JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2010/11/11

U-21日本代表 第16回アジア競技大会2010広州
グループステージ第2戦(vsマレーシア)試合結果 監督、選手コメント

第16回アジア競技大会2010広州 グループステージ第2戦(vsマレーシア)試合結果

11月10日(水)16:00KO @Huadu Stadium

日本代表 2(前半1-0)0 マレーシア代表

得点経過
26分 永井 謙佑
64分 山口 螢

アジア大会 U-21日本代表

メンバー
GK
安藤 駿介(川崎フロンターレ)

DF
實藤 友紀(高知大学)
薗田 淳(川崎フロンターレ)
比嘉 祐介(流通経済大学)
鈴木 大輔(アルビレックス新潟)

MF
山崎 亮平(ジュビロ磐田)→86分  黒木 聖仁(セレッソ大阪)
山村 和也(流通経済大学)(Cap.)
水沼 宏太(栃木SC) →78分  大塚 翔平(ガンバ大阪)
東 慶悟(大分トリニータ)
山口 螢(セレッソ大阪)

FW
永井 謙佑(福岡大学) →78分  工藤 壮人(柏レイソル)

試合後コメント

関塚隆 監督
アジア大会 U-21日本代表 関塚監督
グループリーグ1勝同士で、勝ち上がるために大事な試合だった。マレーシアのスピードある攻撃を抑えて、しっかりとした攻撃を仕掛けようと選手に話していた。引いた中で強力なカウンターを仕掛けるというストロングポイントをケアしながら、パスをつないであげた2点目の形が後半にできたのは良かった。
まだスタートしたばかり。パススピードなど課題が多い。また次の試合はゼロからのスタート。日本らしい戦いをしたい。
国際ゲームを勝つことは難しい。勝つことで自信をつけていってほしい。選手たちはもっと力を持っている。試合を重ねるごとに、さらに良くなるチームだと信じている。

山口螢 選手
アジア大会 U-21日本代表 山口蛍
中国戦は守備的にプレーしていたので、今日は積極的に前線に入っていって得点しようと思っていた。結果、2点目を決められて良かった。勝ちに対する気持ちが出たことで、2連勝できた。みんなで気持ちを引き締めて、グループリーグで3連勝して1位で通過したい。そしてもっと成長して、優勝を目指したい。

山村和也 選手
アジア大会 U-21日本代表 山村和也
次の試合もしっかり戦って全勝でグループリーグを突破したい。今日の試合はプレスがあまくなり、その分ペースをつかむのが遅くなった。1点目を取ってリズムができるようになった。コンスタントにチーム全体として力を発揮できるようになりたい。

永井謙佑 選手
アジア大会 U-21日本代表 永井謙佑
相手が引いてくるとは予想していた。先制点を取ってペースを握った。しっかりとゴールにつながるプレーができていたが、2、3のチャンスを外してしまったので決めれるようになりたい。キルギス戦もしっかりと勝ち点3を奪って、最高の形でグループリーグを通過したい。

薗田淳 選手
アジア大会 U-21日本代表 薗田淳
相手が引いていて、なかなかゴールを奪えなかった。ボールを回しているだけで、スピードアップできず、チャンスを作れなかった。相手のカウンターだけは細心の注意を払っていた。キルギスにも勝って決勝トーナメントに弾みをつけたい。


スケジュール

11月13日(土)19:00(現地時間) vs キルギス代表