JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2011/04/13

U-22日本代表候補トレーニングキャンプ
トレーニングマッチ( vs. 全日本大学選抜、vsヴィッセル神戸)
試合結果、監督・選手コメント

トレーニングマッチ U-22日本代表 vs. 全日本大学選抜 試合結果

U-22日本代表 2 - 0 (前半0 - 0) 全日本大学選抜

得点経過
後半9分 實藤 友紀
後半43分 永井 龍

U-22日本代表 vs. 全日本大学選抜

U-22日本代表 vs. 全日本大学選抜

【スターティングメンバー】
GK
18 安藤駿介(川崎フロンターレ)

DF
22 岡本拓也(浦和レッズ)
12 濱田水輝(浦和レッズ)
3 扇原貴宏(セレッソ大阪)
5 比嘉祐介(流通経済大学)

MF
14 山本康裕(ジュビロ磐田)
26 米本拓司(FC東京)
17 清武弘嗣(セレッソ大阪)
24 原口元気(浦和レッズ)
19 宇佐美貴史(ガンバ大阪)

FW
13 大津祐樹(柏レイソル)

【後半メンバー】
GK
1 権田修一(FC東京)

DF
25 吉田豊(ヴァンフォーレ甲府)
4 本田慎之介(ジュビロ磐田)
2 實藤友紀(川崎フロンターレ)
23 酒井高徳(アルビレックス新潟)

MF
15 東慶悟(大宮アルディージャ)
16 山口螢(セレッソ大阪)
11 水沼宏太(栃木SC)
7 山崎亮平(ジュビロ磐田)
10 山田直輝(浦和レッズ)

FW
9 永井 龍(セレッソ大阪)



トレーニングマッチ U-22日本代表 vs. ヴィッセル神戸 試合結果

U-22日本代表  0 - 2 (前半0 - 1) ヴィッセル神戸

【スターティングメンバー】
GK
1 権田修一(FC東京)

DF
22 岡本拓也(浦和レッズ)
12 濱田水輝(浦和レッズ)
3 扇原貴宏(セレッソ大阪)
23 酒井高徳(アルビレックス新潟)

MF
15 東慶悟(大宮アルディージャ)
26 米本拓司(FC東京)
17 清武弘嗣(セレッソ大阪)
24 原口元気(浦和レッズ)
19 宇佐美貴史(ガンバ大阪)

FW
9 永井 龍(セレッソ大阪)

【後半メンバー】
GK
20 大久保択生(ジェフユナイテッド千葉)

DF
25 吉田豊(ヴァンフォーレ甲府)
4 本田慎之介(ジュビロ磐田)
2 實藤友紀(川崎フロンターレ)
5 比嘉祐介(流通経済大学)

MF
14 山本康裕(ジュビロ磐田)
16 山口螢(セレッソ大阪)→81分 中里崇宏(流通経済大学)
11 水沼宏太(栃木SC)→76分 谷口彰悟(筑波大学)
13 大津祐樹(柏レイソル)
10 山田直輝(浦和レッズ)

FW
29 富山貴光(早稲田大学)



監督・選手コメント


関塚 隆監督
関塚 隆監督
全体的に戦術は浸透していると(試合に)出場した選手たちから感じられた。2試合とも良い場面はあったが、ちょっとしたことでリズムを取られてしまう。課題はしっかりとした守備からチャンスを確実に点に結びつけること。(シュートの)意識を高めないと得点にはつながらない。
全日本大学選抜と今後も交流し、この年代の強化を情報を共有しながら進めていきたい。

大津 祐樹選手
大津 祐樹選手
普段とは違うポジションでプレーしたが、良い経験となった。
得点はできなかったが、動けていたと思う。複数のポジションができれば、アピールポイントとなる。得意のドリブルを生かして、今後は所属チームで結果を出して生き残っていきたい。

米本 拓司選手
米本 拓司選手
個人的には強引にプレーして、ボールも奪えたので良いイメージだった。ただチームとして得点が少なかった。そこにこだわりたい。
今回のキャンプで選手だけのミーティングもした。ポジションごとに分かれ、最後は全体でそれぞれ考えたことを話した。
予選の相手クウェートはカウンターが速い。点を先に取られると厳しい。良い選手が(U-22日本代表に)揃っているので先に得点を取り、試合を優位に進めたい。

永井 龍選手
永井 龍選手
あのようなゴールだったけど、1番好きなタイプのゴール。
45分間の中でどんな形でも良いから得点したかった。そう思っていて取れたので100点ではないけど、あれば自分のスタイル。今後はチャンスで点を取って、チームの勝利に貢献したいと思っている。

権田 修一選手
権田 修一選手
2試合とも共通して、もっと点が取れたという内容だった。練習からシュートがあまり入っていない。積極的に打てば決める能力のある選手はいる。崩す形にこだわりすぎず、得点にどん欲にならないといけない。クウェートのピッチではうまくパスをつなげないので、崩し切らなくてもシュートを打つ意識が必要。