JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2011/06/16

FIFA U-17ワールドカップ メキシコ2011 直前キャンプチームレポート
6月14日(火) アカプルコキャンプ2日目

本日は、午前9時から1時間のトレーニングを行いました。
自主トレも行われ、各自の課題に取り組んでいました。

画像の説明

画像の説明
昨晩からの雨により、立っているだけで汗ばむ湿度です。

画像の説明
自主トレで汗を流す川口尚紀選手(アルビレックス新潟ユース)

画像の説明
アカプルコからメキシコシティを経由しモンテレイへ
アカプルコ空港での1コマ

画像の説明

画像の説明
いよいよ決戦の地、モンテレイへ

画像の説明
モンテレイ空港では多くの報道陣が迎えてくれました。

画像の説明
ホテル到着後はFIFAによる歓迎の挨拶の後、
パスポートチェックやユニホームの
確認等が行われました。

画像の説明
その後、レフェリーによるルール講習が行われました。

明日から3日間初戦のジャマイカ戦に向けての調整を行います。

中島翔哉選手(東京ヴェルディユース)のコメント
画像の説明
(中央:中島選手)

―いよいよ初戦のベニューに到着ですね。今の心境を?
やっとワールドカップの雰囲気を感じる事が出来て、今までとは違う緊張感を持っています。世界の強豪国との対戦が楽しみです。

―チームメイトからは、テクニックで一目置かれていますが、どの様な場面で活かしていきたいですか?
ゴール前の得点に絡む場面で活かしていきたいです。細かいステップワークとドリブルを見て欲しいです。

―“激戦区”のFWの一角でワールドカップに参加する思いを聞かせてください。
先ずは試合に出場し、日本を勝利に導くゴールを決めたいです。得意のドリブルで相手に怖がられる存在になりたいです。

―東京で応援してくれる方に一言
感謝の気持ちを忘れず、自分の持っているものを全て出せるに頑張ります。

野沢英之選手(FC東京U-18)のコメント
画像の説明
―野沢選手にとってアルゼンチン戦(第3戦)に懸ける思いは強いですよね?
昨年の豊田国際ユースサッカーで、自分がPKを外し負けているので、勝ちたいという気持ちは他の選手より強いと思います。是非、リベンジして決勝トーナメントに進出したいです。

―吉武監督からは「地味だけど考えながらプレーできる選手」と評価を受けています。
どの様なことに気を使ってプレーしていますか?
ポジショニングとパスを出した後の動きを常に意識しています。常に冷静にチームの状況を把握し、今チームにとって何が有益なのかを考えています。

―チームにおける役割を教えてください。
相手の中間ポジションに入り、パスを多く回してリズムを作ることです。パスが多く回ると吉武監督が目指す“共鳴”するサッカーができるからです。

―FIFA主催のワールドカップに出場です。アライバルミーティング後の感想を教えてください。
初めての経験で、ワールドカップの凄さを感じています。気持ちを本番モードに切り替えて、試合で緊張しないようにしていきたいです。

―東京・埼玉で応援してくれる方に一言
自分の力をすべて発揮し、優勝目指して頑張ります。
応援よろしくお願いします。