘッドはクロスバーを叩く。こぼれたところを再び澤が拾ってシュートを放つ。ゴール前は大混戦。そこから安藤がこぼれ球を押し込んだ。先制点は日本がモノにする。度々のミスパスによるピンチもあったが、日本は1-0で前半を折り返す。
 追加点が欲しい日本は49分、右サイドから永里優季のパスから山口がシュートを放つもブロックに合う。その2分後、中国のHUNのパスをSUN LINGに持ち込まれるも、シュートは枠外。さらに、裏のスペースを狙われ、CKを与えてしまうが、日本は落ち着いて対応していく。日本に待望の追加点が生まれたのは62分。宮間のFKを澤がバックヘッドで決めた。2点のリードで余裕が出てきた日本は、疲れの見え始めた安藤の代わりに川澄奈穂美を送り出す。76分には山口からその川澄へとボールが渡るが、シュートは打てず。その1分後には宇津木瑠美から川澄へとつなぎ、最後は山口がシュートを放つも、バーを越えて行く。終盤は中国の猛攻を受け、HUNにシュートを立て続けに狙われるが、必死にクリアを見せる日本。ロスタイムの表示は4分間。終了間際にはCKでヒヤリとさせられる場面もあったが、日本はセットプレーから奪った2点を守り抜き、ついに終了のホイッスルを聞く。この瞬間、日本は6大会連続のFIFA女子ワールドカップの切符を手にした。

なでしこジャパン