JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2010/07/15

FIFA U-20女子ワールドカップドイツ2010
グループステージ第1戦(vsメキシコ)監督・選手コメント

佐々木監督
佐々木監督
メキシコのU-20代表は本当に強いという覚悟で戦ったが、思った以上に攻撃、技術がしっかりとしていた。日本は同点に追いつくのがやっとだった。この反省を次の試合につなげていきたいと思います。
HTは、1点を取ってあっという間に3点を取られてしまったので、私が得点数を勘違いしてしまいまして、ずっと「1点差だから、1点差だから」と連呼していたら選手に「2点差です」と言われてしまいました(笑)。それ位リラックスはしていました。とにかく1点ずつ取りに行けということだけ伝えました。今日の試合は本当に反省の部分が多かったが、ドローにした選手たちはがんばったと思います。次は個の質、身体能力の高い選手が多いナイジェリアなので、今日の反省したプレーが次に向けて一番重要になってくると思います。

岩渕選手
岩渕選手
変な形で失点した中で、引き分けで終われたのは本当によかったです。DFはDFの課題もあるし、攻撃は攻撃の課題もまだあるんで・・・。自分は仕掛けることが仕事だと思うので、自分が仕掛けてそれが結果につながったのは本当によかったです。特に後半はチャンスメイクをするように自分で変化をつけたつもりはないんですけど、(中島)えみとは本当にやりやすくて、パスも出てくるし、パスも出せるので自然とそんな形になりました。だから本当にそのラインで点取りたかったんで、それが叶えられなかったのは残念です。同点ゴールは残り時間も少なかったし、そこでいい形でもらえたので、とりあえず振ったら入りました。残念ですけど、最低引き分けられたので、それはよかったです。

熊谷選手
熊谷選手
悔しいです。DFとしては、3失点してしまったのは大きい。でも、攻撃陣が3点取ってくれたので、前を向かなければいけないし、ここから次に繋げていかなきゃいけない。明日からもっと良くしていく方向にしていかなきゃいけないと思います。
ハーフタイムでは、監督は「まだ、ここからだよ」という励ましの言葉をくれた。全然いけると思って後半に臨みました。実際、後半はいい入りができた。FW陣が頑張ってくれて、ありがたかった。悔しいですけど、後ろを向くような結果ではないからここから前を向いていきたいと思います。

中島選手
中島選手
最終的には同点でしたけど、チャンスはあったので決められるところは決めないと、こういう試合になってしまうので・・・。次はしっかりと決めて勝ちたいです。2点目のオウンゴールは、CKから点を取ることを考えていたので入ってよかったです。いつもある程度、(熊谷)紗希やめぐ(高瀬)を狙ってボールを入れていました。自分も1-1とかチャンスはあったんですけど(苦笑)。次はどんどんシュートを狙って、決めて勝ちたいです。

高瀬選手
高瀬選手
1点目はゴール前で加戸ちゃんが体を張ってくれていたので、あとはゴールにいれるだけでした。フリーでボールも見えていたし、大事にインサイドで浮かないように押さえて蹴りました。点を取ってからは自分たちのペースでやれると思ったけど、攻め込まれるシーンもあって、向こうのペースになってポンポンポンとやられてしまった。監督からは自分たちのサッカーをすることを言われていました。ピッチの上でやるのは自分たちなので。最後に出たオーバーヘッドは周りにも味方の選手がいましたが、自分のまわりにスペースがあったので、自然に動いていました。次は最後のところを決めきりたいと思います。