JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2011/07/18

なでしこ、PK戦を制してワールドカップ優勝!
FIFA女子ワールドカップドイツ2011 決勝(vsアメリカ)マッチレポート

 なでしこジャパンが世界一に!
日本女子代表チームは、ドイツ・フランクフルトで行われたワールドカップ決勝でアメリカと対戦し、延長2-2からPK戦を3-1で制して優勝。ワールドカップ出場6大会目で初の世界タイトルを手にした。
画像の説明

 日本はアメリカに2度リードを許したが、81分にMF宮間あや、延長117分にMF澤穂希がそれぞれ同点弾を決めて追いつき、PK戦ではGK海堀が相手のキック2本を止めるファインセーブを見せて、日本の勝利に貢献した。
 主将の澤は今大会のMVPと得点王(5得点)に輝き、海堀が試合のMVPに選ばれ、チームがフェアプレー賞を受けた。
画像の説明

 立ち上がりから3度目の優勝を狙うアメリカの猛攻を受け、MFラピート、FWシェニ―、FWワンバックらのシュートを浴びる。
 だが、次第に落ち着きを取り戻し、前半20分過ぎからチャンスやを作りはじめ、同30分にはMF大野のスルーパスに反応したFW安藤がシュートを打つ。前半ロスタイムにはMF大野がペナルティボックスの外から狙うが、ボールはバーを超えた。
画像の説明

 後半もアメリカに攻め込まれ、開始4分には途中出場のFWモーガンがペナルティエリア内に切り込んで近い距離からシュートを打たれたが、ポストにあたったボールをMF澤がゴール前に駆け込んでクリア。さらに64分には、MFオライリーのクロスにワンバックが頭で合わせて日本ゴールを脅かしたが、海堀が右手一本でこれをセービングし、ゴールを守った。

 粘り強く守備を続ける日本は、61分、FW永里とFW丸山の2人を投入して、流れを引き寄せようとするが、直後の69分に失点する。相手ゴール前へ攻め込んだ永里からボールを奪うと、アメリカは長いパスを前線へ送り、これを拾ったモーガンがペナルティボックスに走り込み、日本のゴール右隅に先制点を叩きこんだ。

 しかし日本は我慢強くプレーを続け、81分にゴール前で相手DFのクリアボールに反応したMF宮間がボールを奪い、左足アウトで同点弾を叩きこんだ。
画像の説明

そのまま両チーム追加点がなく延長に入り、アメリカはFWワンバックとFWモーガンを中心に日本ゴールに迫り、延長前半104分には左サイドを破ったモーガンの折り返しに、ゴール前でワンバックが合わせて再び均衡を破った。

 しかし日本は延長後半、宮間の左CKに澤がニアで合わせて追いついた。
その後、延長戦終了直前にDF岩清水が相手の選手を得点機にファウルで止めたとして一発退場になるが、日本は最後までそれ以上の追加点は与えず、試合はPK戦にもつれ込んだ。
画像の説明

アメリカは1番手のMFボックスと3番手のMFヒースのキックをGK海堀が止め、2番手のMFロイドの試みはバーの上に外した。一方の日本は、2番手永里のキックが止められたものの、宮間、阪口、熊谷が決めて勝利を手にした。
画像の説明

 「本当に粘り強く、よくやってくれた」と佐々木則夫監督は選手の奮闘を称えた。
「アメリカはポゼッションをしながらプレーして、攻撃の迫力もすばらしかった。なかなか自分たちのプレーできなかったが、我々の選手たちも、ドイツ戦の時のように粘り強くプレーした。最後の最後はみんなの粘りで勝ちとったタイトルだった。選手にも、応援してくださった日本の皆さんにも、ありがとうと言いたい」と話した。
 アメリカのスンダーゲ監督は、「残念。チャンスもあったしゴールも決めた。でも勝利に十分なゴールを決められなかった。前半終了時にもPK戦に入る前にも、いい感触があったのに。日本は以前より危険な相手になっていて、ボールを持たせると自在にプレーしていた。それは女子サッカーにはいいこと。うちの選手はよくやってくれた」とコメントした。